下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

月別アーカイブ

 2008年03月 

ガソリン騒動の責任 

ガソリン税(揮発油税+地方道路税)というのは、蔵出し税といって、製油所から出荷された時点で課税されるのだそうだ。

3月中に出荷されたガソリンには暫定税率が適用されるわけだから、それを4月に入って販売する場合には、本来であればその分を上乗せすべきであろう。

ところが、報道によれば4月1日からいきなり値下げするガソリンスタンドが続出しそうな気配である。

色々悩ましいところだと思いますが、よそが20円近く値下げしてても、高いままのガソリンを悠然と提供し続けるというのも1つの考えでしょう。

その代わり、「暫定税率が再び適用されても、再適用前の安い値段のガソリンの在庫が尽きるまでは、値段を元の値段に戻しません。」とメッセージを発するのだ。

こうすれば、さほど「高い店」というイメージが付くこともないでしょう。


しかし残念ながら、現実はもっと厳しいようです。

私を含め大多数の人はやはり、その時々で一番安い店に行くでしょうから。



とにかく価格差20数円は大きすぎるのだ。

いくら馴染みの店で愛着があっても、近くにリッター当たり20円安い店があれば、そちらに行ってしまうのは自然な心理だ。

結局、税率を上乗せされたガソリンを4月1日から上乗せなしの料金で売り始め、かつ、暫定率復活後も復活前に仕入れた在庫が尽きるまでは安いままの値段で売り続ける、という店が相当出るものと思われます。

客を獲得するビッグチャンスでもありますからね。

こうなると、身を削っての壮絶な価格競争に突入する可能性が高いでしょう。

まさに生きるか死ぬかの勝負である。



ガソリンスタンドも気の毒だけど、一番戦々恐々としているのは運送業界かもしれません。

ガソリンが品切れになったら仕事になりませんからね。


まあ、あくまで一時的なことだとは思いますが、こういう時は大手が断然有利でしょう。

大手はスケールメリットを活用するなどして無駄なくガソリンを確保できると思いますが、中小企業ですと無駄に高いガソリンを備蓄してしまう恐れや逆にガソリン不足に陥る恐れがあるでしょう。

自民党と民主党の意地の張り合いのとばっちりが、最終的にガソリンスタンドや運送業者に回ってきているということになりますが、道路特定財源という巨大な利権を崩す端緒となる可能性があるのですから、なんとか耐えていただきたいものである。

民主党の支持者ではありませんが、この件に関しては民主党に突っ走ってもらいたい。

「安いガソリンで二酸化炭素の排出を助長していいのか。」とか屁理屈をこねる前に、まず無駄遣いを徹底的に取り除く施策を提案してくださいよ、福田総理。

古賀や二階など蹴散らして、国民の目線に立って判断をしてほしいところです。

関連記事

採便のゆくえ 

明日は採便せねば。

あさっても採便して、そして二日分を医者んとこ持って行かねば。


大腸検査のために採便するわけですが、渡された「正しい便のとり方」という説明書によれば、洋式トイレで採便する場合は反対向きにまたがれとのこと。

上手くできるか若干の不安はあるけど、和式トイレで採便するためにわざわざ西友に行くのもアホらしい。

折りたたんだトイレットペーパーを敷いて、反対向きに座って、狙いを定めて排便だ。

まあ、案ずるより産むが易しかな…。


関連記事

腹で何かが起きている… 


今年になってからだろうか。腹の違和感、というか膨満感が続いている。

単に太って腹が出たというだけじゃ説明できない何かが進行しているようだ。

食後に胃がもたれることも多くなった。 便も下痢っぽいことが多い。


太って腹が出てくると膨満感を感じるものだと何の根拠もなく自分に言い聞かせてきたけど、やっぱりこりゃ変だ。




でも、何を検査したらいいのか見当がつかない。

まず、何を検査すべきかを聞くために病院に行くべきなのだろうな。



小腸に腫瘍でもできたんかな?

とにかく内科に行かなくては。

関連記事

ガソリン税の暫定税率は廃止でよいでしょ。 


国会がすったもんだやってますね。

自民党は「年度内に一定の結論を得る」との議長あっせんを楯に取って民主党を攻め立てているわけですが、個人的には民主党に粘ってもらいたい。

ガソリン税(揮発油税)の暫定税率維持を除けば、民主党も租税特別措置法の改正に別に異論はないわけだから、自民党はさっさと法案を分割して、一致している部分を成立させるべきでしょう。

租税特別措置法と聞いて、私が真っ先に思い浮かべるのはやはり登録免許税です。

租税特別措置法第72条第1項に次のように規定されています。


(土地の売買による所有権の移転登記等の税率の軽減)
第七十二条  個人又は法人が、平成十八年四月一日から平成二十年三月三十一日までの間に、土地に関する登記で次の各号に掲げるものを受ける場合には、当該各号に掲げる登記に係る登録免許税の税率は、登録免許税法第九条 の規定にかかわらず、当該各号に掲げる登記の区分に応じ、当該各号に定める割合とする。

一  売買による所有権の移転の登記 千分の十
二  所有権の信託の登記 千分の二



本来、不動産については、「相続又は法人の合併」や「共有物の分割」による場合以外の所有権移転登記について、不動産の価格の「千分の二十」の登録免許税を課していたわけで、

これを半分にする特別措置がなされていたというわけです。


いったんこの特別措置が終了としても、いずれ復活する公算が強いわけですから、

駆け込み的に登記手続をする必要はないと思われますが、こういったことに気付かないまま高い登録免許税を支払わされる人もいるんだろうなと思うと、気持ちは重くなります。

土地や建物を売買しようとしてる人は、国会の状況をしっかりと注視する必要がありますね。

新聞記事では、こんな↓感じで報道されています。



☆☆☆


2008年3月25日(火)22:10 読売新聞

 ガソリンの暫定税率などを維持する租税特別措置法改正案を含む税制関連法案が、3月末までの成立が難しい情勢となり、ガソリン以外の分野にも影響が広がりそうだ。

 国内の金融機関が海外から資金を調達し、海外で運用する「東京オフショア市場」では、租税特別措置で、海外投資家が得る利子を非課税にしている。3月末の期限を延長しないと、15%の源泉所得税が課され、「東京市場から非課税のシンガポールや香港などに海外投資家が流出する恐れがある」(大和総研の吉井一洋・制度調査部長)との指摘がある。

 また、プラスチックや合成繊維など石油化学製品の原料であるナフサも、3月末で石油石炭税の免税措置が切れる。本来の税率である1キロ・リットルあたり2040円が課されると、「業界全体で年間1100億円のコスト増」(石油化学工業協会)となる。

 ナフサについては、25日の衆院本会議で関税関連法案が可決され、年度内成立のめどが立った。関税を課さない暫定措置が延長されることで、関税部分については負担が増える事態は避けられる。

 しかし、石油石炭税の負担増が小売価格に転嫁されれば、生活関連品の値上げにつながり、消費者にツケが回る可能性もある。

 海外で買った紙たばこやウイスキー、ブランデーなどの酒にかかる税は、4月以降、今よりも負担が重くなるケースが増えそうだ。

 こうした事態は、ガソリン税を巡る与野党対立の影響がより深刻化していることが要因だ。民主党はすでに、道路特定財源以外の租税特別措置については延長する法案を参院に提出しているが、与野党対立をめぐる国会戦術で、こうした法案もガソリンの暫定税率などの道路関連と同様に今月末までに参院で採決しない姿勢を強めている。


☆☆☆



さて、ガソリンが安くなったらどうしましょう?

とりあえず満タンにしますよねぇ…。

ドライブ旅行なんかも前倒しでやる人が増えるかも。



旅行者が増えれば、地方に落とされるお金も増えますわな。

運輸関係の企業もニコニコ顔だ。



そもそも、ガソリン暫定税率がなくなることで誰が困るんだ?

道路族議員や一部の腐れ官僚、そして利権にぶら下がる土建企業が大半なんではないのかな?


道路特定財源の無駄遣いが毎日のように報道されていますが、こんな状況ならいったん暫定税率を廃止してもいいと思います。

いったん元に戻せばいい。


諸外国と比べて必ずしも高くないといわれるガソリン税ですが、消費税とガソリン税の二重課税の問題は放置されたままである。

こんな怪しげな税金は、廃止していいでしょう。

景気も良くなるだろうしね。



この件に関しては、東国原知事に賛同できませんね。

税率維持に躍起になっていますが、結局宮崎県のことしか考えていない。

それじゃ、票目当てに地元への利権誘導にあくせくしてる一部の背徳国会議員と何にも変わりませんよ。


国民の血税を使いたいというのであれば、その国民の目線に立って物事を考えるべきです。




でも、応援してますよ。 東さん。

橋下知事も応援してますが、東国原知事も応援してます。


両名ともまだまだ試行錯誤でしょうけど、頑張ってもらいたいところです。


関連記事

久々にシーパラダイス。 


一昨日、久しぶりに八景島シーパラダイスに行ってきたので、ここにその記録を記す。

Kさんの長女の小学校卒業記念も兼ねたお出かけで、Kさんと娘さんと私の3人でのドライブであったが、高速運転恐怖症が治りきっていない私は、行き帰りの運転をKさんに任せることとなった。

天気はどんより曇っていて、風がやけに強い。


予定通り、12時過ぎには現地に到着し、アクアミュージアム+ドルフィンファンタジー+ふれあいラグーンの3施設を利用できるチケットを購入。

まずは水族館だ。


何度も来ているので特に新鮮味はなかったけど、クリオネとタツノオトシゴはやはり見てて楽しい。


「流氷の天使」と呼称されるクリオネですが、調べてみますと和名は「ハダカカメガイ」といって、なんと貝の一種だそうです。貝といっても殻を持たない貝であって、ナメクジと似たような生き物だとか。

学名であるクリオネ・リマキナの「リマキナ」はナメクジを意味するとのこと。 うーん、知らない方がよかったかもしれん…。


タツノオトシゴも相変わらずへんてこだ。背中の小さなヒレだけが動力源といった感じで上下左右にのらりくらりと動いてた。

こんななりでも 一応魚の一種らしい。



ひととおり見た後、午後一時から始まるショーを見るため、アクアスタジアムへ向かった。

売り子さんから、あげかまやフライドポテトを購入してスタンバイしていたが、フライドポテトは異様にまずかった。

なにより塩気が全然足りない。

「マイ塩」を持ち歩く必要性を痛感したが、とにかく腹が減っていたので胃に押し込んだ。


ショーが始まった。

桃太郎のパロディ仕立てのようなショーが展開されたが、出演していたアザラシの一頭が途中で言うことを聞いてくれなくなって、司会のお姉さんは困っていましたが、お客さんは逆に大盛り上がり。

なんとか事なきを得て桃太郎の部は終わりましたが、ちょっとしたハプニングでした。


イルカのきりもみジャンプも見応え十分。

日頃どんな厳しい訓練を受けていることやらと勘ぐってしまうほど、見事に調教されていました。

どうやってここまで調教できるのか、非常に興味深いところです。


もちろんシロイルカも登場。

その際は、司会のお姉さんもどっかへ行ってしまい、二匹のシロイルカとウェットスーツを着た二人のお姉さんによる静かなショーが演じられた。

なんともカワイイ顔つきである。 お姉さんじゃなくてイルカがね。いや、お姉さんもね。

… 

別にお姉さんのフォローをここですることもないか。 顔なんて全然わかんなかったし。




とにかく、ショーはよかった。

でもすっかり体が冷えてしまった。 なんせ、常時風が吹き付けていましたからね。

夏以外は要注意ですな、あそこは。



えーと、その後はフードコートに行ったんだったかな?

みんなで食べようとして坦々麺の大盛りを注文したところ、誰も食べてくれず、

「残しちゃだめ」という厳しいアドバイスに従って、全部平らげた。

やはり、しっかり相手の意思を確認してから行動に移すべきですね…。



さて、ふれあいラグーンだ。

ツアーの予約は早々と埋まっていたので、イルカに触ることはできなかったが、唯一ペンギンの背中に触ることができました。

背中に触る際にちょっとこけてしまい、少し強く押してしまいましたが、ペンギンさんは気にしてないようでした。係りのお姉さんはどう思ったか知りませんが。


シロイルカも二匹いましたが、さっぱり近寄ってくれませんでした。

普通のイルカもさっぱり。

やっぱツアーに参加しなきゃ無理だね。こりゃ。



あとは土産物屋をぶらぶら見て終了。

じゃないや、ドルフィンファンタジーに寄ったんだ。


話に聞いていたとおり、円柱型の水槽で泳いでいたシロイルカは少し寂しそうでした。

やっぱ狭いですわ。あの図体にこの水槽は。



ふれあいラグーンのイルカもそうでしたが、水槽が狭すぎるわい。

伊豆のバイオパークにいたロバの悲しげで虚ろな目を見て以来、動物園とか水族館の人間が残酷に見えてならない。

本人たちはもちろん悪気なんてないんだろうけど、真の意味で動物をいたわる心のある人は、とてもあのような仕事につけないのではないだろうか?

こんな言い方は極端で一方的かもしれませんね。

私が何をしてやれてるわけでもありませんし…。



ああ、なんだかまた話が脱線してしまった。


最後まで鼻がずるずるだったけど、

またKさん達との思い出が一つ増えて良かったです。

今度は夏に行ってみたいと思う。


関連記事