下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

ルアペフ、桜島、能登半島、富士山、レユニオン島、ソロモン…。 

ひそかに気になってるのがこのニュース。
            ↓

☆☆☆

「インド洋上のフランス領・レユニオン島で大規模な火山噴火 」

インド洋上にあるフランス領のレユニオン島で「世紀の大噴火」と呼ばれる大規模の火山の噴火が起きた。
勢いよく噴き上がる真っ赤な溶岩と黒い煙。
火山が噴火したのは、インド洋上にあるフランス領のレユニオン島。
噴火は3月末に始まり、溶岩によって一部の道路が寸断されたほか、落石による家屋が損壊する被害が出ているが、死傷者などは確認されていないという。
フランス当局によると、噴火は沈静化に向かっていて、住民に危険はないという。
今回の噴火は規模が大きく、一部の専門家は「世紀の大噴火」と呼んでいる。

(FNNニュースより引用)

☆☆☆

マグニチュード6.9の能登半島地震が発生したのが3月25日。富士山南西斜面の土砂崩れで県道富士山スカイラインが十数か所埋まってしまったとのニュースがあったのが3月29日。南太平洋のソロモン諸島付近でマグニチュード8.1の大地震が発生したのが4月2日。

そしてこのレユニオン島の活火山ピトン・ド・フォルネーズの噴火が始まったのが3月末。

ついでに言えば、3月19日にニュージーランド北島のルアペフ山も噴火しラハール(火山泥流)が発生しているし、3月20日には、鹿児島県桜島の南岳山頂火口が今年最高の噴煙の高さとなる噴火を起こしている(これは一応、桜島の通常の噴火)。

やけに続いてないだろうか…? 地球の中で何か大きな変動が起こりつつあるのかもしれない。

しばらくは地震雲に注意して生活しようと思う…。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/672-41a6edd3