下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

カテゴリー  [障害・福祉・医療 ]

マグネシウムと薄毛(はげ)との関係について 

脳内のマグネシウムイオンが長期的な記憶に重要な役割を果たしていることが判明したらしい。
東京都医学総合研究所がショウジョウバエを使った実験で解明したとのことだ。

昔から記憶力に自信も実績もない私には、まさに朗報だ。
アルツハイマー病の治療への活用も期待されているそうだ。

色々調べてみると、
マグネシウムが糖尿病(2型)やうつ病の改善に効果があるという研究成果もあるらしい。
また、マグネシウムの不足が骨粗鬆症、神経疾患、精神疾患、不整脈、心疾患、筋肉収縮異常などを招くことから、マグネシウムにはこれらの病気を予防する効果もあるのでしょう。

近々そこそこ難しい国家試験を受けることもあり、
記憶力増強のために早速サプリメントを買ってきたところですが、
気になるのは、マグネシウム摂取の欠点や注意点。

ネットで調べてみてすぐに分かったのは次の2点。

・腎機能低下時には高マグネシウム血症を起こす。
・過剰に取ると下痢症状を起こす。

2番目の「下痢症状を起こす」についてですが、
マグネシウムには便を柔らかくする効果があり、刺激性でない下剤としてよく使われているようです。
そういう意味では、便秘気味の人には丁度いいのかもしれませんが、
普段から下痢気味の人は要注意でしょう。

また、上記の2点以外にも、
カルシウムとのバランスという問題もあるようです。

どういう理屈かはよくわかりませんが、
カルシウムの2分の1から3分の1ぐらいの量のマグネシウムを摂取するのが理想的なのだそうです。

マグネシウムをアーモンド等の食品やサプリメントで補充しようとする場合は、
よく調べてから実行したほうが良さそうです。


ところで、マグネシウムで忘れてはならないのは男性ホルモンへの影響。

というのは、
男性ホルモンは、マグネシウムや亜鉛と密接な関係があり、
それらが不足すると男性ホルモンが体内で十分に合成されないからです。

つまり裏を返せば、マグネシウムを沢山摂取すると、
生成される男性ホルモンの量が増える方向に働くことになるからです。

で、男性ホルモン、すなわちテストステロンが増えることによって
薄毛化が進んでしまう、と。



しかし、色々と調べていくうちに自分が大きな誤解をしていたことに気付きました。
男性ホルモン(以下「テストステロン」と言い換えます。)の増加は必ずしもハゲを促進しないのです。

ハゲにするのはテストステロンではなく、
テストステロンから5αリダクターゼという物質によって転換された(代謝された)
「ジヒドロテストステロン(DHT)」なのです。
つまり悪玉はジヒドロテストステロンなのであって、テストステロンのままであれば薄毛化という悪さをしないのです。


さて、5αリダクターゼの働きが変わらないと仮定するならば、
テストステロンの量が多ければ、当然転換されて生成されるジヒドロテストステロンの量も多くなり、薄毛化は促進されることになるのでしょうか。

そう考えるのが自然かとは思いますが、
テストステロンの不足がジヒドロテストステロンの生成をかえって促進するという仮説もあるようであり、なんとも分かりません。


いずれにしても、ジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼの活動を抑えるような工夫をすれば、ハゲは止められるということです。

例えば、亜鉛は5αリダクターゼの働きを阻害する効果があると言われています(ただし、ビタミンB6と一緒に摂取する必要があるようです)。
そして、5αリダクターゼの働きを阻害した結果、ジヒドロテストステロンに転換される量が減り、テストステロンの量は増えるのです。


5αリダクターゼを抑制するものとしては、亜鉛以外にもノコギリヤシ、ミノキシジル、ソーパルメット、フィナステロイドなどがあるようですが、5αリダクターゼにも型があるので、何がベストかはその人よると思われます。

特にノコギリヤシは有名ですよね。


さて、色々書いてしまいましたが、
病気を抱えている方や血液、尿等の検査値に異常がある方は、
念のため、マグネシウムや亜鉛の摂取について医師に相談するようにしてください。
体の状態によってはマイナスに働く場合もあると思われますので。


では。

胃が苦しい…。 

胃が痛い。
キューっと重苦しい感じだ。

明日、なんとか病院に行こうと思う。
でも、胃の内視鏡検査って、初診の日にすぐやってくれるものでもなさそう。
すぐやってほしい…。

前立腺炎もちっともよくならないし、髪も一層薄くなりつつある。
メンタル面もめためた。パニック障害に近い症状がまだとれない。

30代後半に、
こんなにいっぺんに異変が襲ってくるとは、一体どうしたことか。

きっと何かの曲がり角なのだろう…。


きちんと体がメッセージを発してくれてること自体は有難い。
そういう意味では、私は健康なのかもしれない。

さて、もう寝るとします…。

パニック障害の処方箋を求めて 


心随万境転  …… 心は万境に随って転ず

転処実能幽  …… 転ずる処(ところ)実に能(よ)く幽なり

随流認得性  …… 流れに随って性(しょう)を認得すれば

無喜亦無憂  …… 喜びもなくまた憂いもなし



森田療法の創始者として知られる森田正馬の名言とされることもありますが、それは誤解です。

これは禅宗の第22祖にあたる摩拏羅(まぬら)尊者の言葉であって、森田療法の真髄を表す禅語として森田先生が時々引用したというわけです。

ちなみに達磨大師は第28 祖です。


2行目に「幽なり」とありますが、「幽」の意味は分かりにくいかもしれません。手元の古い漢和辞典で調べると、「幽」には、

①かすか、ほのか、ほんのり、はっきりしない
②奥深い
③奥深くてもの静か
④かくれる、ひそむ
⑤暗い、幽暗
⑥めいど、あの世、死後の世界
⑦陰気な形容
⑧とらえる、つかまえる

といった意味があるようです。何か微妙で奥深いというイメージですね。

よく考えたら「幽霊」という言葉にも使われています。

あとは「幽玄」とか「幽閉」かな。



冒頭の言葉の中では、精緻、微妙、細やか、滑らかといった意味で用いられていると思います。

要するに、「心」というものは、状況や環境の変化に従って精緻巧妙かつ自由闊達にその姿を変えていくということです。

「かくあるべし」という思いにとらわれ過ぎて心の自由な動きを制限することは、不毛な努力であり、ひいては神経症やパニック障害などの病気を発症させることにもなると思う。

高速運転がまだまだ十分にできない、パニック障害患者もどきの私ですが、

先日は、スパイラル的に不安感情が高まりそうになるのを「見つめる」ことによって止めることができました。

症状の本態を逃げずに真正面から見つめることによって、スパイラルが弱まったのです。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」といったところなんでしょうが、まだ正体は見極めてはいません。


でも、パニック障害で苦しむ人にとっては、一筋の光明となる発見だとは思っています。

是非、参考にしていただきたく思います。




なお …

パニック障害とネットのやり過ぎって、少なからず関係があると思う今日この頃です。

直接的な現実感と間接的な現実感がごっちゃになってしまうことが良くないような…。

この辺は、また日を改めて書きたいと思います。


では。