下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

ジッドの言葉  「偽りが愛されるよりも…」 

≪ジッドの言葉≫
 

☆☆☆

あなたの真実が嫌われるのは、
 あなたの偽りが愛されるよりもいい。


             アンドレ・ジット

☆☆☆


ジッドという人は1869年生まれのフランスの小説家で「狭き門」「背徳者」などの作品で広く世界に知られています。「狭き門」ではノーベル賞も受賞しています。

私としてはややストイックなイメージを抱いています。

さて上に掲げた言葉。
人から低評価を受けたり、非難されたり、排除されたりしたときに前進する力と勇気を与えてくれます。
もっと具体的に言えば、たとえば、
職場で浮いてしまいものすごく居づらい状況になったとき、
近所づきあいで何か失敗をして完全に孤立してしまったとき、
自分のダメな性格を悲しみ、世間が恐ろしく感じるとき、
あるいは、
失恋したとき、でしょうか。

そんなときこの言葉を思い出しますと、
ずいぶん気分が軽くなります。

一般的に「○○よりはましか!」などと思うと楽になったりするものですが、結局気休めに終わる場合も多いと思います。

それはおそらくその「○○と比べればまし」という考えをどれだけ深く納得し、感得し、体得できるかということにかかっているでしょう。

本人の資質と、そして言葉の力。

この二つを合わせたものが弱いと、
気休めで終わってしまうと、そう思います…。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/13-aa70a437