下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「N増し」の意味がいまひとつ分からん…。 

翻訳の仕事がきつい。

毎月25日に送ってくる原稿が、今回は約一週間も遅れてやってきた。

納期は変わらず、だ。



ま、それはいいんだけど、「N増し」ってなんだ?

翻訳の原稿の中で出てきた言葉なんだけど、恥ずかしながら初めて聞いたよ。

グーグルとかの検索エンジンで調べてみても、明確な答えが得られない。

分かったのは、この「N」が中学高校の数学で頻繁に出てくる自然数Nを指しているということだ。数列とかで出てきましたよね。

自然数の英訳である「NATURAL NUMBER」の「N」が、「N増し」の「N」に相当するというわけだ。

たとえば、
(N×N-1)=(N+1)(N-1)という等式のNには何を代入しても成り立つわけですが、

1、2、3の三つを代入して確認していたところを、1、2、3、4、5の五つに増やして確認することにたとえて「N増し」と言ってるんだと思う。

要するに、何らかの実験データを採取するにあたって、そのサンプル数又は実験の試行回数を増やすことを意味しているのだ。

ただ、「N増し」が「サンプル数を増やすこと」を意味するのか、「実験の試行回数を増やすこと」を意味するのか、又はその両方を意味するのかが結局分からなかった…。

一体誰に聞けばいいのやら?


工学科の大学生とかに聞けば知ってるかもしれないんですが、あいにくそんな知り合いはいない。

2ちゃんねるやらYAHOO!知恵袋やらで質問すれば正しい意味が分かるんでしょうかね。


知らない言葉ってあるもんなんですね。



さて、もう寝なきゃ…。

では。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/730-aa7641ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。