下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

ベートーベンの言葉  ビジネスをする人に向けて 

≪ベートーベンの言葉≫
 

☆☆☆

つねに行為の動機のみを重んじて、帰着する結果を思うな。
報酬への期待を行為のバネとする人々の一人となるな。


          ベートーベンの手記より

☆☆☆


いわずと知れた大作曲家ベートーベンの言葉です。司法書士試験という国家試験を今年の7月に受験し(ちなみに発表は9月28日だったりする。)、その後、来年の受験を前提に生活のスタイルを模索している私には実に重い言葉でした。

どこかで聞いたような言葉ではあるのですが、あのベートーベンの言葉として聞くと、なぜだか心にずしりと響きます。

近年は、起業熱といいますか、自分で何か商売を始めようという人たちが増えてきていますね。
年金問題や所得格差の増大などを原因とする経済面の不安を解消したいという願い、来年施行の新会社法などによる起業環境の改善、などその動機としてはいろいろ考えられますが、日本の将来を考えると肯定的に受け止めるべきものでしょう。

そんな状況にあっては、やはり結果を求め、結果から逆算して行動を始め、そして結果に左右される、ということが少なくないでしょうし、また、往々にしてそれが「普通」だと捉えられる傾向にあると思います。

もし上のベートーベンの言葉に近い言葉を吐く人がいたとしてもどうでしょう。「動機を重んじよ。そうすれば結果はついてくる。」というような感じになってしまうのでは?

それでは結局、結果を気にしていることに他なりません。

べートーべンは、「動機を重んじよ。結果がどうなるかは、動機が何であるかに比べれば、とるに足らないことである。」と言っているように私は思います。

ビジネスをするにあたっては、このような言葉を心に留めておくことが適切なバランス感覚の保持に資するのではないかと思います。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/14-9e235035