下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

カテゴリー  [ネット社会、ネット活用法など ]

5月中予定のペンギンアップデート2.0 

かなり大規模な変動が起きそうですね。
スパム的なサイトは今なお沢山上位表示されているので、とにかくガンガン落としてほしい。

あと、いわゆる「LPO(Landing Page Optimization)」というSEO手法も個人的には落としてほしい。
LPOというのは、日本語に訳すと「ランディングページ最適化」になるんですが、なんというか私にはスパム的な嫌らしさしか感じない。

LPOを施したサイトの全部が悪いとは言いません。
LPOという考え方自体はきっと悪いものではないはずだ。

しかし、一部のLPOサイトのやり方があまりにも気持ち悪いので、全体の印象が激しく悪いのだ。少なくとも私には。


例えば、こういうのだ。
横浜市内で営業しているある歯医者がHPを作って、「横浜市○○区 ××歯科医院」というタイトルのページを区ごとに作ってアップロードしたとする。横浜市内には18の区があるので、18のページができる。そして、ページの冒頭には「○○区の皆様へ」なんて書いてあったりする。

トップページは別にあって、これらの18のページからそこに誘導するのだ。
ある程度検索エンジンからのサイト評価が高い場合には、「横浜市○○区 歯科」で検索すると18のページのどれもが1ページめに登場したりする。

でもだ。
実際にはある一つの区に1ヶ所の歯科医院があるだけで、全部の区にあるわけではない。
しかし、ある特定の区にある歯医者を探そうとして「横浜市○○区 歯科」と検索した人の画面にしゃしゃり出てくるのです。検索エンジン的な強さを使って、そう、しゃしゃり出てくるのです。

これがLPOの考え方に沿うものとは思えない。
検索者が迷わないようにするのがLPOなのに、これではむしろ逆の行為だ。
私には一種のスパム行為にしか見えず、生理的な嫌悪感が走る。

私は何か間違っているでしょうか?
そうであれば、是非ご指摘いただきたい。

グーグルがどう考えているのかは、
5月~6月に予定されている大規模なペンギンアップデートである程度明らかになるでしょうから、検索結果の状況を注視していきたいと思います。

まあ、上のようなサイトがどうなるかは別にして、スパム的なサイトがどんどん姿を消していくわけですから、グーグル、ヤフーの利用者や、真面目にルールを守ってSEO対策をしているWEB制作者には有難いことです。





インタレストベース広告はOFFにすべきか。 

グーグルのアドセンスといえば、元々はコンテンツマッチです。

しかしいつからか、
閲覧者のサイト訪問履歴などから割り出した
広告を表示するようになった。

このような広告の表示を
インタレストベース広告というそうだ。

このインタレストベース広告の表示は、
アドセンスを自分のサイトやブログに貼っている人が
ブロックすることが可能だし、
また、単なるサイトの閲覧者がそうした広告を
表示させなくすることも可能。

後者の閲覧者については、
「Ads Preferences Manager」なるグーグルのページで
設定をいじくれば拒否できるそうですが、
グーグルをログアウトしていれば出てこないのかもしれません。
正直、やり方はまだよくわかりません。


さて、何がうざいかというと、
例えば税理士が自分のHPを持っていて、
自分でしょっちゅう更新していたとする。
当然自分のサイトを確認のために何度も見る。

するとグーグルさんは、
「この人は税理士に関心がある」とみなして、
この人が色々なサイトでアドセンス広告を見るたびに、
例えば、「横浜で税理士をお探しの方」とか
「相続税無料相談・実績3,000件」とかの広告を表示させるのです。
税理士が押す可能性はまずないと思います。

もちろん、同業他社のHPに関心がある人もいるとは思いますが、
アドセンス広告を押す人はまれでしょう。
調べるなら普通は「横浜 相続代行」のようなキーワードで
素直に検索します。

そして、
税理士の広告だけでもうざいのに、
その類いの広告が訪れる先々のサイトで
同じように立ち現れるのです。
(アドセンスがある場合に限りますが。)

さらにいうなら、
自分の閲覧履歴が勝手にチェックされて、
勝手に趣味嗜好や関心事を推測されているのも
人によっては不愉快でしょう。

グーグルに限らず
楽天などもこのような広告方法を採用しており、
いずれも収益はアップすると強調していますが、

私は上に述べたような理由で、
最終的にはうざがられ、気持ち悪がられて、
クリックする人は次第に減っていくと推測しています。



そこでアフィリエイターたちに言いたい。

表示される候補を絞ることで
クリック単価は平均して下がるでしょうが、

インタレストベース広告を排除することで、
クリック単価の減少をカバーするだけのクリック数増加を
見込める場合も少なからずあるはずだと。

一度、アドセンス管理画面で
「パフォーマンスレポート」→「ターゲットのタイプ」と進み、
インタレストベースとコンテンツのCTR、CPC、RPMなどをじっくりと見比べてみてください。

CTR(クリック率:クリック数を広告表示回数で割った数値)は、
おそらく、「コンテンツ」のほうが高いのではないでしょうか?

単価の差が大きい場合は判断が難しいかもしれませんが、
少なくとも一度は「インタレストベース広告排除」の実験を
してみる価値はあると思います。ちなみに私も今実験中です。

まあ、結果にかかわらず
私はインタレストベースは排除するつもりです。

このような手法は、
収益という面からは一定の効果はあるのでしょうが
長続きするとはとても思えません。


あまり言うと
私がグーグルさんに排除されそうなので
これまでにしておきます。

では。

グーグルが検索方式の大変更 

グーグルが検索方式を大幅に変えるそうだ。

検索結果ページの最上部に、「事実」や「質問への直接的な回答」を表示することで、よりユーザーの利便性を高め、結果として検索サイト、つまりグーグルのページを見ている時間を伸ばそうとするものだ。

新しい検索方式をセマンティック検索というそうだが、ニュース記事での説明ではいまひとつその仕組が分からない。

記事では例示として、「タホ湖」を検索すると、その場所、海抜、平均気温、塩類含有量などの特性(あるいは属性というべきか)を表示するというが、それのどこが人間の思考方法により近づいたものなのか判然としない。もしこれが強制表示なら、私には邪魔なだけだ。もし、海抜を調べたいなら「タホ湖 海抜」と調べればいいだけの話かと思う。

また、「~のトップ10は?」などの質問形式のキーワードを入れて検索すると、クリックするまでもなく検索結果ページに回答が表示されることになるという。そして、データベースにまだ存在しない回答については、検索エンジンがウェブサイトのページを調べ上げ、独自の基準によって、回答を含むサイトを表示するという。

しかし、この取り組みも不評に終わると私は思う。
現行のようなある意味シンプルな検索アルゴリズムであれば、検索の仕方を工夫することによって求める情報を探し出すこともできるが、変に仕組みを複雑にしてしまうと、それが困難になると予想される。そもそも現行のシステムでも様々な検索条件を加えることで、求める情報は十分に探し当てることが可能だ。

例えば、ダブルクォーテーション「""」で囲めば、囲んだ語句の並びを含むものだけ表示してくれるし、語句に半角マイナス記号「-」を付ければ、その語句を含むものを除いてくれる。日本語のサイトを除いて表示させたいなら、例えば「が」「を」「に」「は」にそれぞれ半角マイナス記号を付けて検索すればかなり除外できる。また、検索キーワードを上手に選択することでもかなり検索精度は上げられるはずだ。

もしかするとインターネット検索の初心者には有難い変更なのかもしれないが、レアな情報を探そうとすると不便というか使えない検索になりかねない。



こんな変更に力を注ぐぐらいなら、もっと別の変更をしてほしい。

例えば、情報サイトなら正確な又は最新の情報を含むものを上位に表示するとか、アフィリエイトサイトなら在庫切れだらけのものを下位にするとか、もっとやることはあるはずだと思う。

現行のアルゴリズムでは、ページランクの強いサイトからの被リンクなどは、官公庁サイトに広告を出せば実現できてしまうし、被リンク数多さだって、根気よく相互リンクをする人などが有利になってしまう。こういった要素は、サイトの質とは基本的に関係がない。

また、人の文章をパクってサイトに載せてるような輩も平気で上位にきたりします(但し、著作権法上の引用に該当するなら問題ありません)。


今回発表された新しい検索方式の全貌はまだ明らかではありませんが、
できれば、上述のような部分も改善してほしいものです。

まあ、全世界が注視しているといても過言ではないわけですから、あまり変なことはしないでしょう。
とりあえずはお手並み拝見といったところでしょうか。

なお、セマンティック検索の「セマンティック(semantic)」とは、
「語義の」、「意味(論)の」といった意味であり、
「semantic gap」=「意味上のギャップ」
「semantic error」=「意味上の誤り」
「semantic classification」=「意味論的分類」
といった感じで使われる言葉です。

記事によるとセマンティック検索は、
「異なる言葉を互いに関連付けること」に役立つ、
「単語の実際の意味を理解するプロセス」であり、
「人間の思考方法」に一層近づくと説明されていますから、
セマンティック検索を完全に訳せば、
「意味解析検索」とでもなりましょうか。


最後に、当該の記事をリンクしておきます。
http://jp.wsj.com/IT/node_408485
http://japan.cnet.com/news/service/35015200/