下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談恐怖・対人恐怖の改善策をいくつか。 

雑談恐怖というのは、文字通り、人と雑談あるいは談笑することに対する恐怖心のことを言い、これがひどくなると神経症の一種として分類されることになります。 

私も今はかなり軽減されましたが、これに苦しんだ時期があります。必要以上に緊張して会話が不自然になってしまうこともしばしばでした。

森田療法を実践するなど、神経症として治療していくことも一定の効果はあると思いますが、経験的に言えば、いろいろな思い込みや心のくせを一つ一つ修正していくことが欠かせないと思います。

雑談恐怖を克服するにあたって心に留めておくべきと思うことをいくつか挙げてみます。
「雑談恐怖」というとなんだか大げさなので「雑談不安」と呼ぶことにします。

1.
悪い雑談もある

雑談不安のある人は誰かが楽しそうに談笑しているのを遠目に見て落ち込んだりしがちですが、談笑の内容というのは様々で、「こんな談笑なら加わらないほうがまし」というような談笑だってたくさんあるわけです。
・その場にいない人を馬鹿にして喜んでいる雑談
・耳をふさぎたくなるほど下品な雑談
・本音を隠した全くうわべだけの雑談
などなど、こんな雑談に加わって笑っているよりは凛として黙っているほうが、私からすれば人として魅力的に感じます。
まずは、「談笑に自然に加われる事 = 善」という思い込みを取り除くことが第一歩です。


2.
勝手気ままにふるまうほうが良いときもある

雑談不安・会話不安のある人は、相手の話のペースに合わせがちですが、これがあまりよろしくない。「自分が話したいことを話し、自分が聞きたいことを聞く」というスタンスを大事にすることで、自分も相手も会話が楽しくなってきます。
もちろんあまりに一方的に自分のペースで会話をすることはタブーです。聞き上手の人は好かれると言われますが、相手の言葉をしっかりと胸にキャッチしてから言葉を発するというのはやはり基本でしょう。とにかくしゃべりたくて相手の言葉をろくに受け止めずにどんどん話を続けるというような人は案外多いと思いますが、これでは相手が疲れてしまいますし、会話は弾みません。
しっかり相手の言葉を受け止めるということ忘れずに、しゃべりたいことをしゃべり聞きたいことを聞く、ということです。
「話、急に変わるけど、」とか、「メイド服って着てみたくない?」とか、いいと思いませんか?

一見、簡単なようですが、
その人の家庭環境や性分が影響して人によっては相当に難しい場合があると思います。抑圧的な親子関係の中で育ってきた人などはこのような自由な会話がなかなかできないのではないでしょうか?

自分の心につながれている鎖を見つけることも重要です。


3.
苦しみは後々になって甘美なものとなり、またお金では買えない貴重な財産となる

雑談不安を多かれ少なかれ持っているあなたは、同じような苦しみを抱いている人にとってはとても近づきやすい存在であり、また安心感を与える存在でもあります。人の苦しみに共感する力、人の痛みがわかる力というのは、その苦しみや痛みを経験することで培われていきます。経験したことがなくても想像力を働かせて人の苦しみに共感できる人というのも確かにいるとは思いますし、そんな人は素晴らしいとも思いますが、経験した人というのはやはり言葉に実感がこもっていますし、説得力もあります。

「甘美になる」という言葉は人の受け売りですが、経験して本当に乗り越えた苦しみというのは甘美な記憶となってその人の心に宿る、というような意味です。なんとなくですが納得できる言葉です。

人は、表面上幸福そうに見えても実に様々な悩みを抱えているもので、長い人生をひっくるめて考えれば、割と平等なように思います。雑談不安という苦しみが今あなたを悩ますことがあるとしても、あまり重く考えないことです。

「みんないろいろ苦しみがあるけれど、私には雑談不安という悩みが割り与えられている。私が本当の私になるためには必要なことなのかもしれない」

などと前向きに考えると道が開けてくると思います。


以上、三つに分けて私の考えを述べてきましたが、もし何か他にいい改善策をお持ちの方がいましたら、ぜひ教えてください。

長い文章になってしまいました。
ご閲覧ありがとうございました。




コメント

初めまして

トラックバックありがとうございました。
ちょっとトラックバックの内容が違うように表示されていたので、一応削除させて頂きました。
間違えてもいいので、またトラックバックしてくださいね☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/21-38a8c433

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。