下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初巣鴨 

巣鴨…、 といえば「おばあちゃんの原宿」。

昨日は、遺産分割協議書作成の仕事で巣鴨にあるお客様のところへと行ってきましたが、帰りに有名な「巣鴨地蔵通り商店街」に寄ってみた。

夕方6時には店が閉まってしまうと聞いていたけど、確かにほとんどの店はシャッターが下りていた。夜の8時ぐらいでしたが、人通りも少ないなか、延々と続く提灯の赤い光だけが昼間の賑わいを想像させる。

さて、商店街入り口から5分も歩かないうちに「とげぬき地蔵」を発見した。中には簡単に入れて、お参りも自由だ。

遅い時間にもかかわらず年配の方が何人か本堂の前で手を合わせていましたが、何か特別なご利益があるんでしょうかね。通りには古色蒼然たる趣きの店が多くて、特にお煎餅屋さんが多かった。越後屋もあったなあ。


その後、巣鴨駅に戻る途中、短い横断歩道にスーツ姿の若い男性二人が通行人を誘導していましたが、一目にて創価学会とピンときた。あたりを見回すと案の定、学会のでかい会館がすぐ近くにあった。こんなに駅のそばに会館があるのも珍しいと思う。巣鴨は創価学会の盛んな街なんかな?

やや規模の大きい風俗街も駅のそばにあり、なんとも不思議な街だ。

昭和初期の風情の商店街、駅近くにでんと構える創価学会
そして、猥雑な雰囲気を少しも隠そうとしない風俗街。


今度、昼間に是非行ってみたいものだ。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/743-97cf98dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。