下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

めぞん一刻がドラマ化!やめてくれ…。 

はっきり言ってドラマ化してほしくない。

音無響子役をできる女優なんているとは思えない。

いや、いるにしても伊東美咲ではないと思う。

昔、めぞん一刻の映画版で石原真理子が響子役をやっていましたけど、およそ音無響子のイメージに合わない。

ドラマ版のプロデューサーである内山聖子は「みんながあこがれるセクシーな役をできるのは他にいない」と言って伊東美咲を抜擢したそうですが、

私は怒りを禁じえない。(←バカ)

めぞん一刻をちゃんと読んだのか疑問である。


五代勇作役は、若い時の石黒賢あたりがはまるかもしれませんが、音無響子役をそう簡単に決めてもらっちゃ困ります。

 ↑

追記:後でよく思い出したら、映画版での五代役は石黒賢でした…。
   


とにかく違うんですよ。

伊東美咲じゃないんですよ。

彼女を責めるつもりは全くないんです。

彼女は悪くない。


プロデューサーがアホだといいたい。


響子役をできるのは、


誰よりもポニーテールが似合って、

急に怒り出したり急に黙りこくったりするけどそれが可愛い気があったりして、

そこそこグラマーで色白で、

ヤキモチ焼きのキャラが板に付いていて、

エプロンが異様に似合って、

「~ですわ」などの女性らしい言葉遣いが自然にできて、

小柄過ぎず、大柄過ぎず、

どことなく控えめで、

怒ったり笑ったり泣いたりした時の表情が豊かな女優。


分かる人は分かってくれるはず。




誰なら納得かって、

そうですね…。


若い時の沢口靖子。

ちょっと違うな…。


若い時の田中美佐子。

何かが違う…。



稲森いずみ、大塚寧々、

鶴田真由、竹内結子、

中谷美紀、長谷川京子、


んー、みんな違う…。


身近なところでは何人かいるんだけど、

女優ってなると誰もいない気がする。


あえて言えば伊東美咲になっちゃうのかなぁ…。



まあ、すでに伊東美咲さんに決定したわけですから、

彼女に期待することにします。


しかしオレはなんで怒ってるんだろうな…。


思い入れがあるんですよね。

めぞん一刻をけがしてほしくないという…。





とにかく高橋留美子の名作中の名作ですので、

読んでない方は是非ご一読を。



コメント

あややはどうですか?

 名作「めぞん一刻」、めちゃくちゃ熱中して読んだものですよ。。。(^へ^ゝ←(高校生くらいだったかな?)

 音無響子さん、素敵な人でしたよねぇ。。。

 五代君も、最後は立派になったし。。。(^へ^)

 三鷹コーチも、五代のライバルとして、いいキャラクターしていましたよねww

 ちょっとキャラが違うけど、「上品でヤキモチ焼き」の性格を演じるなら、松浦亜弥ちゃんなんてハマりそうな気がするけどなぁ。。。(とにかく、すっごく可愛らしいし♪)

 彼女は、ただのアイドルではなく、演技もしっかりしている「女優」としての顔も持っています。。。

(まあ、私がファンということもあるんですけどね。。。(^^ゞ)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/465-63e57a73