下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

よこはまコスモワールドもかよ…。 

エキスポランドのジェットコースター「風神雷神II」の事故。目撃者が十数人病院に行くほど凄惨な現場だったらしい。右肩から左脇にかけて体が切断されてしまったというような未確認の情報もあるようですが、考えただけで恐ろしい。そもそも事故車両と現場周辺の位置関係を最初に見たときから少し背筋が寒くなるものがあった。車両が傾いてあの従業員通路脇の柵に体、というよりは頭が挟み込まれたまま車両が動いたのだからただ事で済むわけがない。

被害者はまだ19歳だったとのこと。恐ろしかったと思う…。


このエキスポランド、1992年に開園して以来、一度も金属疲労の検査をしなかったらしい。しかもすべての遊具で。ジェットコースター嫌いのオレからするとちょっと信じがたい。客の安全なんて眼中になかったのだろうか?

で、タイトルにも書きましたが、このエキスポランドの経営主体である泉陽興業株式会社はみなとみらいの「よこはまコスモワールド」の経営主体でもある。

他にも「ダイヤと花の大観覧車」「名古屋港シートレインランド」「天保山大観覧車」なんかを運営しているようです。ついでに言えば、知的財産権侵害の問題で最近話題になった中国・北京市の「石景山遊楽園」もこの会社によって企画・建設・運営指導がなされている。

とりあえずは、この泉陽グループが関わっているレジャー施設には行くのを控えようと思う。というか多分一生行かないと思う。経営母体が変われば話はまた別だが。


まあ、ジェットコースターに乗る人は相当減るでしょうね。他の真面目にチェックやってた遊園地はいいとばっちりですね。

エキスポランドの社長である山田三郎氏はこの泉陽興業株式会社の会長でもあるんですが、マスコミはこの泉陽興業株式会社のあり方についてもしっりメスを入れてほしいと思う。天下り役人が多数いるという話もありますので。


それと、最後に一言。

この被害女性の写真が報道されてしまってるようですが、その写真というのが中三ぐらいの時の写真。その写真を見る限り体重が100キロ近くあるように思えるのですが、なんでもかなりダイエットを頑張ったらしく事故の時点ではもっとずっと痩せていたらしい。現在の写真も報道されていましたが、ちょっとぽっちゃりしてる程度です。

昔の写真を見て体重のせいで事故が起きたと考える阿呆が多少いるようですが、言っていいことと悪いことがあるというのがどうも分からんようだ。

人が一人死んでることをもっと重く受け止めてほしい。



亡くなった女性のご冥福をお祈りします…。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/684-c7969840