下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

カテゴリー  [政治問題・国際問題 ]

コントロール発言、ブロック発言の再考 


安倍総理は、10月23日の参院予算委員会で、『「状況はコントロールされている」という発言は国民の認識とずれている』と追及され、「私は行政の最高責任者として状況を把握していて、それに対する対処を行っているということで申し上げた。」と答えた。

しかし、やはり納得はできない。
「The situation is under control」の意味が「状況はコントロールされている」だろうが「状況を把握したうえで対処できている」だろうが、いずれにしても事実とは異なる。

そもそも、溶融した核燃料が現在どうなっているのか誰も分かっていないのだ。
つまり「状況を把握したうえで」の「把握」ができていないのだ。

確かに十分な把握ができない中で精一杯の対処はしているのであろうが、
それは「状況を把握したうえでの対処」ではない。



また、安倍総理は、同様に問題となった『汚染水の影響は福島第1原発の港湾内0・3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている』というIOC総会での発言についても追及されている。


安倍総理は、16日の国会答弁で「完全に」の文言を外したことについて、22日の国会答弁で、

「いわば健康への被害という意味においても完全にブロックされているわけですから、その考え方においては変わっていないということでございます。」

と答えた。


要するに、次のような弁明だ。

・汚染水は完全にブロックされていないが、汚染水の影響は完全にブロックされている。
・汚染水は完全にブロックされていないが、健康被害という意味では完全にブロックされている。

安倍総理は「汚染水の影響が完全にブロックされている」といったわけで、この「影響」という言葉で何とかごまかそうとしてきた。そして「汚染水の影響=健康への被害」だと言い張る。

しかし、「影響」という言葉は、直接「健康への被害」を指し示すものではない。
飛躍があるのだ。

これはもう国語の問題なのかもしれませんが、
私が思うに、この場合の「影響」は、文脈上、まず「変化」という意味に解釈するのが自然だ。
その変化が基準値以下であるかどうかは関係がない。

安倍総理の発言は、結局、「汚染水による海水の変化は、福島第1原発の港湾内0・3平方キロメートルの範囲内だけであり、この範囲外には何の変化も及ぼしていない。」という意味になる。

そのように誤解される可能性が高いことを半ば承知のうえで、
「影響」といういかにも微妙な言葉を用いたところが許しがたい。


したがって、次のように言うべきだった。

「汚染水による海への影響は確かにあるが、健康への被害が懸念される範囲は、福島第1原発の港湾内0・3平方キロメートルに限られている(完全にブロックされている)。」


日本人の大半が違和感を覚え、国会でもこれだけ問題になっているんだから、
少なくともIOCに対しても、何らかの訂正・補完を申し出るべきでしょう。

韓国・平昌の冬季オリンピックも雪や予算の面で色々とやばそうなことだし、いっそのこと日本と韓国でダブル五輪返上としたらどうだろうか。

大体、デフレ脱却や経済発展をオリンピック開催に頼ろうとする心根が間違ってると思う。
日本が抱える様々な病巣をしっかり見据えて、抜本的な解決策を探っていくべき時が来ているのに、オリンピック、オリンピックと浮かれすぎだ。

オリンピックを否定するわけではないが、それに依存するような姿勢は問題だ。



風刺画はともかく、日本は五輪開催権を辞退すべき。 

最近ニュースで取り上げられているフランスの風刺画。
これは、仏週刊紙「カナール・アンシェネ(Le Canard Enchaine)」が掲載したものだ。

2種類あって次のようなもの。
風刺画1
風刺画2

特に1枚目のほうが物議を醸している。
吹き出しのセリフは
「フクシマのおかげで相撲がオリンピックの種目になった」という意味らしい。
さて、絵の中の右側の人物には足が3本あって、
放射能による奇形を意味すると日本では取られている。
ただ、私はそれだけでなく、いわゆる放射能の危険を伝えるマーク(画像)の擬人化もなされていると思う。
三本の足は、このマークの3つのバームクーヘン状の塊を表しているというわけだ。

で、なぜ相撲取りかというと、
オリンピックに絡めて日本を記号化する上で最もピッタリ来るのが相撲だからだ。

ネット上ではこの風刺画に対して賛否両論があるものの、
「言われても仕方がないから過剰に反応すべきでない」といった意見がやや多いように見受ける。
私も概ね似たような意見だが、この風刺画が直接被災者を馬鹿にしているというのは当たらないと思う。

この風刺画は東電や日本政府はもちろん、被災者や一般の日本人を含めた日本全体を揶揄したものだと思う。
なぜならこの風刺画の主旨が、「事故対策が不十分で情報が遅く隠蔽さえあるのは甚だ遺憾だ。この国にはとても任せておけない。原発大国である我が国への不信にもつながりかねない。」といったものだと思うからだ。

まあ、そうは言っても、福島県等で被災した人にとってみれば、確かに侮辱的なものであり怒りを覚えるのも無理はない。この風刺画に対する批判で、「東電や日本政府は皮肉ってもいいが、何の責任もない被災地の人間を侮辱するのは許せない」というのが多いのも自然な流れ。

しかし、こういった意見はやや無責任ではないか?
こうした現状を引き起こした責任は、被災者をも含む日本人全体にあると私は思う。たとえば、原発の地震津波対策をないがしろにした当時の自民党政権(第一次安倍内閣など)を選挙で選んだのは我々国民だ。

原発に無関心で、東電の災害対策に目を光らせてこなかったのは誰か?
選挙のたびに政治家の甘い口車に乗せられて、目先の利益や非現実的な公約に踊らされていたのは誰か?
我々日本国民である。


私は、こんな風刺画よりも、IOC総会での安倍総理の嘘発言に何倍も怒りを覚える。
「完全にブロック(completely blocked)」や「 状況はコントロールされている(the situation is under control)」は明らかに嘘。今日も、高濃度のトリチウムがタンク近くの井戸から検出され、濃度はどんどん上がっているのに原因不明で経路不明だという。
「日本の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい」も嘘。ウクライナのほうが何倍も厳しい。

はっきりいって、オリンピックの開催は辞退すべきだと思う。
安倍総理の発言だけで日本開催を決めたわけではないのだろうけども、
重要なプレゼンテーションで虚偽の事実を述べた以上は、一度白紙に戻すべきだ。
福島の問題はIOCの委員の判断を少なからず左右したはずであり、そうである以上は、このまま開催とするのは日本の恥だ。

もっというなら、これは単なる嘘ではなく「詐欺」だ。
人を欺いて利益を得たのだから、実質的には詐欺である。
詐欺を悪いことだと思うのであれば、当然、原状に回復させるべきである。
すなわち開催権の返上だ。

極論だろうか。
「決まってしまったものはもういいじゃないか」で済むのか。
幸い、2020の開催国が日本に決まってからまだ日も浅い。
開催権の返上は可能なはずだ。

たとえ、辞退により多大なバッシングを受けようが、それで景気が後退しようが、詐欺国家との汚名を負うよりははるかにマシだ。

日本政府は、この嘘発言の深刻さを十分に理解し、早期にオリンピックの開催を辞退してほしい。
(ついでにいえば、東京にもう余計なインフラを作らないでほしい。もう十分だ。)





安倍晋三の生演説 

横浜駅の高島屋の前のあたりで何やらすごい人だかり。
「あら、こんにちは」の銅像のあたりを中心に人がぎっしりだ。
演説のようなマイクの声も聞こえてくる。

よく見てみると自民党の演説カーが停まっていて、
車の上には政治家らしき人が数人いた。

喋ってるのが誰かよく分からなかったけど、
おそらく幹事長代行の菅義偉(すがよしひで)だろう。

で、まもなく安倍総裁が到着するというので、
とりあえず少し待つことにした。


5分ぐらいして到着のアナウンス。
拍手やら歓声やらでにわかに盛り上がってきた。

確かに安倍晋三だ。
ちなみにこんな感じ。

   ↓


    2012112918220000.jpg   2012112918210000.jpg

    2012112918210001.jpg


最後の写真は日本国旗だが、
数本どころか、
全部で数十本は掲げられていたかも。


安倍さんの声はなかなか張りがあって、勢いを感じさせるものだった。
内容も悪くはない。

インフレターゲット、外交、教育などなど、
それなりに説得力のある話しぶり。

民主党のお陰で3つの言葉が使えなくなったとも言っていた。
「マニフェスト」、「近いうち」、「トラストミー」の3つだ。

あと、いじめ防止基本法を制定するつもりだそうだ。、
これは是非進めてもらいたい。

教育に関しては、日教組の支援を受けている民主党を批判していた。
教育を歪めてきた日教組の支援を受けていては、
まともな教育政策はできるわけがないと。

ここが一番歓声が大きかったかもしれない。

まあ、20分ぐらいだったろうか。
ほぼ全部聞いてしまったわけだが、
最後の言葉が「公明党と一緒に政権を奪還します!」で、
なんだかしらけてしまった。

そういえば、原発のことは完全にスルーだった。
これは計算どおりなのだろう。

建設国債とか金融緩和とかの話題にも触れていなかったような気がする。
色々批判を浴びて修正した部分かもしれませんが、ちゃんと触れて欲しかった。

生安倍晋三との初の遭遇は、
なんともしょっぱいものに終わってしまった。

野田総理も二俣川に来ていたそうだが、
そっちはどうだったのだろう?



はあぁ…

入れたい党がなくて憂鬱になる…