下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのまんま東氏を批判する糸山元議員の過去 

糸山政経塾を主宰し、元参議院議員であり元衆議院議員でもあり、政治家に多額のカネをばら撒いたと自ら著書の中で告白したこともある糸山英太郎氏が、自身の公式ブログ「THE ITOYAMA ORGANIZATION」で、そのまんま東氏と彼を選んだ有権者を痛烈に批判した。

彼のブログから一部引用してみる。


☆☆☆

有権者のレベルが低いのか、候補者のレベルが低いのか、おそらく両方が低レベルを掛け合うこの衆愚政治につける薬はないものか?
日本国民は20歳になると精神的に幼児であっても選挙権を手にする。
愛国心を持ち、政治経済・国際情勢に高い見識・判断力を有していなくても「誰でも一票」なのだ、選挙構造に問題があるとまで言わなければならないのだろうか。
イギリスのチャーチルが「民主主義は最悪のシステムだ。しかし、それ以外のどのシステムよりもましだ」と60年前にのたまったがそろそろ有権者のレベルを上げることで民主主義の性能を上げてゆきたい。

良くも悪くも民主主義のおかげで、そのまんま東知事一人では何もできないだろう。オール野党の議会を相手に、何の根回しもなく組み合えばマニフェストのマの字も叶わないのだ。
多数決という民主主義のルールで成り上がった素人政治家が、同じルールで縛られ何も出来ない状況を有権者は良く見ておくことだ。

☆☆☆



で、この糸山氏。 実はこんな事件も起こしている。

☆☆☆

元国会議員に16歳の女子高生を紹介し、わいせつな行為をさせたとして、警視庁少年育成課が先月上旬から今月中旬にかけ、児童福祉法違反容疑で団体職員ら3人を逮捕していたことが16日、分かった。
 逮捕されたのは、東京都中央区の団体職員多田駿容疑者(57)、新宿区の飲食店従業員坂本仁美被告(24)、さいたま市大宮区の不動産仲介業細川静実被告(62)の3人。坂本、細川両被告は既に同法違反の罪で東京家裁に起訴されている。警視庁はほかにも共犯が2人いるとみて行方を追っている。警視庁などは元議員からも事情聴取
 したが「未成年とは知らなかった」と話したといい、立件は見送った。調べなどによると、多田容疑者らは昨年7月12日ごろ、埼玉県の当時16歳の女子高生を都内の元議員の自宅に連れて行き、18歳未満と知りながらわいせつな行為をさせたという。
 元議員は70年代に参院議員に初当選。80年代に衆院議員に当選し、90年代に引退した。元議員の事務所は「ノーコメント」としている。

☆☆☆


「井上馨以来の貪官汚吏の頭目」とその金権体質ぶりをかつて揶揄された糸山氏。

どうも説得力がね…。


彼は同ブログで、

「芸人出身では横山ノックが知事としていかにお粗末であったか散々見てきているにもかかわらず宮崎県民はこの男を選んでしまった。
未成年を雇ういかがわしい店に出入りし、暴力で警察の厄介になった人間に行政を任せるとは正気の沙汰ではない。
また彼は2度離婚しているが、家族の長をしっかり務めることができない人間が県の長とは冗談にもならない。」

とも言っている。

「未成年を雇ういかがわしい店に出入りし」と非難する資格がこの人に果たしてあるのか。


あるとは思えん。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/598-d1aa2330

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。