下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

月別アーカイブ

 2008年01月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駐輪場が足りん。 

仕事の用事で相模原市役所に行こうとしたのだが、二俣川→大和→町田→相模原、と電車を乗り継ぐのはいかにもかったるく思い、スクーターで横浜線・十日市場駅まで行くことにした。

しかし、バイクの駐輪場がいくら探しても十日市場駅にない!

交番でも聞いてみたが、やはりないとのこと。

ローゼンの駐輪場に…、とも思ったけれど、私と同じ考えの人が相当多いらしく、「警告!~ 」といった激烈な調子の貼り紙が何箇所か貼られていた。

仕方なく隣の長津田駅まで行ってみたところ、駐輪場を発見!

身も心も冷え切っていたので、ホッと一息。



  は、満車?

  オレにどこまで行けと?




結局、よく利用していた大和駅に行き、駅付近の駐輪場に停めることができた。

バイクの利用は渋滞解消にもつながり、アイドリング時のガソリン消費量の減少にもつながるだろうから、駐輪場はもっと増やしてもいいはずだ。



テレビでは連日のように、ガソリンの暫定税率の維持や道路特定財源の一般財源化について報道がなされていますが、私はこう言いたい。


  どっちでもいいから駐輪場をもっと作ってくれ。




まあ、政治家や官僚の皆さんはスクーターに乗ることもほとんどないだろうから、駐輪場のことなんて頭にも浮かばないでしょうね。

諦めますか…。

スポンサーサイト

関連記事

母の甲状腺がんの手術、無事に終了。 


母の甲状腺がんの手術がなんとか終った。

痰が出て咳をするせいで出血が止まらず、術後1時間半ぐらいで再手術となってしまったけど、その再手術もなんとか終わってやっと落ち着いた。

煙草吸う人が甲状腺がんの手術を受けると、こういったリスクが出てくるわけだ。

でも甲状腺がんと煙草とは直接の関係はない。

この再手術の件を武器にして母に禁煙を迫ろうとする父や姉から母を守ってやらねばなるまい。

煙草は確かに体に悪いし、痰のせいで再手術となってしまうこともある。


でも、煙草のせいで甲状腺がんになったと断定できるわけではないんだから、強引にがんと煙草を結びつけるのには反対だ。

家族の中で煙草を吸うのは私と母だけということもあり、ヒステリックに煙草を害悪視しようとする勢力とは断固として戦っていきたい。



人様に迷惑をかけない限りは、煙草を吸う吸わないは本人の自由である。

他人がとやかく言う事ではないのだ、

煙草を吸い続けるとこうなるよ、という情報提供だけに徹するべきでしょう。




最初の手術を3時間待ち、さらに再手術を1時間半ほど待ったのは確かに疲れたけれども、麻酔が醒めきらないまま再手術を受けた母が一番疲れたことだろう。

吉田明先生を始めとしてスタッフの皆様方には感謝を惜しみませんが、初めての手術および再手術を耐え切った母も少しは褒めてやりたい。



母よ、

まあとにかく、お疲れ様でした。



吉田先生、今は日本一の名医だと信頼しております。

反回神経等、できる限り温存しようと尽力してくださった先生には心より感謝いたします。

今後も何卒宜しくお願いいたします…。

関連記事

甲状腺がんの手術で声を失うかもしれない母にKさんを会わせた件について。 


明日、母が甲状腺がんの手術を受ける。

手術はもちろん、全身麻酔も初めての経験だそうだ。


昨日は執刀医から手術内容について詳細な説明があったのですが、今日になって甲状腺近辺(のどぼとけの下あたり)の腫れがやや大きくなったとのことで、甲状腺の左葉だけでなく右葉も摘出するかもしれないとのこと。

声質が森進一風になることは覚悟していたが、まともに声が出せなくなる可能性は少ないものと考えていたので、少々パニクッてしまった。

何故かというと、

半ば見放されながらも結婚を前提に辛抱強く付き合っていただいているKさんは、まだ我が母親と対面していないからだ。

まだ我が母の生の声を一度も聞いていないのだ。

電話で会話したことは数回あったと思うが、直接話したことがないのだ。



変わり果てるかもしれない我が母の声は、それはそれで慣れていってほしくも思うけど、私の妄想では、数十年経って彼女(Kさん)はきっとこう言う。

「できれば、お母さんの元の声も聞いてみたかったな…。」


彼女(Kさん)に話すと、そんな風には思わないと言われてしまったが、我が母が拒否しないのであればお見舞いに行ってもいいとのこと。

私のわがままなのかもしれないけど、半ば強引に私は事を進めた。



県立がんセンターに電話して、私に連絡してもらうように頼む。

 → 彼女(Kさん)と会ってくれないかと母に話す。

 → なかなかの快諾を得てその旨を彼女(Kさん)に話し、彼女の了解を得る。 

 → 車で彼女を迎えに行き、花を買うと言い張る彼女を乗せて長崎屋へ。

 → がんセンターに到着し母の病室を訪れるも、手術前日は絶食と言っていた母が夕食をパクついていた姿にやや混乱しつつ、とにかく夕食を終えるのを彼女と待つ。

 → 談話室の長椅子で、左に彼女(Kさん)、右に母というシチュエーションにめまいを感じながらも、Kさんと母の対面が実現。

 → 頭が真っ白になっていたところ、我が父と我が弟が出現し、10分ほどの対談がとりあえず終了。

 → 彼女を家に送る途上、今後の二人のことについて話をしようということになり、普段あまり行かないCOCO'SにGO。

 → 貧しくとも一緒に暮らしたいという彼女の主張に対して、収入が不安定だと言い張っていた私が、少し考えを改める。経済的に苦しい思いをさせたくなかた私ですが、無収入の月があっても構わないという彼女の言葉が私を変えた。

 → 彼女を家まで送り、無理だと思いつつも、バイバイのキスはダメかと私が迫る。

 → 少し沈黙があった後、顔をコチラに向けてくれたので、迷わずチュウ。


もうダメかと思っていた彼女にキスができて、嬉しかった。

頑張らねば。

頑張りますとも。



末筆ながら、

吉田明先生…、

母をよろしくお願いいたします。




できるだけ声を残してあげたいという、先生の思いは十分に伝わりました。

すべてお任せいたしますので、何卒よろしくお願いいたします…。

関連記事

感動したプロポーズの名言 

プロポーズの名言、探してたんですけど、不覚にも下記の牛込さんの体験談に涙してしまいました…。

おれはまだ、「パパ~」とか呼んでもらったことないけど、

呼んでもらうことなんて期待もしてないけど、

呼んでもらえたら、嬉しいだろうな…。




きっと、人生で一番嬉しいだろうな~。





☆☆☆

俺たち今まで「負」みてーな人生だったけどよぉ……
ふたり掛け合わせれば「正」になるんじゃないか?

               とあるネラー




「好きになった人に、たまたま子供がいただけ。俺頑張るから、俺と結婚してください。」

4年前に当時付き合っていた2歳下の彼が言ってくれたプロポーズの言葉です。私はこの言葉に涙が出るくらい嬉しかった。
6年前に離婚をして、それなりに男の人とも知り合い、付き合ったりもしました。けれど、私には当時3歳になる息子がいて、「付き合っていきたいが、子供がいるのは・・・」と言われる事がたびたびありました。
そんな時に知り合った彼は、息子中心に考えてくれて付き合い、知り合って4ヶ月目にプロポーズを言ってくれました。私はこの言葉を聞いて『この人なら息子も喜んでくれる』と確信したのを覚えています。
私たちは、3人の生活を始め私の誕生日に籍を入れました。息子は、彼の事を「お兄ちゃん」と呼んでいました。
「新しいパパになるんだからパパって呼んであげなよ。」と言っていたのですが、息子は「お兄ちゃん」としか呼びませんでした。
それが、、、、籍を入れた日に息子が「パパ~」って呼んでくれた。その時の彼はトイレに駆け込み嬉し泣きをしていました。その後息子に「結婚式を挙げて」と言われ、彼と相談して小さいながらも友人などを呼んでアットホームな式、パーティーをやりました。
あれから4年。私たちはアパートから引越し、家を買い、幸せな生活をしています。あの時言ってくれた彼の言葉を信じて結婚して良かった。今では息子はパパが大好き!サッカー観戦に親子で夢中になっています。血が繋がっていなくても、我が家は他の家族に負けない位幸せです。

               牛込 さつきさん 30代女性/埼玉県




僕は君を幸せにする自信はありませんが…
僕が幸せになる自信はあります。

僕と結婚してください!

               釣りバカ日誌のハマちゃん




幸せにする自信は無いけど、一生好きでいる自信はあるから、結婚して下さい。

               一般人




まず、プロポーズする前にこんな出来事があった。
彼女と付き合い始めて2年半が過ぎたある秋の日の朝、彼女の眼が大きく腫れ、病院の眼科へ行った。
その眼科で診断されたのは『網膜色素変性症』だった。
今回の眼の腫れとは何の関係もないが、たまたま検査をして分かった病気であった。
この病気は、眼の視野が徐々に狭くなり、最悪は失明する。
その病気の進行は人によって違い、早い場合は30代で失明する人もいる。
更に現在の医学では治療方法はなく、進行を遅らせる薬しかない。
つまり、いつ眼が見えなくなるかもわからず、一生、薬を3回/日飲み続けなくてはならない。
そんな彼女は1週間ほど泣き、悲しみ、苦しんだ。そんな彼女に何もしてあげられない自分がとても悔しかった。

しばらくして彼女の母親がボクに話があると逢いに来た。
話は彼女の眼の話だった。彼女の母親はボクに結婚する気があるかを聞いてきた。
その気があるから今まで付き合って、これからもそのつもりだと返事をした。
しかし彼女の母親はボクのことを気にして、
『うちの娘(彼女)は、これから先、いつか眼が見えなくなる。その時すごく苦労をかけることにもなる。
そんな苦労がかかるのをわかってるからこそ、あなた(ボク)にまで迷惑をかけられない。
あなたなら、まだ若いからもっと健康な人と付き合った方がいい。
一時的な感情で決めず、しばらく考えなさい。』と言ってきた。ボクはそれから1週間、死ぬほど悩んだ。
なぜなら、自分が失明した彼女を本当に一生支えて生きて行けるかわからなかったから…。
答えはすぐに出なかった。でも、ただ言えるのは、彼女と別れたくないと言うことだけだった。
彼女の母親にもそう伝えることしかできなかった。それから、数ヶ月して自分の中のモヤが吹っ飛び、答えが出た。
その答えがこれから話すプロポーズである。

付き合ってもうすぐで3年になるクリスマス。二人で夜景のきれいなツインアーチ(138mの展望タワー)に行くことにした!
このツインアーチは付き合い始めて最初にデートをした場所でもある。
ボクはいつものデートと変わりなく、何気ない会話をして展望行きのエレベータ乗り場まで足を運ばせた。
さすがにクリスマスと言うこともあり、カップルや子連れ親子も多かった。
しかし、偶然にも展望行きのエレベータは彼女と二人っきりに!
エレベータはゆっくり上へ上がり、街の明かりが小さい星のように見え始めた。
その夜景を眺め、感動している彼女が無性に愛しく思え、後ろからそっと抱きしめ、
『アヤ!こんなボクだけど、ずっとそばにいてくれ。一生かけてアヤを守り、幸せにする。』と言った。
彼女は優しく微笑み、ボクの唇に軽くキスをした。そして何も無かったかのようにエレベータは展望室へと到着した。
展望室は360度の夜景を見ることができ、展望を楽しみながらの喫茶ルームもある。
その喫茶ルームから夜景を眺めながら、『さっきの話だけど、ボクと結婚しよう!』と彼女の瞳を見て言った。
だけど彼女はさっきと同じように優しく微笑むだけだった。
結局、彼女はボクの言ったことをどう受け止めているのか、分からなかった。きっと冗談だとしか思われていないに違いない。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、気が付くと展望室にはほとんど人影がなかった。
下へ降りるエレベータも二人っきりになり、夜景が徐々に街明かりに変わるのを眺めていた。
そんな時、彼女はボクの腕をぎゅっと引き寄せ、
『うん。こんな私だけど…。眼の病気…迷惑かけちゃうかもしれないけど、それでもいい?』と突然言い出した。
ボクもあわてて、『もちろん!全てを受け入れ、愛してるから!アヤの眼になるよ!』『ありがとう。一生ついて行きます。』
と言うことで、彼女はその1年後のクリスマスにボクの妻になりました。
今は、1人の子供と来年産まれてくる2人目のために、夫婦そろって頑張ってます。

ちなみに妻の眼の進行は薬のおかげか、ほとんど進行せず、幸せに暮らしています。

               蓮くんのパパ



☆☆☆



皆様、オヤスミナサイ…。



関連記事

失恋、別れなどに関する言葉 

失恋中の方、

失恋しかかってる方、

失恋はしていないけど、現在進行中の恋愛に不安がある方。

そんな人たちのために、そして私のために、



失恋、別れ、片思い、などに関する言葉を集めてみました。

少しでも元気になってくれれば幸いです…。



☆☆☆


愛する事を教えてくれたあなた。今度は忘れる事を教えて下さい。

               アイリス・マードリック


女にこりるのは1度でたくさん…
だれもそう思いながら2度3度とくりかえす。

               田中絹江


恋の味を痛烈に味わいたいならば、
それは片思いか失恋する以外にないだろう。

               亀井勝一郎


恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる。

               ウディ・アレン


愛する勇気がある者には、かならず苦しむ勇気がある。

               アンソニー・トロロップ


言えるなら言って「愛してない」と。それを聞いたらあなたの人生から出て行くわ。

               映画「グッド・ウィル・ハンティング」から


私たちは、完璧な恋人を探そうとして、時間を無駄にする。
完璧な愛を育てようとはせずに。

               トム・ロビンズ


男は別れの言い方が分からない。女はそれを言うべき時が分からない。

               ヘレン・ローランド


ひとを一度も傷つけることなく、誰かに一度も悲しい思いをさせることのない人生は、
この世にあるのだろうか。わたしにはわからない。
誰からも傷つけられたことがなく、悲しい思いを一度もしたこともない人生は…
よかったね、とは思うけれど、幸せだったね、と言えるのかどうか、わからない。

               重松清 「カシオペアの丘で」


男女の仲というのは、夕食を二人っきりで三度して、
それでどうにかならなかったときはあきらめろ。

               小津安二郎


人は、人生が公平でないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。
そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ。

               スティーブン・ホーキング


女の性格がわかるのは恋が始まる時ではない。恋が終わる時よ。

               ローザ・ルクセンブルク


誰も好きになれないという寂しさより、誰かを好きな切なさのほうが人は大きくなれるような気がします。この人が好きデス。そう胸を張って言えるほうがずっとずっと素敵…」

               一般人の投稿より


もはや愛してくれない人を愛しているのはつらいことだ。
けれども、自分から愛していない人に愛されるほうがもっとずっと不愉快だ。

               ジョルジュ・クールトリーヌ


人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。それでも人に恋するのだ.。

               ミュッセ


わたしは、幸せにしてもらいたくて、あなたを好きになったんじゃないんですよ。
あなたを好きになったから、いつも幸せな気持ちでいられたんですよ。

               小説「月と貴女に花束を」から


嫉妬は常に恋と共に生まれる。
しかし必ずしも恋と共には滅びない。

               ラ・ロシュフーコー


恋わずらいの人は、ある種の病人のように自分自身が医者になる。
苦悩の原因をなした相手から癒してもらえることはないのだから、
結局は、その苦悩の中に薬を見出すのである。

               マルセル・プルースト


上手に別れられるなどということは、まったく稀なのだ。
そういうのは、ちゃんとうまくいっていたら、
別れたりはしやしない。

               マルセル・プルースト


失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる。

               ウルスラ・アンドロス


これだけは、覚えておきなさい。
何もかも失ったと思える瞬間でさえ、あなたの未来は残っているということを。

               ボブ・ガダード


恋の喜びが結局悲しみをもたらすということは、
もういろいろな女の例ではっきりしているんですもの。
私は恋も悩みも両方捨てますから、悪いことも起こらないでしょう。

               ニーベルンゲンの歌


愛することによって失うものは何もない。
しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。

               アンジェリス


愛してその人を得ることは最上である。
愛してその人を失うことは、その次によい。

               ウィリアム・メークピース・サッカリ


与えようとばかりして、もらおうとしなかった。
なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。
ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。

               ゴッホ


恋愛は幸福を殺し、幸福は恋愛を殺す。

               ミゲル・デ・ウナムーノ・イ・フーゴ゙


二人の人間が愛し合えば、ハッピーエンドはあり得ない。

               アーネスト・ヘミングウェイ


恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。
でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる。

               ウディ・アレン


過ぎ去った恋の思い出は、それが強く記憶にとどまっている時には、恋をしていた時にも劣らず魂を奪うものである。

               ジャン・ルイ・ヴォイドワイエ


恋は気がつかないうちにおとずれてくる。
われわれはただ、それが去っていくのをみるだけである。

               ドブソン


あーして欲しい、こーして欲しいって言いだしたら、
相手も自分も追い詰めるよ。

               漫画「ご近所物語」から


女性が綺麗になる方法は二つあります。
「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。

               浜尾朱美


恋をして恋を失ったほうが、
1度も恋をしなかったよりもましである。

               テニソン


人は反感から愛へ向かう。だが愛することから始めて反感に達する場合には、けっして愛には戻らない。

               バルザック


私の愛人が他の男によって幸せになるのを見るくらいなら、
私はその女が不幸になるのを見たほうがマシだ。

               ボワンスロ


恋とは巨大な矛盾であります。
それなくしては生きられず、しかもそれによって傷つく。

               亀井勝一郎


女性が綺麗になる方法は二つあります。
「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。

               浜尾朱美


深く愛していたものを憎むことはなかなかできない。
火は消し方が悪いと、まもなく、また燃え上がる。

               コルネイユ


恋の苦しみは、あらゆるほかの悦びよりずっと愉しい。

               ジョン・ドライデン


ある毒素が他の毒素によって追い払われるように、
恋は他の恋によっていやされる。

               ジョン・ドライデン


失恋すると、5年後に素晴らしい事が起こります。
エレベーターに乗ったら、ハゲて太ったあの人がいて、
葉巻をくゆらせながら「ずいぶん長いこと会わなかったね」なんて言ってたりするの。

               フィリス・バテレ


別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。
花は毎年必ず咲きます。

               川端康成


もちこたえなさい、誰のせいにもするな、変えられないことは。

               パブリリウス・シルス


人生には、全てをなくしても、それに値するような何かがあるんじゃないだろうか。

               映画「風とライオン」から


愛されたいと願うのは、愛したい気持ちが足りぬから。

               吉田拓郎


幸せじゃない瞬間も含めて、幸せだと思います。

               藤原基央


恋の悲しみを知らぬものに恋の味は話せない。

               伊藤左千夫


恋をするとだれでも自分を欺くことから始まり、他人を欺くことで終わるのがつねである。
これが世の、いわゆるロマンスである。

               モーリス・トンプソン


恋の火は、ときとして友情の灰を残す。

               レニエ


愛されることは幸福ではなく、愛することこそ幸福だ。

               ヘルマンヘッセ


恋愛は戦争のようなものである。始めるのは容易だが、やめるのは困難である。

               メンケン


そんなのは失敗じゃない! ただ他の人より遠回りしただけだ!
遠回りする分、いろんな世界を見れるじゃないか。

               作者不詳


この世で人を疲れ果てさせるものは、自分を偽る心です。

               アン・リンドバーグ


恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。

               テニソン


☆☆☆




でもね。

失恋は、はっきり言って慰めようがない。

ただただ、耐えるしかないのです。

大好きな人が離れていってしまうんですから、どんな言葉を聞いても元気になんかなれるわけがない。


諦めるべきか諦めるべきでないかは、どれだけ相手の人のことを好きであるかにかかっている。




客観的に見て、別れた方がいいケースというのもある。

そういう場合は、本人たちが思ってるよりはお互いに相手のことが好きじゃなかったりする。



一緒の骨壷に入りたいとまで思うなら、ギリギリまで頑張れ。

そこまでは思わないなら、さっさと別れて新たな一歩を踏み出す方がいい。



もう、寝ます。

オヤスミナサイ…。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。