下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業の専門化・細分化について。 

いろいろしなければならないのに眠い。
なんだろ。

何が原因なんだろう?

運動不足解消を兼ねてポスティングのアルバイトをやっているのだけど、今日は800部ほど配布してきた。20日ぶりぐらいだったので結構疲れたのだけれど、そのせいだろうか?

それともストレスか。

ストレスだろうな…。

結構、精神的にまいってるし。

しかしストレスって何だか漠然とした概念だなあ。誰が言い出したんだっけ。確かセリエ博士だったな…。生理学者かなんかだったような気がする。

ただ「ストレス」という概念を作り出したということで有名なんじゃなくて、ねずみの実験で何か画期的な発見をしたということでその名が知られるようになったそうだ。

詳しいことはよく分からない。

「ストレス(刺激)の如何にかかわらず、そのストレスに適応していく際の過程と反応が似通っていること」を発見したらしい。

理屈だけからいうと、全ての病気について同じ治療法が成り立つということになる(らしい)。

なんでもそれが理由で、当時の医学界になかなか受け入れてもらえなかったということだけど、何でしょうね。

病気の治療法に新しい可能性が見えてきたんだから、もう少し好意的に受け止めればいいのに。

おまんまの食い上げになっちゃうと思ったのかな?
確かにそんな治療法が発見された日には、お医者さんも真っ青でしょうね。今まで培ってきた医療技術の価値が下がっちゃうんだから、自分のところに来る患者さんも減るでしょう。

それにしても、
(ストレスのことはともかく)

医者って、

病気を治すのがその使命であるのに、
病気がなくなっても困ってしまうという、
実に中途半端な職業だ。

言い方は悪いけど、
人の不幸で飯を食っているわけだ。

弁護士も大体そんなところかも。

特に現代においては大方の職業について専門化、細分化が進んでいるから、ちょっとした社会情勢の変化が収入に影響を与えるということが往々にしてある。

技術の進歩然り。法改正しかり。社会的な事件の発生然り。

逆に言えば、職業が専門化・細分化すればするほど、法改正などが猛反発を食らうことになる。

日本の水道にフッ素を入れないのは何故か?
歯科医師たちの反発?
虫歯が減って歯医者の収入が減りかねないから?



結果的に社会は進歩しにくくなる。

消費者の安全・衛生は置き去りにされていく。

仕方がないのかな。

時代が進むにつれ職業が専門化・細分化していくのはある意味で必然的ですから。

それに、
本当に良いものは、そんな反発をものともせずに広がっていく。

また、あまりにも消費者が置き去りにされていると、いつか大事件となって露見する。

最近テレビや新聞をにぎわしている耐震強度の偽装もそうであろう。


大体昔から、鉄筋を数本抜くなんてことは行われてきたのである。そしてそれは施工会社の実入りになるわけである。

バレなければいいという精神性。

日本人独特とは思わないけど、日本人は比較的多いような気もしないではない。

「バレなければいい」というのは、信仰・哲学・信条といったものが乏しいということかもしれない。

ビジネス哲学みたいなものは持っている人も多いかもしれないけど、人の道についてはどうだろう。

祖父母、両親、恩師などの教えを心に刻んでいるというような人もいるだろうけれど、せいぜいそれまで。

何らかの健全な宗教を信仰している人はこれに当てはまらないだろう。
しかしそんな人は諸外国に比べて非常に少ない。


その1つの証左がいわゆるアダルトサイト。

そんなに見ることはないのだが(いやほんとに)、
日本のサイトの場合、なにか謳い文句で引き付けておきながら、いざその画像なり動画なりを見てやろうとクリックすると、ランキングサイトに誘導されたり、あるいは関係ない画面を経由させられたりと、すんなり目的地に行かせてもらえないことが実に多い。挙句の果てに最初のページに戻ることもある。うんざりといった感じ。そのほとんど見ることはありませんが(いやほんとに)、海外のサイトはそんなことはほとんどない。

もう1つ証左を挙げれば、小泉首相。

ほめたいところも一杯あるのだけれど、
あの人には本当の意味での哲学・信念があまりない。
今までで一番ましな気はするが。


なんだか日本人について悲観的になりそうですが、

裏を返せば、日本人というのは、宗教・思想を始めとして何にも染まっていない、すなわち「純粋」だと言えなくもない。これを日本人の隠れた美徳という人もいる。

美徳どころか、「世界を救う」みたいな言い方をする人もいる。


まあ、それはやや大げさですが、日本国民の大多数は善良だと思いますのでさほど悲観的になることはないかもしれません。

あれこれいったけど、
私は日本が好きだし、日本人が好きです。


もっといい国になるよう手助けができたらなあと思います。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/55-92c69162

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。