下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水浴&2007年鎌倉花火大会の顛末 

久々の書き込みだ。

昨日は鎌倉まで海水浴&花火鑑賞に行ったので、
その顛末を記録しておこうと思う。

行ったのは鎌倉の材木座海岸。
逗葉新道を抜けて、さらに珍しい四つ目信号機のある長柄交差点を過ぎて少し走ったらほどなく海が見えてくる。それが材木座海岸だ。

その先に由比ガ浜海岸、稲村ガ崎海岸と続いていくわけだが、
帰りがスイスイと帰れそうなのと、また花火の際の煙を回避できる風上側だったこともあって結局海に向かって一番左側に落ち着くこととなった。

非常に気温が高かったことを差し引いても海水温がやけに高いように感じた。彼女と温暖化現象を心配しつつも子供たち二人と午後一時から午後五時まで海を満喫。

花火大会本部からうんと離れていたせいもあって、本部あたりのスピーカーから流れる満潮時刻のお知らせはさっぱり聞こえず。

海岸線ギリギリに陣取る際には満潮時刻をしっかり調べてくるべきだとやや反省。結局地元のおじさんに聞いて事なきを得た。


7時から始まった第59回鎌倉花火大会ですが、
伝統の水中花火はまあまあといったところだった。

他の花火もまあまあといったところ、と思いきや、
最後の3発は圧巻でした。

特大級の大玉が3発ほぼ同時に炸裂し、一斉にしだれ桜の如く光が舞い落ちていった。

いや、なかなか憎い演出である。


さて、この日私は風邪を引いてしまった。気持ちひんやりしてきた夜風にTシャツ1枚で立ち向かうには私の体力は落ち過ぎていたということか。

その夜は38度近く熱が出たが、布団にくるまっていっぱい汗をかいたらどうやら平熱近くに下がった。今も体の節々が苦しい感じである。

風邪を引いたことも時が経てばいい思い出になるんだろうな。


ああ、あと駐車場についてだけど、
海岸沿いの駐車場に停めたい場合は正午ぐらいまでに現地に着くのがオススメ。

我々は午後1時前ぐらいに現地に着いたけど、ざっと見て海岸沿いはみんな満車だった。やむなく、前述の材木座海岸のはずれにある駐車場に向かい、20分ほど待ってかろうじて停めることができた。


以上、何かの参考になれば望外の幸せかも。

では。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/732-597061b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。