下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

史上最高の前立腺炎用クッションとは 

数ヶ月前に前立腺炎だと診断されて(まあまあ真面目に)薬も飲んできたけど、なかなか治らず今に至る。

いすに座ってる時間が多いから良くならないのは当然で、いかに前立腺付近を圧迫しないように座るかが目下の最大の課題。

排尿後の残尿感や排尿時のチンチンの先っぽの痛みは最近減ったけど、イスに座った時の異物感・違和感は前よりひどくなっているのだ。


ちなみに前立腺というのは膀胱の真下あたりにあるクルミ大の器官で、精液の一部である前立腺液というのを分泌します。排尿や精子の流れをコントロールする働きもあるようです。


とにかくドーナツ型のクッションをまずは買おうとしましたが、これというのが売っていない。また、いわゆる円座では穴が小さすぎる。


そこで色々考えた。

1.洋式トイレの便座を買う
2.便座カバーを10枚ほど重ねてクッションにする
3.トイザラスで蛇のぬいぐるみを買う(レックウザでもよし!)
4.円座クッションの綿を抜いて穴が大きくなるように縫い直す
5.手頃な低反発クッションをくり抜いてドーナツ型

ため息を禁じ得ないラインナップであるが、結論としてクッションくり抜きを選択した。

で、着手しようとしていたところ、ピンときたのだ。

そう、浮き輪である。


だけど、あちこち探してもこの時期になかなか浮き輪は売っていない。

そんな中、子供が小さい頃の浮き輪がまだあるとKさんが言うので、一昨日もらってきたのだ。


いや、嬉しかったね…。

浮き輪をもらってこんなに喜ぶ人もいないだろうな。



この浮き輪、実にお尻に優しい。

数時間座っていても痛みも違和感もほとんどない。

痔の人なんかにもいいと思う。

まあ、痔や前立腺炎のための専用クッションってきっとあるんだろうけど、ホントに浮き輪で十分。




これで快方に向かってくれると良いのだが、薬も飲まなきゃね。

それに、この喜びを泌尿器科の先生にも是非伝えなきゃ。



以上、喜びの報告でした。



<追記>

しばらく浮き輪を使っていましたが、穴が開いて使い物にならなくなってしまいました。浮き輪って、座ることを想定して作られていないだろうから、子供ならともかく、大人の体重では案外簡単に穴が開いてしまうでしょう。

今はホースをぐるぐるに巻いたものをクッションとして使用しています。ホームセンターなどで売られている、とぐろ状のホースの束です。

そのままだとちょっと固い感じなので、薄めのクッションをその上に敷いて使っています。もう何ヶ月も使用していますが、今のところ、これより優れた前立腺炎用クッションは見当たりません。

一番いいのは自分専用のU字型クッションを誰かに作ってもらうことなんでしょうけど、面倒くさそうなので頼めずにいます。

一度試してみる価値はあると思いますよ。 いざという時、ホースとして使えますしね。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/757-eb240956