下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

勝海舟から阿部晋三へ 「至誠奉公の精神」 

勝海舟(1823~1899)の随筆です。

この随筆は、現代の政治家論として聞いても何の違和感もありません。総裁選たけなわの自民党議員にも是非耳を傾けてほしいと思う。

原稿用紙4枚分ぐらいですのでたいして長くはありません。やや難しい言葉もありますが、最後に一応注釈を付けましたので、参考にして下さい。


作品社刊行の「日本の名随筆 別巻95 明治」からの転載です。

ちなみに著作権は切れているので著作権法上の問題はありません。



☆☆☆

「黙々静観」

 一個人の百年は、ちやうど国家の一年位に当るものだ。それ故に、個人の短い了見を以て、余り国家の事を急ぎ立てるのはよくないよ。徳川幕府でも、もうとても駄目だと諦めてから、まだ十年も続いたではないか。
 時に古今の差なく、国に東西の別はない、観じ来れば、人間は始終同じ事を繰り返して居るばかりだ。生麦、東禅寺、御殿山。これ等の事件は、皆維新前の蛮風だと云ふけれども、明治の代になつても、矢張り、湖南事件や、馬関騒動や、京城事変があつたではないか。今から古を見るのは、古から今を見るのと少しも変りはないサ。
 此頃元勲(注1)とか何とか、自分でもえらがる人達に、かういふ歌を詠んで遣つたよ。

時ぞとて咲きいでそめしかへり咲
      咲くと見しまにはやも散なん

あれ等に分るか知らん、自分で豪傑がるのは、実に見られないよ、おれ等はもう年が寄つた。

たをやめ(注2)の玉手さしかへ(注3)一夜ねん
      夢の中なる夢を見んとて

 政治家も、理窟ばかり云ふやうになつては、いけない、徳川家康公は、理窟はいはなかつたが、それでも三百年続いたよ。それに、今の内閣は、僅か卅年(注4)の間に幾度代つたやら。
 全体、今の大臣等は、維新の風雨に養成せられたなどと大きな事をいふけれども、実際剣光砲火の下を潜つて、死生の間に出入して、心胆を練り上げた人は少ない、だから一国の危機に処して惑はず、外交の難局に当つて恐れないといふほどの大人物がないのだ。先輩の尻馬に乗つて、そして先輩も及ばないほどの富貴栄華を極めて、独りで天狗になるとは恐れ入つた次第だ。先輩が命がけで成就した仕事を譲り受けて、やれ伯爵だとか、侯爵だとかいふ様な事では仕方がない。
 世間の人には、もすこし大胆であつて貰ひたいものだ。政治家とか、何んとかいつても、実際骨のあるものは幾らもありはしない。大きく見積つても六百位のものサ。然るに、今の大臣などは、この六百人ばかりを相手にわい/\騒いで居るではないか。この弱虫のおれでさえ、昔は三百諸侯を相手に、角力を取つた(注5)こともある位だのにナ。
 政治をするには、学問や智識は、二番めで、至誠奉公の精神が、一番肝腎だ。と云ふことは、屡話す通りであるが、旧幕時代でも、田沼といふ人は、世間では彼是いふけれども、矢張り人物サ。兎に角政治の方針が一定して居つたよ。この時分について、面白い話があるが、この頃、聖堂がひどく壊れて居たから、林大学頭から修理の事を申し出たが、その書面の中に、「文宣公の廟云々」といふことがあつた。すると右筆等は集まつて、文宣公とは、どんな神様であらうかと色々評議をしたけれども、時の智者を集めた右筆仲間で、文宣公を知つて居るものがなかつた。そこで、文宣公とは何処の神だ、と附箋をして書面を返却した。大学頭は直ぐに文宣公とは、唐土の仲尼の事だといつてやつたけれども、それでもまだ分らない。そこで大学頭もたまらず、仲尼とは、子曰はくの孔夫子の事だといつた。それで右筆もやうやく合点が行たといふことだ。
 この話は旧平戸藩で明君と聞えた静山公が、儒者を集めて、種々の話をさせて、それを筆記した『甲子夜話』といふ随筆で見たが、なか/\面白い。全体その時分の真面目は正史よりも、却つてこんな飾り気のない随筆などで分るものだ。
 この話は、実に面白いではないか、右筆といえば、今の秘書官だが、宰相の片腕ともなるべきこの右筆が、孔子の名さえ知らないといえば、その人の学問も大抵は知れる。之に較べると、今の秘書官などは、外国の語も二つや三つは読めるし、やれ法律とか、やれ経済とか、何一つとして知らないものはない。然るに、不思議のことは、孔子の名さえ知らない右筆を使つた時の政治より、万能膏の秘書官を使ふ時の政治が、格別優つても居ないといふ事だ。畢竟これも政治の根本たる、至誠奉公といふ精神の関係だらうよ。


注1
「元勲」 … 倒幕・明治維新に絶大な功があり、明治の政治に重きを為した勤皇志士出身の政治家たちの一群のこと。

注2
「たをやめ」 … たおやかな女性、なよなよと優美な女性、あるいはやさしくてしとやかな女性のこと。勇気があってたくましく強い男を意味する「ますらお」と一対となる言葉です。

注3
「玉手さしかへ」…「玉手」とは玉のように美しい手のこと。「さしかへ」は「さし交へ」のことですが、この場合一人で腕を交差させたりしながらまどろんでいるのか、男女が仲良くまどろんでいるのか、ちょっと分かりません。おそらく一人でまどろんでいるんだと思います。

注4
「卅年」… 三十年のこと。

注5
「角力」… 力比べ又は相撲のこと。


☆☆☆


次期総理確実の安倍晋三氏には果たして勝海舟のいう「至誠奉公の精神」があるでしょうか?

私は寡聞にしてよく知りません。 著書である「美しい国」もまだ読んでいない。

テレビ画面から受ける印象では、彼なりの「至誠奉公の精神」はあると見受けられる。でもそれは勝海舟のいう「至誠奉公の精神」とは何か違う気がします。

権勢欲旺盛な単なる政治家とも思わないし、父の悲願成就が頭にあるわけでもないと思うけど、いまひとつ熱意が伝わってこない。

政治家というよりは政治屋に近いような気がします。


とりあえずはお手並み拝見です。

一応期待しています。



ただ、危惧されるのは森氏の行動です。

キングメーカー面をしてあまりしゃしゃり出てほしくない。

政治家として有能であったかもしれないけれど、「至誠奉公の精神」があるとは到底思えない。

安倍氏には、いくら恩があるからといっても、時には総理として森氏の要請をはねつけるぐらいの強さを持ってほしい。

この点、小泉総理は大いに評価することができる。



自らの信念に基づいて「NO」と言える強さ。

安部氏には何よりもこれを求めたい。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/500-6e060ace