下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンの由来など 

毎年この時期になるとデパートや種々のグッズがダイダイ色のカボチャになったりする。

何年前だったか、ハロウィンの時期に行ったディズニーランドのホーンテッド・マンションも、確かハロウィン・バージョンだった(ちなみに、今年はゴーストたちが1000人目の仲間を探しにパークに飛び出すらしい。)

このハロウィンですが、キリスト教に何らかの関係があるとは知っていても、由来とか意味とかよく分かってない人も結構多いと思う。


そこで、多少調べながら(ググりながら)紹介してみよう。

まず、11月1日が諸聖人の日(日本では「万聖節」)にあたり、これを英語では「All Hallows」や「Hallowmas」といいます。

で、10月31日はその前日(eve)だから「Hallow Eve(ハロウ・イブ)」。これがなまって「Halloween(ハロウィン)」となった。

あのカボチャのろうそく立て(ジャックランタンと呼ばれています)は、元々はカブのランタンだったそうで、「ウィルオウィスプ」というウィルという男に関する鬼火伝説から由来しているとのことです。

ハロウィンとウィルの伝説とは直接関係はなく、ハロウィンというカトリックの伝統行事がまずあって、後からカボチャのランタンが使われるようになったということだと思う。(多分…。)


ハロウィンの方ですが、ウィキによればその由来は、

「ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものとされている。ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。」

とのことです。


古代のケルトではこの時期に霊界とこの世との間の扉が開くと信じられていたそうですから、とにかく魔よけが必要だったということです。

ハロウィングッズでかぼちゃの可愛いやつが時々ありますが、あれじゃダメってことですね。怖くなきゃ意味がない。

ケルト人のこの習慣は相当古くからあるようで、諸聖人の日が設けられるよりもずっと前です。かなり歴史があるんですよね、ハロウィンは。

ハロウィンについてぐっと詳しくなった上で「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」なんかを見直したら、違った面白さが見えてくるのかもしれませんね。



それにしても、ハロウィンの行事が日本に広まったらこれは地域交流に役立つんではないかな? 仮装した子供達が「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ。」とか言って近所の家々を回るのってとてもいい姿だ。

そういうのって日本はほとんどないですからね。


あえて言えば、夜這いの風習がそれに近いかな?

でも地域交流にはならんか…。 子供には無理だし。


では。



コメント

ハロウィン

お邪魔します。

>>ハロウィンというカトリックの伝統行事がまずあって、

ハロウィンはカトリックの伝統行事ではありません。その証拠にイタリア、フランス、スペイン、ブラジルなどのカトリック国では基本的にハロウィンを祝う習慣がありません。
現在米国を中心に流行しているハロウィンとは、「ケルト人の収穫祭」をカトリックの諸聖人の祝日の前夜に祝ったのが起源です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/758-270e019e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。