下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パート労働者の厚生年金。あと、関係ないけど高岡早紀について。 

政府が4月13日に閣議決定したという「被用者年金一元化法案」。いつのまにか骨抜きになっておりました…。

負担増を強いられる業界団体に配慮した結果とのことだが、一般国民に対する配慮はしなくてよいのだろうか?

参院選も控えているというのに、またしても安倍総理の指導力不足が露呈してしまった格好だ。適用対象を現行の「週30時間以上」から「週20時間以上」に変更して対象者を300万人以上増やすと言っていたわけだが、結局色々条件を付けて対象者を10~20万人にぐっと絞ってしまった。

条件というのは、①月収98,000円以上、②勤務期間1年以上、③従業員300人以下の中小企業の従業員は対象外、となっている。特に最後の条件が話にならない。従業員300人以下の中小企業が一体どれだけあると思っているのか。

いずれ対象者拡大の方向で修正されていくとは思いますが、それはともかく、パート労働者への厚生年金適用で何がどう変わるかを調べいていたら少し意外なことが分かった。

というか私が気付かなかっただけなんですが、会社員一家と自営業者一家との不公平・不均衡がかなり改善されることになるんですよね。

新聞の記事を少し引用しますが、去年8月の朝日新聞の記事で、会社員や自営業者の妻がパートで働いた場合の生涯収支を掲載していました。

妻が厚生年金に加入したと仮定しての試算結果です。妻のパート収入は8万円としています。

①会社員の妻(=第3号被保険者)が20年パート勤務・厚生年金加入の場合
保険料負担は162万4000円増え、年金額は261万円増える。差し引き98万6000円プラス。

②自営業者の妻(=第1号被保険者)が20年パート勤務・厚生年金加入の場合
保険料負担は216万4000円減り、年金額は261万円増える。差し引き477万4000円プラス。


また一昨日の読売の記事によれば、年間の負担額(妻の月収を10万円と仮定)の増減は、

①会社員の妻の場合は13,860円⇒7,200円とマイナス、②自営業者の妻の場合は0円⇒7,200円とプラス。年金給付額はどちらの場合も164,000円増となるそうだ(平均寿命までの26年間の合計)。


自営業者の妻(=第1号被保険者)はそれまで国民年金保険料を支払っていたので、それが労使折半の厚生年金に移行することで負担額はかなり減るわけです。一方、会社員の妻にしてみれば、生涯収支はプラスになるものの、年間負担額が新たに発生するという意味では素直には喜べないところでしょう。

不均衡の是正という観点からは、このパート労働者への厚生年金適用は大いに賛成したいところなのですが、結果は上述のとおりです…。

「官民人材交流センター」(新・人材バンク)の「見直し条項」に絡む自民党内でのやりとりを見てても思いますが、官僚と官僚と利害を一にする一部自民党議員を無造作に放逐するぐらいの総理大臣であって欲しい。

小泉総理の欺瞞に辟易してきた私ではありますが、変人の称号を甘んじて受けて持論を頑なに押し通した点では、大いに評価したいと思う。

あの小泉総理ばりの断行力と、庶民感覚を十分に持ち合わせた良識。この二つを両立させるような総理がどうして日本に現れないのか。これが日本人の民度というものなのか。自らのふがいなさを反省しつつも嘆かざるを得ない。


えー、話は変わりますが、

高岡早紀さんって、思いっきりヌードの写真集出してたんですよね。この人、私と同じ12月3日が誕生日。年は34歳のはず。

離婚した保阪尚希をはじめ、布袋寅泰、中村獅童、市川海老蔵など、芸能界をにぎわす錚々たる面々と浮世を流すとは実に摩訶不思議です。素顔は一体どんな人なのか興味がある。女性として魅力的なのかなと思います。

その写真集はこんなやつです。思いっきり乳出してますよね…。
       ↓
Accidents Series〈11〉高岡早紀+篠山紀信
Accidents Series〈11〉高岡早紀+篠山紀信


ある意味、あっぱれです。

では、長くなりましたのでこの辺で。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/675-155d30e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。