下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

カテゴリー  [芸能・お笑い・アイドル ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュートリアル福田への応援メッセージ。 

日テレの「しゃべくり007」といえば、ネプチューンの名倉潤、原田泰造、堀内健、くりぃむしちゅーの上田晋也、有田哲平、(以上、アラフォー5人)、そして、チュートリアルの徳井義実、福田充徳、(二人とも34歳)の7人がまさにしゃべくる番組だ。

この番組を見ていると、20年ほど前に人気を博したアイドルグループ、CHA-CHA(チャチャ)を思い出す。
チャチャには、今も活躍している勝俣州和や、松原桃太郎、堀部圭亮、そして、元アイドルの西村知美と結婚して引退後にレストラン経営などしていた西尾拓美がいた。

何故、思い出すかというと、しゃべくりの福田とチャチャの西尾拓美が重なるからだ。もっと言うなら、スマップの稲垣吾郎とも重なる。

共通点は、100%のアドリブは苦手で向いてないが、非アドリブ的な(台本に沿った)流れの中でその独特の個性がキラリと光るという点だ。

はっきりいって、福田はしゃべくりで浮いている。
これは福田が悪いのではなく、福田を生かしきれていない周りが悪い。

チャチャと欽ちゃんの番組での西尾もそうだったのだが、アドリブが得意でない人は、こういう番組に出演することはまさに針のむしろである。

当時、あまりにも西尾を見ていられなくて、私は番組及び欽ちゃん宛てに手紙を書いた。
あまり覚えていないが、アドリブ至上主義みたいなやり方を変えて西尾をもっと生かせ、などと書いたと思う。

その後、すぐではなかったが、番組の内容がアドリブ偏重ではなくなり、やや台本的な構成に変わっていった。
西尾は元々才能があったのであろう。台本的な流れの中で生き生きとその個性を輝かせ、番組は一層面白いものとなった。(と、私は感じた。)

欽ちゃんが私の手紙を読んでくれたかどうかは分かりませんが、少なくとも番組関係者の誰かしらが同じ思いを共有してくれていたのでしょう。こんな大それたことをしたのはこれが初めてであったが、西尾の苦悩がいくらかでも軽減されたと思い、私としてはホッとしたものである。

で、話は福田に戻りますが、
彼の素晴らしさは、あのアドリブ偏重の流れの中では全く生かされない。
漫才のような台本的な作品の中でこそ彼は輝くはずだ。

ロンドンブーツ1号2号の田村亮も、その才能を殺されているように感じるが、彼もかなりきついはず。
田村亮の生かし方を周りは全く理解できていない。

まあ、今はとりあえず、福田に焦点を絞ろう。
番組制作者は、福田を見殺しにしているのであり、大して面白くもない名倉と堀健の絡みや徳井のアドリブに頼りすぎなのだ。番組制作者も見る目無しだが、司会者の上田晋也もボンクラである。上田が福田を殺しているといっても過言ではないくらいだ。

徳井との漫才での福田のあの表情は、かつて誰もなしえなかったほどの最高のものだ。
有田や名倉や堀健などその足元にも及ばない。

もう、手紙を出すようなパワーは私にはない。
が、番組関係者の皆さん。
もし、このブログ記事を目にすることがあったら、番組制作者や上田に伝えて欲しい。
こんな意見があった、とね。

SMAPの稲垣も一時期は苦しんでいたようですが、
幸いにも自分の立ち位置を見つけて、上手くやってるようです。
よかったです…。



ちなみに、
スマップの草剛は、チャチャの元メンバーだったそうです。
デビュー直前に欽ちゃんから脱退を勧められたらしいです。

キムタクこと木村拓哉もチャチャのメンバーだったとか。
自分から辞めたそうですが。


福田、頑張れ。
俺は応援しているぞ。
お前は面白い!

他の6人のアドリブなんてさっぱり面白くないわ。
一回も腹の底から笑ったことないわ。

お前が面白くしてくれ。
福田。

お前が一番面白い。
自信を持て、福田。
俺が保証してやる。

くじけるな。
お前しさを貫き通せ!

スポンサーサイト

小室哲哉氏の心 

前回の記事「小室哲哉氏から元妻・吉田麻美さんへの慰謝料・養育費の異常さ。」に引き続き、小室哲哉さんの詐欺事件について少し書いてみたい。

前回は前妻の吉田麻美への慰謝料の高さについてアレコレ申し上げたわけですが、今回はもっと素朴な疑問について率直に述べてみたい。とにかく??なのだ。

さて、小室氏と妻・桂子(KEIKO)さんが離婚したとかしないとか色々と報道がなされてきていることは周知のとおりですが、その理由とされる「桂子さんの実家に迷惑をかけないため」というのがまず変である。ご存知の方も多いと思いますが、保証人か連帯保証人でない限りは、配偶者や親兄弟であっても借金返済の義務は全くないのです。(但し、配偶者については例外があります。後述。)

小室さんの場合は違いますけど、債権者が貸金業者であれば貸金業法第21条1項により、「債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することを要求すること」は罰則付き(二年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金、又はこれらの併科)で禁じられています。

小室さんの場合ですと、債権者は兵庫県内の個人投資家ということですので上記の貸金業法の適用はありませんが、何ら返済義務を負っていない者にさも返済義務があるかのように借金お肩代わりを迫ったのだとしたら詐欺未遂罪が適用されたっておかしくはないと思います。とにかく、KEIKOさんの実家としてみれば、平然と突っぱねればいい話なのです。

ではKEIKOさんはどうかというと、やはり離婚の理由にはならないと思います。旦那がいくら借金があろうと原則として配偶者が債務弁済を請求されるいわれはないのです。但し、その借金が日常家事に係る費用のためになされた場合には、配偶者が債務を負担させられることがあります。根拠は次の民法761条です。

「第761条 夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでない。 」

小室さんの場合、兵庫の投資家に対して負っていた借金は日常家事とはまるで関係ありませんから、KEIKOさんが返済する義務は当然生じません。

借金以外の理由での離婚ならまだ理解はできるのですが、実家に迷惑をかけたくないという理由には首をひねるばかり。この辺のことに突っ込みをいれる報道記事や掲示板のコメントには未だ遭遇していませんが、いずれクローズアップされていくものと勝手に予想しています。


あと著作権の所在の問題があります。著作権は文化庁へ登録することができるのですが、これは特に義務付けられているわけではなく、「著作権関係の法律事実を公示するとか、あるいは著作権が移転した場合の取引の安全を確保するなどのため」に任意に登録できるというに過ぎないのです。この辺の問題点は今朝の新聞でも指摘されていましたが、公示制度が確立されていない以上は、著作権の取引は極めて慎重に行うべきものであるわけです。二重譲渡の事実を伏せて騙した小室さんが第一義的に悪いのは当然なのですが、この兵庫県の投資家も相当にうかつだったと言わざるを得ません。

五億もの大金を十分に調査せずに払ったこの投資家も変といえば変です。なにかもっと裏があるような気がしてしまいます。


以上、率直な疑問点をつらつらと述べてまいりましたが、私としては実は小室氏をあまり責める気にはなれないのです。それは、こうした事件を引き起こすに至った遠因が彼のコミュニケーションの不器用さにあると感じられるからです。彼は自分を「孤独を恐れるものの、他人とのコミュニケーションが苦手」と分析していたそうですが、そんな彼ですから弁護士に相談するようなことも最小限にしていた可能性があります。巨万の富に群がってくる人たちに翻弄され、専門家や友人にろくに相談することもなく踊らされてしまったと想像してしまいます。

ちなみに、小室氏が信じることのできた初めての人がKEIKOさんだったそうで、そういう意味では華原朋美さんや吉田麻美さんをいわば捨てたという事実もそれなりに理解できるような気がします。彼は「KCOとの生活を通じてはじめて情緒というものを得ることができた」と語ったそうですが、そういう人を渇望していた彼の心情を考えると、朋ちゃんでは足りなかったのだと思われます。

かつて細木数子の番組で、彼がKEIKOさんと出演した際にKEIKOさんに「I'm proud」を歌わせたことをこのブログで怒ったものですが、今はなんだか怒る気が失せてしまっている。

離婚するしないをはっきりさせないKEIKOさんには「小室さんより自分のイメージが大事なのか?」と疑念を呈さざるを得ませんが、小室氏を支えてきたという点は素直に認めてあげたいと思います。


なんか俺って偉そうだな…。
もっと謙虚に書かないといかんな。

不快に思われたなら、ホントすみません。
もう寝ます…。

サンドウィッチマンが見れない… 


サンドウィッチマンの新ネタ「新人マネージャー」が早速youtubeにアップされてました。

やっぱ面白いねー、この二人は。

で、昔の「スピーチの練習」というネタが急に見たくなった。


でも、見れません。

ニコニコ動画でもダメでした。

Yahoo! 動画では、一応「スピーチの練習」」を見ることができましたが、
ライブバージョンだったからか、肝心の「上は着るよ」「下をはけよ」の掛け合いはなし。

もう見れないと思うと何か悲しい…。



ちなみに「スピーチの練習」以外のネタも軒並み削除されてた。

一体どういうことなんだ?
 

サンドウィッチマン!
まさかもう天狗になったのか?

いやいや、事務所の方針なんだろうね。

でも印象は悪いぞ。




今はもっと知名度を上げることに力を注いだ方がいいと思うよ…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。