下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事に関する名言 仕事とは? 

仕事の選択に迷ってる人、あるいは今の仕事を続けるべきか悩んでる人のための名言を集めてみました。

仕事には、1日24時間の3分の1、つまり人生の3分の1を費やすわけだから悩むのは当たり前です。

これらの名言は、ミュージシャンが自分の進むべきジャンル又は音楽性の方向に悩む場合にもきっと役に立つと思います。

仕事の選択に際しては、「自分は何がしたいのか」という観点だけではなく、「自分には何が向いているのか」「自分の強みは何か」という観点も必要になってきますし、ドラッカーの言うように「自分は何者か」ということにも思いを馳せるわけですから、時と場合によっては極めて悩ましいことになります。

まずは先人たちの言葉に耳を傾けてみましょう。


☆☆☆


己が選びたる仕事に通ずる路を得るまでには、むなしく求め、むなしく時期を経なければならぬのは、決められた運命というべきである。

          アルベルト・シュヴァイツァー


社会というところは、短期的に見ればアンフェアなところもある。しかし、長期的に見れば必ずフェアなものだ。それだけに努力さえしていれば、必ず誰かひとりは見ていることを忘れるな。

          紀田順一郎(評論家・小説家)


下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。
そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。

          小林一三(阪急電鉄の創業者)


仕事は目的である。結果はたいした問題ではない

          志賀直哉


社会は一人ひとりの人間に対し、自分は何か、何になりたいか、何を投じて何を得たいかを求める。この問いは、役所に入るか、企業に入るか、大学に残るかという俗な問題に見えながら、実は自らの実存にかかわる問題である。

          P・F・ドラッカー


あらゆる者が、強みによって報酬を手にする。弱みによってではない。最初に問うべきは、我々の強みは何かである。

          P・F・ドラッカー


ハートに聞くとビジョンが姿を現す。外ばかりに目をやると見失う。だから心静かに自分の中にあるものを見つめてみる。

          カール・グスタフ・ユング


☆☆☆


「仕事」に対する考え方は人それぞれで、いろいろな考え方がありと思う。もしかすると、上記の名言を読んでますます悩みが深まるかもしれない。

仕事を「耐えるべき苦役」とか「人として負うべき業」と考える人もいれば、「私は一生涯、一日の仕事も持ったことはない。すべて慰みであったから。」と言い放ったエジソンのような人もいる。


私はどちらかといえば、「仕事は人として生まれた以上当然負うべき苦役である」と考えてしまいます。

でも、あくまで自分のやりたい仕事を目指すべきとも思います。

結局、自分自身で「納得」していることが大事なんだと思う。

納得していないと、仕事がそのままストレスになってしまいます。


でも、その「納得する」ということがまた難しいんですよね。

こんなにも多くの人が実際に働いているのに、「仕事とは何ぞや」という問いに対する答えが確立していないということは、ある意味で不思議なことです。

ニートが国を滅ぼすとまで言われているこの日本において、「仕事とは何ぞや」という議論が深まらないことにいささか不安を覚えますが、やはり結論を出すのは難しい。

飛躍するようですが、「自殺は罪か?」「生きることは人間の義務か?」という問題にも関連してくると思います。




仕事とはいったい何なのでしょう?

結論は出ずとも、問題意識だけは持ち続けて生きたいと思います…。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/497-954d7f71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。