下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

紅白歌合戦の「DJ OZMA」。公共放送との自覚0だ。 

紅白歌合戦の「DJ OZMA」。
いろいろと物議をかもしているようですが、NHKもこのままじゃやばいと思ったんでしょうね。一歩踏み込んで説明を行うとのことです。

さて、はたしてどこまで信用してよいのやら。
ホームページで「知らなかった」と言い張ってましたからね。
とりあえず記事を引用しましょう。

☆☆☆

 NHKが昨年の紅白歌合戦で抗議殺到の過激パフォーマンスを演じたDJ OZMAの関係者を9日、事情聴取した。女性ダンサーが裸と見間違えるボディースーツを着るに至った経緯、詳細をOZMAの所属事務所、所属レコード会社から聴いたもの。NHK側はこの情報を基に10日にも問題に関する見解を発表する予定。翌11日には、橋本元一会長(63)が定例会見で詳細を説明する。
 年末年始に騒動を巻き起こした“DJ OZMA問題”に一応の幕引きがされることになった。本番のステージに裸と見間違うボディースーツを着込んだ女性ダンサーが登場し、直後からNHKには抗議電話が殺到。その数は計750本に及んだが、NHK側は「リハーサル時には水着を着ていたので、(過激な演出は)知らなかった」とするなど、問題の真相はやぶの中だった。
 NHK側は年明け早々から“真相究明”に着手し、本番のステージにかかわったメンバーらから情報収集。そして、ついにこの日はDJOZMAの所属事務所、所属レコード会社から事情を聴くに至った。11日の定例会見で、あらゆる疑問に答えるためでもある。
 NHK側は「11日の会見ですべてお答えできるように準備は進めています。チーフプロデューサーへ何でああいうことになったのか、そしてオズマさん側にも話を聞いています」という。
 通常は約1時間の会見も今回だけは“時間無制限”。「こちら側としては記者のみなさまからの質問を途中で打ち切ったりすることはありません」と真摯に対応する姿勢を見せた。
 11日の定例会見に先立ち、視聴者を一刻も早く納得させるため、問題に対する見解を10日にも発表する予定だという。年末年始の日本に大騒動を巻き起こした“紅白OZMA問題”の真相が明らかになる。

(デイリースポーツ)

☆☆☆


昨年暮れに、受信料の強制徴収の手段としてNHKが「支払督促」の手続きをとったのをご存知でしょうか? 支払督促に異議申立てをすれば通常裁判に移行するし、一定の期間内に異議申立てをしなければ強制執行(差押え)となります。かなり強力な手段をとったわけです。

結局、確か7、8名の方が異議申立てをしたそうで裁判の行方が注目されるところなんですが、NHK側からすると、この紅白OZMA問題は相当の逆風になるかと思います。現に、この紅白OZMA問題を契機に受信料支払拒否を決意したという人も少なくないようです。

私なんかは、何度も放送法32条のおかしさを指摘したぐらいですから、いまさらNHKに腹を立てるまでもないのですが、むしろ、NHKの予算の仕組みやら支払督促の意味やら徴収員の詐欺まがいの言い回しやら何も知らないくせに、「OZMA? 面白かったじゃん。 あれくらいいいんじゃない?」とか言う人に対して少々怒りを感じます。

とにかくNHKと民放をごっちゃに考える人が多すぎる。
NHKは実質的には国営放送なんだから、当然、品位やモラルや公共性が強く問われます。ましてや大晦日の紅白歌合戦ですよ。公共の極みと言っても過言ではありません。

そんな番組で予告なしのあのエロボディースーツや股間キノコ。

一家で見ていて空気が固まったという方も多いようですが、想像に難くありません。あれはまさに不意打ち。

まあ、いろんな受け取り方があるかとは思いますが、私はあれは「わいせつ物陳列罪」の疑いさえあると思っています。たとえて言えば、新宿駅の構内の目立つところに卑猥なヌード写真の広告をでかでかと貼るようなもんです。実際はありえないでしょう? そんなことしたら捕まってしまいます。

で、紅白なら許されてしまうのか? 実に変な話だ。

もちろん、あの場合は「芸術性」とかの理屈は通用しない。


いつだったかジャネット・ジャクソンがスーパーボウルで片方のおっぱいを露出して大騒動になりましたが、やはり視聴率の極めて高い放送で行ったことが唯一最大の問題でした。ロイター通信などで海外に配信されたニュースでもジャネットの事件と比較されていたようです。

なんというか、
とにかく金を強制的にとってまで作ってる番組なんだから、誰もが納得するような番組作りを目指して欲しいものです。いい番組も多数作ってるわけですから。

さて、長くなってしまいましたので、NHKについてはまた稿を改めて書きたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/577-04334174