下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

大地震の前兆現象を大雑把に列挙しました。 

昨日の昼頃、三重県で大きな地震があった。マグニチュードは5.3で亀山市・津市などでは震度5を記録したそうだ。

この地域の地震で思い出されるのは(いや、体験したわけではないですが…)昭和19年の東南海地震。確かマグニチュード7.9か8だったはずだ。そしてその2年後には、ほぼ同規模の南海地震も起きている。大きなスパンで見れば同時期に発生したと言っていい。ここで問題になるのはこの時期に東海地震が起きなかったことだ。

というのは、東海(遠州灘とか駿河湾とか)、東南海(三重県や愛知県の沖合)、南海(和歌山や四国の沖合)の三つは連動して起きることが通常で、1707年の宝永地震の時には富士山まで噴火しているというのに、この1944年、1946年の大地震の際には東海地震が起きておらず駿河トラフにエネルギーがたまったままだということだ。

実は「たまったまま」というのは必ずしも断定は出来ないわけで、様々な要因があって歪みのエネルギーはさほどたまっていないという学説もあるらしい。どちらにしても、東南海や南海の地震と連動しがちなこと、そして遅かれ早かれ必ず起きるということは事実だと思う。

前置きが長くなってしまったけど、三重県で発生した今回の地震がまさに「東南海」に位置することがやや不気味である。しかも3月25日に起きた能登半島地震(マグニチュード6.9)から何日も経っていない。4月9日の記事にも書いたけど、「世紀の大噴火」と形容されたレユニオン島ピトン・ド・フォルネーズ山の噴火発生が3月末だ。

煽るつもりはないんだけど、私も含めて日本人はもっと「明日大地震が起きても何ら不思議はない」とリアルに意識しているべきだとは思う。

で、その地震対策なんですが、やはり自然現象や動物の行動などは侮れない。能登半島地震では1ヶ月前ぐらいから謎のごう音を何人もの人が聞いたというし、三重県の地震でも地震直前に太陽に虹のような輪っかがかかっていたりペットの行動がおかしかったというような情報が結構あるようです。また両地震とも地震雲を見たという声が多数あるようです。

日本地震学会なんかは地震雲を否定しているようですが、ひとつの可能性としてもっと真面目に取り組んでほしい。結局まともな予知なんて全然出来てないんだから。

最後に、地震の前兆現象とされているものを(真偽はともかく)列挙してみます。知っておいて損はないと思います…。


・地下水、湧き水、温泉水、池、湖、河川の異変(水位、温度、臭い、濁り具合などの異常、又は枯渇)
・地鳴り(ドーンと腹に響く大砲のような音、ガリガリいう音、その他色々)
・空の発光現象(夜空が異様に明るい、空が黄色い、昼間に空が発光、異様な赤色又はピンク色、稲光のようなもの等)
・カラス、スズメ等の鳥類の異常行動(数の急激な増減、異常な鳴き声、等)
・犬、猫、インコなどのペットの異常行動(おびえ、遠吠え、異常興奮、失踪・逃走、落ちつかない等)
・カニ、貝、魚などの海・湖・川の魚介類に関する異変(異常発生、群れる、水面浮上、大量死骸、豊漁、大不漁等)
・水槽の魚(金魚、メダカなど)などが暴れる、一箇所に集まる、又は動かない
・ナマズの異変(異常繁殖、暴れる、飛び跳ねる)
・海の異変(海底から泡が立つ、潮の干満の異常、水位の異常低下)
・羽アリ、ヘビ、リス、セミ、ミミズ、アリ、ネズミ、モグラ等の行動の異常(通常目にしないものを見かける。ミミズの場合は、道に這い出してきていたり、干からびた死骸が見つかったり、飛び跳ねていたり。リス・ヘビなどは冬なのに冬眠から目覚める)
・人の体調の不良(めまい、偏頭痛、関節痛、耳鳴り、赤ちゃんの夜泣き等)
・野菜、果物、稲などの豊作や成長速度の変化
・植物の二度咲き、狂い咲き
・テレビ、ラジオの原因不明のノイズ(虹色ノイズ?)
・パソコン等の電気製品の不調・誤作動・フリーズ等
・竜巻雲(渦巻状の雲)、彩雲、うろこ雲、放射型の帯雲、赤やオレンジの雲、どす黒い雲、その他通常見かけないような珍しい形や色の雲
・月の異変(異様に輝く、真っ赤になるなど色の異常、虹のような円環)
・太陽の異変(虹のような円環、朝焼けや夕焼けの色の異変)
・23時間以上震度1以上の有感地震が発生しない、いわゆる「嵐の前の静寂」現象
・トイレの水位の変化
・大気中のイオン濃度の上昇
・前兆すべり(気象庁が公式に認めている前兆現象です。気象庁のサイトによれば「東海地震予知の鍵となる前兆現象は、前兆すべりと考えられています。前兆すべりとは、震源域(東海地震の場合、プレート境界の強く固着している領域)の一部が地震の発生前に剥がれ、ゆっくりと滑り動き始めるとされる現象です。気象庁は、東海地域に設置した歪計で前兆すべりをとらえようとしています。」とのことです。)

ざっと列挙してみましたが、なかには思い込みによるものもあるかと思います。自己責任でご判断願います。無責任なようですが。


では。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/674-9509be37