下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

木村拓哉の名言 

木村拓哉といえばキムタク。


私といえばマエタク。

彼女の子供たち(私の未来の子供たち)にそう呼ばれ続けてはや3年半。

そのせいか、木村拓哉さんには奇妙な親近感があります。

「an an」という雑誌だったかな? 
もう10年以上も「抱かれたい男No.1」なんだそうですね。

噂ですが、本当は途中からNo.1ではなくなったそうな。 でもキムタクがNo.1から落ちるということは、キムタクがキムタクであるがゆえに、キムタクにとっては大打撃ですよね。

No.2でもすごいことなのですが、No.1から落ちたというだけで「木村拓哉の時代は終った」と受け取られかねない。

「キムタク」であるということは我々が想像する以上に大変なんだと思う。

一つ一つの発言にも気を遣うことにもなりましょう。


正直言えば、私はスマップをあまり好きではないのですが、

木村拓哉と稲垣吾郎はわりと好きなんです。


というか実は吾郎ちゃんを応援しています。

その吾郎ちゃんをスマップのなかで一番理解してくれていると思うのが木村拓哉さん。なんとなくそう思うだけですけどね。

吾郎ちゃんを理解してくれているからというより、理解できるほどの懐の広さを感じるから、木村拓哉さんに好感を持っているという感じですね。


さて、

ネットで拾った木村拓哉さんの名言を少し紹介したいと思います。



『グループやってくんだったら、溜めてくと絶対に無理だと思う。』

…… うーん。かなり本音の部分かもしれませんね。



『人からはいつまでも不良って呼ばれる人間でいたい。だから、俺はこの仕事を続けていくんだろうし、キムタクをやっていくんだと思うよ。』

…… キムタクをやっていくことに自己矛盾はなさそうですね。従来のキムタクも新しいキムタクもやっぱり「キムタク」なんでしょうね。



『自分の心からやりたい事を、どれだけ自分の中に持ち続けれるか。思い続ける時間も必要なんだな。今は何か障害があったり、都合がつかなくて実現できなくてもあきらめないし、あせらない そして、「いつかもっと大きな形で実現してみせる!」って思うんだ。思い続けてさえいれば、いつか時期が来て実現できることも、きっとあるって。』

…… 月並みなことを言っているようですが、妙に心に響く言葉です。キムタクらしい言い回しだと思います。



  神様からの2番目の奇跡は
  一緒に生きていく人と
  知り会うタイミング。

  恋愛だけじゃなくて、
  自分にとって素敵だなと
  思えた人と出会えた瞬間。
               』

…… キムタクというスパイスのかかった素敵な言葉だと思います。神様からの1番目の奇跡って何なんでしょうね?




また木村拓哉さんのいい言葉があったら紹介しますね。

では。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/143-f501a2aa