下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

月別アーカイブ

 2007年05月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民税がグッと増える理由について 

来月から住民税の額が増えますねえ。増えるといってもこれは国から地方への税源移譲によるものなので、その分だけ所得税が減ります(今年の1月から。)

つまり、収入の多寡にかかわらず「所得税+住民税」の総額は結局変わらないということです。ホッとひと安心ですね。総務省のサイトでは次のように説明しています。

「税源移譲により、ほとんどの方は、1月分から所得税(国税)が減り、そのぶん6月分から住民税(地方税)が増えることになります。しかし、税源の移し替えなので、「所得税+住民税」の負担は基本的には変わりません。※ ただし、平成19年からの定率減税廃止等に伴う税負担が生じます。 」

気になるのは最後の定率減税の廃止です。この定率減税は平成11年度税制改正で導入されたんですが、平成17年度税制改正で減税幅が半分に縮小され、さらに平成18年度税制改正で定率減税廃止が決定されたわけです。

具体的には次のような流れです。

○所得税
  税額の20%を控除(25万円を限度)
  ↓
  税額の10%を控除(12.5万円を限度)
  ↓
 廃止

○個人住民税所得割
  税額の15%を控除(4万円を限度)
  ↓
  税額の7.5%を控除(2万円を限度)
  ↓
 廃止

定率減税の廃止で所得税は増えるところなのですが、税源移譲によって所得税がそれ以上に減少するので、今年の1~5月の実際の所得税は減っていたと思う。なんだか「定率減税の廃止=増税」を覆い隠されてるような気になりますが、まあこれは仕方のないことかも。

とにかく住民税がドーンと上がって驚く人が続出でしょうね。

子供2人がいる4人家族の場合ですと、年収500万円であれば6万円ほど増え、年収700万円であれば10万円ほど増えるかと思います(ケースバイケースですが)。年収が一定額以下ですと住民税は変わらないとのこと。

まあ、税源移譲も定率減税廃止も一応は納得できるのですが、なんだかよく分からないのは住民税の税率が一律10%になったこと。

またまた総務省の言葉を借りますが、次のように説明されています。

「住民税所得割の税率は従来3段階の超過累進構造になっていました。これを所得の多い少ないに関わらず一律10%の比例税率構造に変えることになりました(応益原則の明確化)。これによって高額所得者の多い地域に税収が集中することなく税源移譲が可能となります(税源の偏在度の縮小)。」

確かに税源の偏在度が縮小することになるんでしょうが、どう考えても金持ちが得してる。

3段階の超過累進構造というのは、

年収うち200万円までの部分は税率5%、200~700万円までの部分は税率10%、700万円超の部分は税率13% で計算するということです。

分かりにくいと思うので、年収300万円の人と年収2000万円の人で比べてみましょうかね。

年収300万円の場合
200万円×5%+100万円×10%=20万円 だったのが、
300万円×10%=30万円 に増税。

年収2000万円の場合
200万円×5%+500万円×10%+1300万円×13%=229万円 だったのが、
2000万円×10%=200万円 に減税。

ところがよく調べてみると、所得税の最低税率も10%から5%へと変更されていた。細かく言えば、10%、20%、30%、37%の4段階の累進税率が5%、10%、20%、23%、33%、40%の6段階に変わってる。

この他に、所得税と住民税との間の基礎控除、扶養控除等(人的控除ってやつですね。)の金額の差を調整するための措置も講じられており、その結果として、累進課税の仕組みの変更によって税負担額は変わらないらしい。

しかし、厳密に言えば全く変わらないわけではない。生命保険控除の額が所得税と住民税とで異なるので、保険に加入している人については税源移譲の前後で負担額が変わってきます。この辺については調整措置がとられていないんですよね。このことは損害保険控除についても同様です。これら以外にも負担額が変化する状況はいろいろあると思われます。


政府側としては、「定率減税廃止で所得税は増えますが、税源移譲に伴う制度改正によっては税金の負担額は変わりません」と説明したいところだろうし、実際そんな風に説明しています。

いつものことではありますが、少し割り引いて聞いた方がよさそうです。




長くなってしまいましたので、これにて失礼。



スポンサーサイト

関連記事

ペッパーランチ事件の犯人をとりあえずは起訴。 

「ペッパーランチ」心斎橋店で起きた女性客拉致監禁・強盗強姦事件の犯人が5月30日に起訴されました。それを受けてペッパーランチ(株式会社ペッパーフードサービス)の一瀬邦夫社長が同日、東京本社で記者会見を開いたようです。

その内容は、

・今後のチェーン店委託契約を30歳以上に限る。
・経歴調査を強化する。
・定期的な意識調査を導入する。
・防犯カメラにより店内の監視を徹底する。

といったところだ。

予想はしていたが、営業自粛はやはりしないらしい。組織ぐるみでやったわけではないにしろ、客にとったら店長や店員は会社の顔。その店長や店員がこのような前代未聞の事件を起こし、その上外食産業全体にまで影響を及ぼしつつあるというのに、なんで営業自粛ぐらいしようとしないのだろう? なんだか腑に落ちないです。

報道がかなり少なかったために事件の存在自体を知らない人が多かったのですが、この度の起訴はヤフーのトップニュースにもなり相当多くの人が事件を知ったはず。いまのままでは既にペッパーの事後対応を非難していた人の勢いが飛び火してしまうと思うんだけどな。

なんかネット上ではビラ撒きやらチェーンメールやらの動きまで出てきてるし。

ペッパーはここが正念場。誰もが納得いくような対応をとっていただきたい。一応は期待しています。

最後にABC(朝日放送)による記事を引用しておきます。
早く共犯者を逮捕してほしいものです。


☆☆☆

<大阪>ステーキ店店長ら 1ヵ月前から犯行計画か

今月、大阪・ミナミのステーキチェーン店で、店長ら2人が女性客を拉致して暴行した事件で、逮捕された店長は先月初めごろから女性を襲うことを考えていたことがわかりました。2人は、30日夜、起訴されました。

強盗強姦などの疑いで逮捕された「ペッパーランチ」心斎橋店の店長・北山大輔容疑者(25)と、店員の三宅正信容疑者(25)は、今月9日女性客に対しスタンガンを押し付け、「騒ぐと殺す」などと脅して睡眠薬を飲ませ、現金5万6000円入りの財布を強奪。さらに、昏睡状態の女性を泉佐野市まで車で連れて行き、性的暴行を加えた疑いがもたれています。北山容疑者は、調べに対し、「店には若い女性客が多くて、先月初めごろから女性を襲おうと考えていた」と話しているということです。

ABC(朝日放送)
(5/30 21:44)

☆☆☆


ペッパーランチのHP
http://www.pepperlunch.com/



関連記事

キーワードランキングの比較 &ペッパーランチ事件 

時間帯別のキーワードランキングを掲載するサイトがいくつかありますが、これほどあてにならないものはない。集計の対象・方法がそれぞれ違うとはいえ、あまり鵜呑みにしないことだ。

試しに今の時間帯(幅はそれぞれ異なる。)のランキングを調べてみた。

gooの「今人気の検索語ランキング」では、

1 ペッパーランチ
2 ユーチューブ
3 XBOX360
4 天気
5 小林由佳
6 相沢紗世
7 窓の杜
8 キッズ
9 ミシン
10 はなまるマーケット

瞬!ワード」では、

1 佐藤めぐみ
2 麗しき鬼
3 砂時計
4 ニコニコ
5 社会保険
6 斜視
7 専修大学
8 鳴門競艇
9 スパム
10 スマブラX


テクノラティの「注目キーワード」では、

1 Macbook
2 Twitter
3 X02ht
4 ペッパーランチ
5 PS3
6 X01T
7 セクシーボイスアンドロボ
8 亀田
9 セカンドライフ
10 Apollo

BIGLOBEサーチの「旬感ランキング」(急上昇ワード)では、

1 砂時計
2 銀魂
3 マリオ
4 楽譜
5 試聴
6 東京ドーム
7 BLEACH
8 耐震工法
9 内装工事
10 浜松


という感じで、うなずけるのはペッパーランチと砂時計ぐらいか。

やっぱり今一番の注目は、店内の女性客を店長・店員が拉致監禁、強盗強姦及び暴行をしたというペッパーランチ心斎橋の事件だ。

ペッパーランチ関連の記事は、テレビで第一報があった後は週刊朝日、週刊文春、週刊実話などで多少取り上げたようですが、やはりたいした新情報はなかったようです。

当のペッパーランチに対してさえ警察が情報を出していない有り様ですから、あらためて記事に取り上げるのは難しいのかもしれませんね。

えっ? テレビの報道番組でも取り上げてたって?


確かにいくつかの番組で取り上げてましたが、真相を追及するという姿勢が全く感じられませんでしたわ…。

テレビにはさっぱり期待できません。都合の悪いものは報道しなかったり他所からの圧力で隠蔽したりと、まるで信用なし。

で、このペッパーランチ。

結局、営業自粛するつもりはないらしい。さっさと3日ぐらい休めば消費者の反感を買うこともなかっただろうに。社長さんが苦労人だからかな? 自分の会社への思い入れが強いあまりに最善の手段が見えなくなってしまってるようだ。

再考を促したいところだ。


共犯者逃亡説や被害者多数説など色々な情報が飛び交っていますが、いずれ大阪府警(または公安?)が発表してくれると思うのでしばらくは経緯を見守っていたいと思う。

では。



関連記事

何故か「前代未聞」というのが多い。 安全神話は崩壊寸前。 

昨日書いたペッパーランチの事件には及ばないが、三重県でも異様な事件が発生した。下の記事中には書かれていないけど、フジの報道によると切断した指をカレーの中に入れたらしい。植木鉢に白く塗った腕を挿した会津の事件といい、想像を絶する残酷さである。

今時の若者は人体を切断することへの抵抗感が薄れているのだろうか?


☆☆☆

三重県警松阪署は20日、同県鈴鹿市、無職少年(15)と同県松阪市の県立高校3年の少年(17)、同市、派遣社員少女(18)、同県桑名市の無職少女(17)の計4人を傷害容疑で逮捕した。

調べでは、4人は18日昼から20日にかけて、同県伊勢市、無職少女(18)を派遣社員少女のアパートに呼び出し、「悪口を言っただろう」などと殴るけるの暴行を加え、左目の眼窩(がんか)を骨折させたうえ、無職少年が包丁で右手小指を切断し、少女に全治4週間の重傷を負わせた疑い。

4人はさらに少女を松阪市の大口港まで連れ出し、再度暴行を加えようとしたが、少女は「死んでやる」と海に飛び込んで逃げた。少女は4人が立ち去った後、自力で岸壁に戻った。

4人は遊び仲間で、犯行に加わった少女2人が「(被害者の少女から)悪口を言われた」と話したため、無職少年が激怒したという。

(2007年5月20日22時39分 読売新聞

☆☆☆


前代未聞と言っていい事件の報道が相次いでいるのは偶然だろうか。

いや偶然なんだろうけど、少し続きすぎだ。不自然なほどに。

・乗客約40人もいた特急電車のトイレ内でのレイプ事件
・エキスポランドで起きた杜撰な整備によるジェットコースター死亡事故
・殺害した母親の頭部を警察に持って行き、右腕は白く塗装した上で植木鉢に挿したという高三男子の事件
・店内の女性客を店長及び店員がスタンガンで脅して睡眠薬を飲ませ、拉致、強姦、監禁をした事件

ついでに言えば、家族内の揉め事で男が立てこもり、負傷警官が5時間も放置されていた愛知の事件も前代未聞だろう。


しかしもっと大きな視点で考えると、一昨年あたりから一つの傾向が見て取れる。

それまで安全だと思われていたモノが牙を剥いているのだ。

学校、マンション、エレベーター、ジェットコースター、レストラン、そして電車。

いずれも一昔前なら、命の危険を連想させることなどあり得ないものばかりだ。80年代や90年代とは明らかに一線を画す状況だ。

日本の安全神話はまさに砂上の楼閣となりつつある。そのうち都市部近辺にスラムとかも形成されてますます危険な国になっていくかもしれない。何か歯止めをかけなければならないのに、歯止めがかかっている気が全然しない。

その原因の一つに日本の軽すぎる刑罰が挙げられる。つい最近、自動車運転過失致死傷罪」の創設を盛り込んだ改正刑法可決・成立したけども最高刑はたった懲役7年。これまで適用されてきた懲役5年の業務上過失致死傷罪とたいして変わらんじゃないの。他の刑罰規定とのバランスもあるんだろうけど、それならみんな一斉に刑罰を引き上げればいい話だ。手ぬるいことこの上ない。

あとは基本的なモラルの欠如だろうね。特に、あきれ果てたDQN親のニュースが後を絶たない。これは精神的な指針を持たない人が増えてきてるせいかと思う。教育現場にその原因を求める気はないけど、一部私立校なんかはまさに予備校と化していますからね。人間教育なんて掲げてあっても建前だけで終わっている場合が多いと思われます。神奈川の桐蔭学園なんてその最たるものでしょう。

図書館の本を切り抜いてしまうとか、お金があるのに給食費を払わないとか、親が率先して児童ポルノまがいの行為を子供にさせるとか、やっぱりおかしいですよ。

機会があれば指摘していこうと思ってはいますが、そんな機会はあまりないんですよね…。これが。

何かアクションを起こさなきゃ現状は変えられないのかも。

まずは自分を変えなきゃダメかな。「オレの背中を見ろ」なんてとても言えませんから。

そう、まずは自分を変えなきゃ。



世間に文句を言うのはそれからだ。



関連記事

ペッパーランチ事件と愛知立てこもり事件の関係 

↓ おいおい。

「ペッパーランチとは - はてなダイアリー」

株式会社ペッパーフードサービスが経営する、ステーキ・ハンバーグ等の料理を主に扱うレストランチェーン。
直営店、FC店と委託店がある。
料理が鉄板に載せられて出されるのが特徴。
女性客が一人で食べに行くと、逆に店員に食べられてしまうという
宮沢賢治の「注文の多い料理店」を地でいくサービスでも有名。



一人残っていた女性客を店長と店員が拉致・監禁・強姦し、おまけに金銭まで奪ったという前代未聞の事件なのですが、この「はてなダイアリー」には思わず笑ってしまった。こういう記述がウィキみたいに規制されないんですかね。

それにしても、このペッパーランチの対応にはどうも首を傾げざるを得ない。事件発生からペッパー側の発表までに一週間の時間差がある。しかも読売のスクープに押されて発表したという体裁である。

噂によればペッパーランチ社長の息子(大株主の一人)が発表前に持ち株を売却したとのこと。実際、事件発生から徐々に株価が落ちていますから、これはインサイダー取引行為というほかない。当局の徹底した調査が待たれるところである。

しかしだ。

この事件はどうも胡散臭い点が多すぎる。


なかなかよくまとまっていたので、某巨大掲示板でのこの事件に関する書き込みから以下引用します。

■ペッパーランチ「レイパーランチ」070509事件 あらすじ

・犯人二人が、チェーン店ペッパーランチ心斎橋店 閉店間際の女性客に睡眠薬を飲ませ、拉致して35キロ離れた海沿いの貸しガレージ(市は海に面しているがガレージの所在は長滝?海沿いではない?海沿い34°25'3.91"N 135°18'37.98"Eだという投稿もあり)まで拉致監禁強姦という大事件。共犯が最低二人がつかまっていない。自分の生活圏内で制服で行うという大胆さ。手際のよさ、ガレージの確保などの点から余罪が数多くありうる大事件。

・5/9の犯行なのに、発表したのが5/17 経営会社であるペッパーフードサービス(3053マザーズ)の株価は5/9から下げ続けている。しかし株式市場において、インサイダーとの指摘と非難は一切ない。異常。

・事件発生から今日までの約1週間の間に、店舗に手が加えられ、看板が塗りつぶされている (現場保存は普通、訴追後半年ぐらいまで維持させられる)

・日本の警察活動を邪魔することで有名なマスコミがほとんど報道しない。NHK全国版はあった事実すら伝えない。ワイドショーもほとんどがスルー、民放はチラッとおざなりな放送だけ。現場であるガレージへのリポーターもない。社長は一度だけ謝罪会見を開いたが、社長が日本人の場合なら、ありえないようなメディアの突っ込みの弱さ。

・公表された写真は一名のみ、なぜか中学時代のもの

・警察が名前を把握している行方不明の共犯2人は、何故発表されないか?

・誘拐(実行中)でもないのに報道規制 前代未聞。

・ネットへの対応も、グーグル八分、帯域制限でのHP隠蔽と、無駄に手際が良い

・事件直後のラジオ放送では近所のひとが、別の日にシャッターの向こうで争う声を聞いている(伝聞)

・この事件を隠蔽するようなタイミングでヤクザの立てこもり事件が発生。日本のヤクザなテロメディアはこぞってこちらを報道し、ペッパー事件の風化を図る。 (犯人が警官を一名射殺、一名に脊髄を撃ち抜く重傷を負わせているのに、人質自力逃亡後も県警本部長は強行を許さず、
本人の投降を許している。県警本部長とヤクザの親玉の出来レースか?)



と、こんな具合ですが、特に「この事件を隠蔽するようなタイミングでヤクザの立てこもり事件が発生。日本のヤクザなテロメディアはこぞってこちらを報道し、ペッパー事件の風化を図る。」という部分には同意せざるを得ない。

タイミングがおかしすぎるのだ。

韓国人大学生によるバージニア工科大学大量虐殺事件と長崎市長殺害事件とのタイミングもこんな感じだった。

少し古い話だけど、年金問題未納にからんで菅氏が辞任し、そして小沢一郎氏も結局辞退し、2004年5月18日に正式に岡田氏が選出されたのでありますが、そのあたりの日付に新代表が選出されそうなことを知ってか知らずか、何と5月14に小泉首相が北朝鮮への再訪問を電撃発表。5月22日に訪問するという日程が組まれた。 岡田氏選出のニュースが朝刊に出たのは5月19日。当然新聞の1面トップにくるはずであったが、トップは北朝鮮が家族5人を帰国させる意向を固めたとかいうニュースだった。

あまり知られたくないことが記事になりそうな時に、さらに衝撃的な事件を持ってくるというのはいわば常套手段である。

このブログでも前に書きましたが、2006年1月17日は宮崎勤の最高裁判決があり、また阪神大震災があった日でもあります。そしてそういう日に何故か小嶋社長の証人喚問をぶつけてきた。この日にはライブドアへの強制捜索まで行われている。


これだけ前例があるとペッパーランチ事件に前後して起きた愛知・長久手の立てこもり事件も疑わしくなってくる。

立てこもり事件そのもの及び愛知県警やSATのお粗末さも、実はすべて意図的だったと。

このペッパーランチ事件の奥に潜む深い深い闇を隠すために意図的に演出されたと考えたくなる。

いや、やはり考えすぎだろうか。

高校三年生による母親殺害事件といい、ここ最近は想像を絶する事件が平気で起きている感じだ。一体どうなってるんだ、この国は。

つい先日起きた電車内強姦にも驚いたものだが、この事件にはさらに驚かされる。

この国は大丈夫だろうか?

なんだか心配である…。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。