下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

薮本アナ&杉村先生、ブログは怖いですね…。 

元日本テレビアナウンサーの藪本雅子さんのブログが炎上したそうで…。後輩の炭谷アナをかばうような内容の記事を書いたのが原因だそうです。「盗撮で思う」と題する記事だったそうですが、薮本さんは一応「やってしまった行為を擁護するわけではないのだけど、」と冒頭に書いていたわけだから、炎上させるほどのことはないような気がします。

彼女の主張は「男の子は、それはもう幼稚園の頃から、女の子のパンツが見たくて見たくてしょうがない生き物である。」という言葉で始まっています。

男がそんな生き物であることを分かっているくせに、パンツが見えそうな格好をわざわざしている女性たちも多少悪いんではないか、ということである。

賛否両論あるとは思いますが、基本的には盗撮は立派な犯罪行為ですから、盗撮をした炭谷アナウンサーを擁護する余地はないようにも思える。

盗撮が有罪なのは動かないとして、一種男を誘惑することにもなる露出女性たちは無罪でよいのか?

もし何かしらの罪があるとしたら、その罪状は何であろうか?


刑法では「教唆」をした者を、すなわち罪を犯すことをそそかした者を「教唆犯」として罰することにしていますが、彼女たちはこの「教唆」をしたことにならないのであろうか?

結論から言うと、教唆をしたことにはなり得ない。

刑法上は。



しかし、ある意味では、そそのかしていると言えなくはない。

太ももをあらわにした女性が電車とかで目の前に座っていたら、やっぱりつい見てしまったりする…。

見るだけでは犯罪にはならないけど、これと盗撮との境目ってあんまりないような気がする。

女性には理解しがたいかもしれませんが、いわゆる「盗み見」というのを男はしたりするのである。

スポーツ新聞を見てるようなフリをして、その下にニョキっと出ているおみ足をなめるように見ていたりする…。


これと盗撮の違いって、本質的にはないような気がします。

逆に女性に聞くけれど、

盗撮されたくないんだったら、盗撮されないような格好をしたらどうでしょう?


スリの場合で言ったら、満員電車で上着のポケットから札束をのぞかせているようなもんです。

厳密に言えば、どんなに無防備であってもその無防備にしていた人が罪に問われることはない。

しかし、その無防備にしていた人がスリ行為を声を荒げて非難する資格があるだろうか?

世の中悪い人がたくさんいることを承知していながらそんなに無防備にしているのは、悪質な「教唆」と言えないだろうか?

いつの日か、こういった考え方が主流になるような気がしないでもない。

でも、20年後ぐらいかな…。
当面はあり得ないでしょうね。

女は露出して男性を惹きつけたい(すべての女性ではありませんが)、男は露出された体を見たい、ということでは反対者が存在しませんからね。

痴漢は擁護する余地はまったくありませんが、盗撮については少し擁護したい気にもなります(但し、赤外線カメラによる盗撮やスクール水着なんかの盗撮は擁護しません…。)。

女性はもっと自覚すべし、です。

短いスカートは男性を犯罪にいざなうことがあるということを、しっかりとわきまえてほしい。


でも、短いスカートは疲れ果てた男の心のオアシスだったりするんで、やっぱりスカートは短い方がいいかな…。

やっぱり短い方がいいなあ…。


支離滅裂ですみません。

でも、スカートはやっぱり短い方がいいなあ…。


話は戻りますが、杉村太蔵先生がブログでの盗作疑惑でずいぶん叩かれているそうな。

ブログは怖いですね。

杉村先生、一応ブログで言い訳をしていましたが、はっきりいってダメな言い訳です。ほとんどの人が納得しないんではないですか? 捏造でした、はっきり言った方が結局はいい結果を産むような気がします。

そういう意味では、あくまで罪を認めないホリエモンと共通するものがあります。

杉村先生の言い訳は次のとおりです。


☆☆☆

本日、5月10日付の私のブログの内容が、代々木ゼミナールの吉野先生の本の内容と似ており、盗用ではないかとのご指摘をいただきました。
ブログの内容は、私自身の実体験に基づいて書いたものですが、吉野先生の本を読んでいた影響もあり、結果として内容があまりに似るものとなったことは事実であり、この点に関しては、率直に申し訳なく思っております。
吉野先生と連絡を取り、事情を説明させていただきましたところ、先生よりご了解をいただき、また励ましのお言葉をいただいた次第です。
いずれにしましても、今回のような事を二度と起さぬよう十分気をつけてまいります。
改めまして、関係者の皆様にお騒がせいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

☆☆☆


なんともしっくりこない言い訳です。

でもまだ若いから許してあげましょう。



ニート問題頑張ってくださいね、杉村先生…。



コメント

コメントどうもありがとう。

ホリエモンにしろ太蔵先生にしろ、一般市民の受け取り方というのを想像するのが苦手のようです。

太蔵先生はまだ若いから「若気のいたり」ですむかも。

ホリエモンはもうダメかな…。なんで罪を認めないんだろうね。

裁判で勝っても世間は誰も認めないと思われます…。

まだ間に合いますけどね。


また気が向いたら、
遊びに来てください♪

はじめまして。
>捏造でした、はっきり言った方が結局はいい結果を産むような気がします。

すげぇ!
この通りにテレビで立ち会見しているのを見ました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/340-e36afdb2