下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

5000年も変わらぬ愛。 抱き合った男女の遺骨をイタリアで発掘。 

バレンタインデーを目前にして、なんともロマンチックなニュースがイタリアから届きました。遺骨の画像もリンクしましたので是非見てみて下さい。

☆☆☆

イタリア北部のマントバ近郊で、5000─6000年前に埋葬されたとみられる抱き合った男女の遺骨が見つかった。発掘調査チームの責任者、エレナ・メノッティ氏は、「これまで新石器時代に2人一緒に埋葬された例はもちろん、こんな風に抱き合った形で発見されたことはなく、驚くべきケースだ」と語った。

同氏によると、埋葬されていた2人は男女にほぼ間違いなく、彼らの歯がほとんど原型のまま磨耗もしていないことから、未確認ではあるが若くして死亡したとみられるとの見解を示した。

同氏はまた、ロイターに対し「遺骨を発見した時、われわれ全員がとても興奮しました。私はこの仕事を25年間続けており、ポンペイをはじめあらゆる有名な遺跡の発掘に携わりましたが、これほど感動したことはなかった」と述べ、今回の発見がこれまでの発掘をしのぐほどの特別なケースだと説明した。発掘調査チームでは、今後発掘された遺骨の死亡時の年齢や埋葬された時期の特定を進めることにしている。

☆☆☆

コチラが抱き合った遺骨の画像

マントバとはマントバ市のことで、ミラノを州都とするロンバルディア州の中にあります。イタリアの地形を長靴に見立てるなら、ちょうど足を差し入れる縁(ふち)のあたりになりますでしょうか。


この男女がどういう経緯で一緒に埋葬されたのかについては、いろいろと悪い方に勘ぐる人たちもある。何らかの風習があって若死にした男性のために女性を殺して一緒に埋めたのではないかという憶測だ。これは最近中国で起きた、未婚男性の「魂の花嫁」にするため女性を殺害して一緒に埋葬したという事件からくる連想だと思われる。確かに世界にはまだまだ耳を疑うような奇習・奇祭が多数存在するし、ましてや5000年前だから迷信的な発想に基づく風習もあったに違いない。


でも、この遺骨の写真のなんと美しいことか。

何らかの理由で二人一緒に殺されたか又は二人で同時に自害したか、あるいは一方が死んだのを悲しみもう一方が自ら命を絶ったと、せめてそう思いたい。そして二人が深く愛し合っていたのを良く知っていた村人たちなりが一緒に埋葬してあげたと。

今付き合ってる彼女に対しては、一緒の墓、それも一緒の骨壷に入りたいと思うほど永遠の愛を心に誓っているつもりの私ですが( 照れるね(^_^;) )、遺灰を混ぜ混ぜにしてもらうよりは、骨のままこの記事の男女のように一緒にしてもらうほうが何かほんとにずっと一緒って感じでいいですね。方針変更です。

記事では「遺骨の死亡時の年齢や埋葬された時期」を調べるとありましたが、それが終わりましたら、埋め戻すことまではしなくてもいいからどうか引き離さずに展示なりしてあげて下さい…。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/640-2a8a5e87