下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

FPD、LCD、有機EL、って分かります? 

「第17回 FINETECH JAPAN / Display2007」が2007年4月11日~4月13日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

業界関係者以外は、ほとんどの人が知らなかったかと思いますが結構大規模で注目度の高いものでした。

この催しについてはコチラに詳細が掲載されていますが、少し引用しますと、

「テープカットには、各国パネルメーカーのトップ、政府協会関係者などが一堂に参列。FPD業界世界最大のビッグイベントにふさわしい盛大な幕開けとなりました。」
「今年も特設されたFPD 部品・材料 EXPOには、多数の専門家が来場し、各ブースで出展社と熱心に商談を行う姿が数多く見られました。」
「基調講演には多くのVIPが参加し、最新市場動向、技術動向について、熱心に聴講されました。」

といった具合で大変盛り上がったようです。

そう言えば昨日はこんなニュースも報道されていました。


☆☆☆

「液晶TVよりも薄い 『有機EL』年内に発売」

 ソニーのテレビ事業を統括する井原勝美副社長は十二日、東京都内で講演し、次世代の薄型テレビである「有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビ」を年内に発売する方針を明らかにした。有機ELテレビの販売は世界で初めて。液晶、プラズマに続く次世代薄型テレビが商品化段階に入ることになる。

 発売するのは画面サイズが11型でパネルの厚さは約3ミリ。ガラスで挟んだ有機材料そのものが発光するため、背後に光源が必要な液晶などより薄いのが特長。次世代テレビの有力候補とされている。当面は、豊田自動織機と折半出資のディスプレー製造会社(愛知県東浦町)内で生産する。井原副社長はまた、韓国・サムスン電子との合弁会社「S-LCD」の液晶パネルを製造する最新鋭工場について「(稼働時期を)今年夏に前倒しする」と表明した。

 東芝の西田厚聡社長は十二日の経営説明会で、高精細な次世代ディスプレー「有機EL」を使った中型テレビを2009年に商品化する考えを明らかにした。

 有機ELは液晶やプラズマより薄く、高精細な映像を表示できるが、テレビ向けに大型化するのが難しい技術とされる。

 ソニーはまずは小型から量産を開始するが、東芝は21型以上の大きさの製品を投入する方針だ。価格は未定だが、液晶テレビの二-四倍が見込まれ、当面は高級品。大衆品として普及するには時間がかかる見通しだ。

           (東京新聞 2007年4月13日 朝刊)

☆☆☆

ウィキ解説によると「有機EL」とは、「有機エレクトロルミネッセンス(organic electroluminescence)」のことで、

「有機ELは、有機物中に注入された電子と正孔の再結合によって生じた励起子(エキシトン)によって発光する現象である。発光原理は、無機EL(エレクトロルミネセンス)よりむしろLED(light-emitting diode)によく似ており、各国では一般的に有機LED(OLED。オーレッドもしくはオーエルイーディーと読む)と呼ばれるが、日本のメディアでは歴史的に有機ELと呼ばれることが多い(OELDもしくはOELと略される事もある)。主にディスプレイや照明としての活用を期待されている。現時点では耐久性や生産コスト、大型化の困難さの問題からテレビやパソコンのディスプレイはまだ試作段階である。しかしパチスロや、携帯電話のサブディスプレイとして有機ELディスプレイが搭載されているなど、小型・低寿命のディスプレイはすでに実用化されており、液晶ディスプレイ・プラズマディスプレイなどに肩を並べる技術として実用化に向けた研究が進んでいる。」
とのことである。

最近、この「FINETECH JAPAN / Display2007」にも出展した某O社の翻訳案件を仕事として請け負ったばかりなのですが、この業界の進展は目を見張るばかりですね。

基本用語として、「FPD = フラットパネルディスプレイ(Flat Panel Display)」、「LCD = 液晶ディスプレイ(Liquid Crystal Display)」ぐらいは押さえておきたいところですが、「AOI = 自動光学検査又は自動外観検査(Automated Optical Inspection)」という用語も結構普通に使われます。

これで、例えば「LCD用のレーザ微細加工技術」とか言われても少しはイメージできますよね?

なんにせよ、ぼーっとしてるうちに技術はどんどん進歩しているようです。ソニーの厚さ3ミリの有機ELパネルにも驚きましたが、もっと薄くなって量産化されるようになれば、雑誌とかTシャツとか絵はがきとかにも転用されそうですよね。一体どんな未来になることやら。

高性能・高機能・大画面のテレビとなるとまだまだ高価なのが実情ですが、今後もっともっと安くなることを大いに期待します。


それにしても、部屋が狭いと大画面は見にくいですよね…。大きな家を買えるように私も頑張らねば。

では。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/673-c3633128