下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スパ施設爆発事故の原因 

スパ施設「渋谷松濤温泉シエスパ」の爆発事故はなんか凄まじいですね。ほんとに骨組みだけしか残っていない。

東京消防庁は滞留したメタンに引火した可能性が強いと見てるそうだけど、問題は何故メタンが漏れ出したかという一点だ。

管理の問題なのか、それとも適正な管理をもっても対処しきれないような予想外の事態が起こったのか。

前々回の記事で地震の予兆現象を取り上げたばかりなので、どうしても大地震のことが頭をよぎってしまう。

というのは、大地震の前ぶれとして天然ガスが噴出することもあるからです。地震後はむしろありふれているのですが、地震前にもガス噴出が起こる場合があるのです。

少し考えすぎかもしれません。明日朝10時から行われるという現場検証の結果を注視したいと思います。


それにしても、近年増えつつあるこのスパ施設。今回の爆発事故が起きたのはいわゆる本館ではなくて従業員用の休憩室なんですが、こういったスパ施設の愛用者にしてみれば、「スパは怖い」ということになるでしょうね。こうした温泉施設の利用客の激変は必至でしょう。

実は8月下旬に山梨方面へ旅行する予定なんですが、温泉のあるホテルに少し不安を感じてしまう。地下1500mから温泉を汲み上げるってなことはないんでしょうが、なんとなく心配だ。

そういえば、秋田県の泥湯温泉で硫化水素ガスによる死亡事故があったのもわりと最近だ。この時は一家四人が死亡してしまったんですが、あの「卵が腐ったよう」と形容される硫化水素ガスは結構危ないガスなんですよね。

温泉がこわいなんて思いたくはないけど、身を守るためにもきっちり調べたいと思う。


何度も書きましたが、ここ数年は、安全と思われていた場所で次々と事故が起きている。

シンドラー社製エレベーターでの事故、エキスポランドでのジェットコースター事故、ステーキ店ペッパーランチでの店員らによる拉致監禁強姦事件、特急サンダーバード号の中での強姦事件、そしてマンション等における耐震強度偽装事件。

今回はそれにスパ施設が加わる。


しょせん安全管理なんて人間がやることですから過信は禁物ってことでしょうね。

そのうち、スーパーやデパートでの買い物の最中でも命の危険を感じなければならないことになりそうな気がする。

今までの日本が平和すぎたんでしょうかねえ。


いつ自爆テロに巻き込まれるかと心配しないですむだけ有難いと思うべきかな。


では。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/717-1b549ab4