下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの国家が、ではなく…。 <ケネディの魂> 

今回は、1961年1月20日に第35代大統領に就任したJ.F.ケネディの大統領就任演説の最後の部分を紹介したいと思います。


昔の話ですが、「SIM」という英語教材にこのケネディの演説のテープが付いていて何度も何度も聞いたものです。なんというか信念がひしひしと伝わってくるんですよね。


国家への不満、要望、批判というのはいつの時代でもそれなりにあるものですが、

私は究極的な責任は国民にあると思う。

日本の社会は「主権在民」及び「議会制民主主義」という基盤の上に成り立っていますが、まさに権限のあるところ責任ありです。

ろくな政治家がいないという声がありますが、その人材を育てるのはこの社会であり、また政治家として選出するのもこの社会です。

批判や不満を口にする前に「今まで自分が何をしてきたのか」を振り返ってみることは健全な良心を維持するためにはとても必要なことだと思います。

さて、演説に参りましょう。


☆☆☆

そして、わが同胞のアメリカ人よ、あなたの国家があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたがあなたの国家のために何ができるかを問おうではないか。わが同胞の世界の市民よ、アメリカがあなたのために何をしてくれるかではなく、われわれと共に人類の自由のために何ができるかを問おうではないか。

最後に、あなたがアメリカ市民であろうが、世界の市民であろうが、われわれがあなたに求めるのと同じ高い水準の力と犠牲をここのわれわれに求めて欲しい。良心を唯一のたしかな報酬とみなし、歴史がわれわれの行動に最終的な判断を下してくれることを信じて、神の祝福と助けをもとめながらも、この地球上では神の仕事はわれわれ自身でなしとげなければならないということを肝に銘じて、われわれの愛すべき国を導くために前進しよう。

☆☆☆


ケネディの演説も好きでしたが、キング牧師(マルチン・ルーサー・キング)の演説はもっと好きでした。キング牧師の「I have a dream」という演説です。

キング牧師は黒人運動のリーダーとして人種差別撤廃に尽力した人で、「公民権運動の父」と称されています(ちなみに「公民権運動の母」はローザ・ パークスという人)。


いくつかのフレーズを繰り返して使うあの独特のリズム、そして迫力があってかつ心に響くあの声。何度聞いても飽きませんでした。


今振り返ってみれば、やや芝居がかっていたような気はします。



でも下手すると世界で一番有名な演説です。 ぜひ一度聞いてみることをオススメします。

もし演説のシーンのビデオでも見つけましたら、このブログに載っけてみたいと思います。

…と思ったら見つけました。

こちらでスピーチ全文と音声を聞くことができます。確か16分ぐらいだったと思います。操作盤を一度押してアクティブにしてからスタートボタンを押すだけです。






今日はケネディでした…。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/434-8375f5cd

がんばれ日本~J.F.ケネディ大統領就任演説から

がんばれ日本人 がんばれ東北 And so my fellow Americans, Ask not what your country can do for you. Ask what you can do for your country 1961年1月20日 第35代大統領J.F.ケネディ 大統領就任演説の 有名な最後の部分 『そして、わが同胞のアメリ...

  • [2011/03/13 08:00]
  • URL |
  • 映画「ふみ子の海」(原作/市川信夫・監督/近藤明男・主演/鈴木理子)応援ぶろぐ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。