下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

日本一短い愛の手紙から 

平成9年出版の「日本一短い愛の手紙」を久々に読み返してみました。

たった2行か3行なのにひしひしと思いが伝わってくる。


気に入ったものをいくつかあげてみます。


☆☆☆

<逝ったお父さんへ…>

あんた、先に逝っちまって 

鎌の研ぎ方教えてよ

だって研いでも切れんもん。

         67歳 女性



男になりたいと思っていた私が、

女で良かったと感謝した。

あなたに出逢えた日。

         16歳 女性



いやな顔せず、 飲み会の小遣いくれたから、

タクシーやめて歩いて帰るよ。

         36歳 男性



肩車 ママの肩でごめんね。 金魚すくいも下手だったね。

でも お祭り 楽しかった?

         33歳 女性

☆☆☆



「男になりたいと思っていた私が、女で良かったと感謝した。あなたに出逢えた日。」


こんな風に彼女に思わせることができたら、

もはや彼女にそれ以上望むものは何もないかも…。


彼女の心がほしい。

ただそれだけだったりする。




でも、こればっかりは、

どう頑張ってもお金では買えない。

彼女次第である。



でも、だからこそ、

一緒にいてくれることが有難いと思えるし、うれしい気持ちにもなる。




こんなのもありました。



<主人から…>

「病気ごと、僕が嫁にもろたるわ。」

あなたからの最初で最後の愛の告白。

         32歳 女性




言葉が伝わったというよりも心が伝わったんでしょうね。

旦那さんへの今の思いも表れていますよね。



結局、飾らない素直な言葉が人の心を動かすということかな。


上手く伝えようなんて思った途端、

それが不純物のように言葉や態度に混じってきて、

気持ちが伝わるのを邪魔してしまうのかもしれません。



ビリー・ジョエルの「素顔のままで」の歌詞にもあるように、

「クレバーな会話」なんていらないってことですね。



そう、


飾らない素直な自分を相手の目の前に差し出してしまおう。

簡単に手にとることができるように。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/411-337b46d5