下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

ペッパーランチ事件と愛知立てこもり事件の関係 

↓ おいおい。

「ペッパーランチとは - はてなダイアリー」

株式会社ペッパーフードサービスが経営する、ステーキ・ハンバーグ等の料理を主に扱うレストランチェーン。
直営店、FC店と委託店がある。
料理が鉄板に載せられて出されるのが特徴。
女性客が一人で食べに行くと、逆に店員に食べられてしまうという
宮沢賢治の「注文の多い料理店」を地でいくサービスでも有名。



一人残っていた女性客を店長と店員が拉致・監禁・強姦し、おまけに金銭まで奪ったという前代未聞の事件なのですが、この「はてなダイアリー」には思わず笑ってしまった。こういう記述がウィキみたいに規制されないんですかね。

それにしても、このペッパーランチの対応にはどうも首を傾げざるを得ない。事件発生からペッパー側の発表までに一週間の時間差がある。しかも読売のスクープに押されて発表したという体裁である。

噂によればペッパーランチ社長の息子(大株主の一人)が発表前に持ち株を売却したとのこと。実際、事件発生から徐々に株価が落ちていますから、これはインサイダー取引行為というほかない。当局の徹底した調査が待たれるところである。

しかしだ。

この事件はどうも胡散臭い点が多すぎる。


なかなかよくまとまっていたので、某巨大掲示板でのこの事件に関する書き込みから以下引用します。

■ペッパーランチ「レイパーランチ」070509事件 あらすじ

・犯人二人が、チェーン店ペッパーランチ心斎橋店 閉店間際の女性客に睡眠薬を飲ませ、拉致して35キロ離れた海沿いの貸しガレージ(市は海に面しているがガレージの所在は長滝?海沿いではない?海沿い34°25'3.91"N 135°18'37.98"Eだという投稿もあり)まで拉致監禁強姦という大事件。共犯が最低二人がつかまっていない。自分の生活圏内で制服で行うという大胆さ。手際のよさ、ガレージの確保などの点から余罪が数多くありうる大事件。

・5/9の犯行なのに、発表したのが5/17 経営会社であるペッパーフードサービス(3053マザーズ)の株価は5/9から下げ続けている。しかし株式市場において、インサイダーとの指摘と非難は一切ない。異常。

・事件発生から今日までの約1週間の間に、店舗に手が加えられ、看板が塗りつぶされている (現場保存は普通、訴追後半年ぐらいまで維持させられる)

・日本の警察活動を邪魔することで有名なマスコミがほとんど報道しない。NHK全国版はあった事実すら伝えない。ワイドショーもほとんどがスルー、民放はチラッとおざなりな放送だけ。現場であるガレージへのリポーターもない。社長は一度だけ謝罪会見を開いたが、社長が日本人の場合なら、ありえないようなメディアの突っ込みの弱さ。

・公表された写真は一名のみ、なぜか中学時代のもの

・警察が名前を把握している行方不明の共犯2人は、何故発表されないか?

・誘拐(実行中)でもないのに報道規制 前代未聞。

・ネットへの対応も、グーグル八分、帯域制限でのHP隠蔽と、無駄に手際が良い

・事件直後のラジオ放送では近所のひとが、別の日にシャッターの向こうで争う声を聞いている(伝聞)

・この事件を隠蔽するようなタイミングでヤクザの立てこもり事件が発生。日本のヤクザなテロメディアはこぞってこちらを報道し、ペッパー事件の風化を図る。 (犯人が警官を一名射殺、一名に脊髄を撃ち抜く重傷を負わせているのに、人質自力逃亡後も県警本部長は強行を許さず、
本人の投降を許している。県警本部長とヤクザの親玉の出来レースか?)



と、こんな具合ですが、特に「この事件を隠蔽するようなタイミングでヤクザの立てこもり事件が発生。日本のヤクザなテロメディアはこぞってこちらを報道し、ペッパー事件の風化を図る。」という部分には同意せざるを得ない。

タイミングがおかしすぎるのだ。

韓国人大学生によるバージニア工科大学大量虐殺事件と長崎市長殺害事件とのタイミングもこんな感じだった。

少し古い話だけど、年金問題未納にからんで菅氏が辞任し、そして小沢一郎氏も結局辞退し、2004年5月18日に正式に岡田氏が選出されたのでありますが、そのあたりの日付に新代表が選出されそうなことを知ってか知らずか、何と5月14に小泉首相が北朝鮮への再訪問を電撃発表。5月22日に訪問するという日程が組まれた。 岡田氏選出のニュースが朝刊に出たのは5月19日。当然新聞の1面トップにくるはずであったが、トップは北朝鮮が家族5人を帰国させる意向を固めたとかいうニュースだった。

あまり知られたくないことが記事になりそうな時に、さらに衝撃的な事件を持ってくるというのはいわば常套手段である。

このブログでも前に書きましたが、2006年1月17日は宮崎勤の最高裁判決があり、また阪神大震災があった日でもあります。そしてそういう日に何故か小嶋社長の証人喚問をぶつけてきた。この日にはライブドアへの強制捜索まで行われている。


これだけ前例があるとペッパーランチ事件に前後して起きた愛知・長久手の立てこもり事件も疑わしくなってくる。

立てこもり事件そのもの及び愛知県警やSATのお粗末さも、実はすべて意図的だったと。

このペッパーランチ事件の奥に潜む深い深い闇を隠すために意図的に演出されたと考えたくなる。

いや、やはり考えすぎだろうか。

高校三年生による母親殺害事件といい、ここ最近は想像を絶する事件が平気で起きている感じだ。一体どうなってるんだ、この国は。

つい先日起きた電車内強姦にも驚いたものだが、この事件にはさらに驚かされる。

この国は大丈夫だろうか?

なんだか心配である…。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/694-c2a2273f