下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

般若心経&第二の矢について 

今日の夕方、スクーターに乗りながら般若心経を唱える私がいた。

いろんな悩みに押しつぶされそうになり、

でも自暴自棄になるわけでもなく、

必死に心のバランスを取り戻そうとあれこれと自分の考え方を検証するも答えは見つからず、

自分を客観的に見つめようという努力もあまり効を奏さず、


そんな時ふと心に浮かんだのが「色即是空、空即是色…」


興味を持って覚えたのが二十歳ぐらいの時。

今では半分ぐらいしか思い出すことができない。


部分的ではあったけど唱えてるうちに不思議と心が安らいでくる。


この記事の終わりに般若心経本文(フリガナはありませんが。)と音声サイト及び解説サイトを紹介しているので、

興味のある方は是非本文を見ながら読経に耳を傾けてみて下さい。


さて、その前にちょっと紹介したいのは「雑阿含経 第十七」に含まれる「箭経」という短いお経です。


内容は次のとおり。

☆☆☆

比丘たちよ、まだわたしの教法を聞かないひとたちは、苦受にふれられると、憂え、疲れ、悲しみ、胸を搏って泣き、なすところを知らず。
彼らは二種の受を感ずる。見に属する受と、心に属する受である。比丘たちよ、たとえば、第一の矢をもって射られども、さらに第二の矢をもって射られるがごとし。
それとおなじく、比丘たちよ、すでにわたしの教法を聞いた弟子たちは、苦受にふれられるども、憂えす、疲れず、悲しまず、胸を搏ちて泣かず、なすところを知らざるに至らず。

☆☆☆


分かりづらいかもしれませんが、要するに「第一の矢」は受けても「第二の矢」は受けないようにせよ、ということです。

この世に生きていく限り「生老病死」を始めとする種々の苦しみから免れることはできない。まずこのことを深く見定めて受け入れる、つまりある意味で「諦める」ということがまず第一歩なのだと思う。

「諦める」というと何か否定的な響きがありますが、難しく言えば「諦観する」ということであって、「真理を見極める」「この世の実相を悟る」という意味にとって欲しく思います。

そしてその第一歩が同時に最後の一歩でもあるのだと思う。

色相是空、すなわち、存在する全てのものの実体は空なるものであると諦観できた者には、もはや第二の矢が刺さることもない。


どんなに絶望的な状況に陥っていても、本当に絶望する必要は全然ないということではないでしょうか?

私たちが「私」と思っているものはいずれ滅び行く。

でもその滅び行く「私」を認識している一つの「目」があるような気がする。

その「目」は、存在でも非存在でもない何かベクトル(方向+量)のようなものかもしれない。

あるいは何か「一なるもの」であるかもしれない。


それが何であるか、今の人生で答えが出るんだろうか…?




<音声サイト>

写経のススメ!「般若心経音声」

曹洞宗・常明寺「法要と声の映像」
 "お経と映像集"⇒"第六話"の順にクリック


<解説サイト>

仏教悩み相談室「般若心経解説」

ウィキペディア(Wikipedia)「般若心経」


<本文>

「仏説摩訶般若波羅蜜多心経」

観自在菩薩 
行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 

舎利子 
色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 
受想行識亦復如是 

舎利子 
是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 
是故空中 
無色 無受想行識 
無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 

無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 
無智亦無得 以無所得故 

菩提薩 依般若波羅蜜多故 
心無礙 無礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 

三世諸仏 
依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 

故知般若波羅蜜多 
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 
能除一切苦 真実不虚 

故説般若波羅蜜多呪 
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 
菩提薩婆訶 般若心経 



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/486-a51c4714