下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

戦争に関する名言をいくつか。 

唐突ですが、

戦争にまつわる名言・格言を少しまとめて紹介します。



☆☆☆


戦争の不利になるようにいえば、戦争は勝者を愚鈍にし敗者を邪悪にする。戦争の利益になるようにいえば、線早々はこの二つ作用において人を原始的にし、それによって一段と自然的にする。

          フリードリヒ・ニーチェ



私は最も正しい戦争よりも、最も不正な平和を好む。

          マルクス・トゥルリウス・キケロ
          (古代ローマの政治家・雄弁家)



戦争は戦争を養う。

          フレデリック・ヴァン・シラー
          (ドイツの詩人・劇作家)



人類は戦争に終止符を打たなければならない。
それでなければ戦争が人類に終止符を打つことになろう

          ジョン・F・ケネディ



戦争の準備をすることによってのみ平和の準備をすることができるということは残念な事実である。

          ジョン・F・ケネディ



政治が一定の段階にまで発展して、
もうそれ以上従来どおりには前進できなくなると、
政治の途上によこたわる障害を一掃するために戦争が勃発する

          毛沢東



根本的に重要な問題は単一の国際最高兵力を樹立することである。

          バートランド・ラッセル
          (イギリスの論理学者・哲学者)



戦争が起きるのは、二つの国が互いに相手を誤解するからである。
異なった民族同士を隔てている諸々(もろもろ)の偏見が根絶されるまでは、我々は平和を手にすることができないであろう

          ピエール・ド・クーベルタン
          (近代オリンピックの創始者)



愛は憎しみより高く、理解は怒りより高く、平和は戦争より気高い。

          ヘルマン・ヘッセ


戦争とは畜類がするにふさわしい仕事だ。しかもどんな畜類も、人間ほど戦争をするものはない。

          トマス・モア
          (15~16世紀のイギリスの法学者)


平和とは、ただ戦いのないことではなく、
それは魂の力により生まれる美徳である。

          バールーフ・デ・スピノザ
          (17世紀のオランダの哲学者、神学者)



平時にあっては人を殺すのを罰し、戦時にあってはこれを命じる、
といったような間違った道徳律のあり得ぬことを考えたら、
動員を拒絶すべきなんだ!戦争を拒絶するんだ!

          ロジェ・マルタン・デュ・ガール
          (フランスの小説家・劇作家)



一の殺人は悪漢を、百万の殺人は英雄を生む。
数量が神聖化するのである

          チャールズ・チャップリン



戦争と平和とは同一のものの異なった両面であり、戦争が他の手段をもってする政治の延長であるならば、平和は他の手段をもってする戦争の延長である。

          ウラジーミル・イリイチ・レーニン



良い戦争、悪い平和なんてあったためしがない。

          ベンジャミン・フランクリン
          (アメリカの科学者、政治家)



もし、われわれが負けていたら、私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。幸い、私は勝者の方に属していた。

          カーチス・ルメイ
          (米国の軍人。東京大空襲等の立案者)



☆☆☆




ラッセルの言葉は、一考の価値があると思う。

では。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/728-dcd8c08b