下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

そうだ、「じじばばの保育園」だ! 

ずいぶん昔から思ってはいたものの、なかなか丁度いい表現が思いつかなかったことがある。

しかし、くさか里樹という漫画家の「ヘルプマン」という作品のなかでピッタリの表現をやっと見つけた。


それが「じじばばの保育園」である。

これでピンとくる人がいたらその人は介護関係の仕事をしている人に違いない。



そう、いわゆる高齢者向けのデイサービスのことだ。

送迎することや食事を出すことが共通なのは言うまでもないけれど、なによりも似ているのがレクリエーションの風景。



たとえば車椅子に座ったままやるボーリング。


みんなで輪になって職員が寄り添って、何か滑り台のようなものにボールを押し出してピンを目指す。


そういったレクリエーションをする時の高齢者たちに対する職員の接し方が何か幼児に対する接し方と似ているのだ。

お年寄りの中には「興味ない」「やる気しない」なんて人もいたりしますが、当然であろう。


なんというか、高齢者の方たちに対する尊敬が感じられないのである。

思いやりもあるし接し方も丁寧だけど、それは尊敬ということとは別である。


彼らは確かにお年寄りを大事にしている。でもそれは保育士が園児を大事にするのと同じ意味である。


あんまり断定的に言うのははばかられますが、往々にしてそうだと思う。

ある意味で「お遊戯」に近いのである。


人生の大先輩である彼ら高齢者たちの尊厳を守ろうとするのであれば、もう少しレクリエーションの内容や接し方を工夫するべきである。

少なくとも自分がやって面白いゲームをやるべきである。


もちろん体が不自由な人が多かったりするとやれることは限られてくる。

でも工夫の余地は結構あるものです。


輪ゴム鉄砲ひとつとっても、今ではライフル風の大きなやつが売ってたりするし、自分で作ってもいい。私も、かなり時間は費やしましたが立派なのをひとつ作ったものです。


とにかく、もっと大人が楽しめる面白いレクリエーションをやっていくべきです。


足が不自由な人があまりいなければ、ベンチサッカーなんかおススメです。普通の大人でも結構楽しいです。


「じじばばの保育園」にしないように現場の人にはなお一層の工夫と努力を期待したい。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/426-24b7bb1d