下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の格言・ことわざ」がとりあえず完成! 

「世界の格言・ことわざ」といっても9ヶ国について完成しただけです。フランスとかイギリスとかはわりと集めやすかったんですが、インドは結構探すのに苦労しました。

この分だと、アルゼンチン、南アフリカ、フィンランドあたりは相当難しいだろうな、と感じます。

意外とないんですよね。情報が。


北朝鮮とかコンゴとかパプアニューギニアとかってなってくると、ほとんど絶望的。

マサイ族、ドゴン族ってなってくると、わりと知名度があるので格言やことわざを探しやすそうです。

えっ、ドゴン族を知らない?

あのドゴン族の神話を?



やっぱり、知らない人がほとんどかもしれない。

「ムー」の読者とか、宇宙考古学に興味のある人なら結構知ってるとは思うんだけど、

極めて高度な天文学の知識が先祖代々伝えられていることで有名な部族で、アフリカのマリ共和国に住んでいます。

彼らは、決して肉眼では見えないシリウスの伴星「シリウスB」の存在を知っており、さらに、この伴星の主星公転周期をほぼ正確に知っていました。

驚くべきことです。

彼らはほとんど文明と接することなく、今でも「未開民族」のような生活をしているんですよ…。

もっと言えば、このシリウスBという伴星が極めて密度の高い星、つまり「重い星」であることさえ彼らは知っていました。


と、と、

話の流れがとんでもない方向へ行きそうなので、ここらでストップすることにします。

ゼカリヤ・シッチンっていう宇宙考古学者の話とか、ニャントロ星人(「トロ」は恒星を意味します。笑っちゃうネーミングですが。)の話とか、古代核戦争の話とかとつながってくるんですが…。

でも、きりがないのでまた別の機会に譲りたいと思います。

とにかく、「世界の格言・ことわざ」が一部完成したということをお伝えしたかったわけです。

興味があったら、是非のぞいてみてください。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/341-08daf8d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。