下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

落合監督を擁護しますよ。もちろん。 


53年ぶりに日本一になった中日ドラゴンズですが、落合博満監督がだいぶ叩かれていますよね。

8回まで完全試合だった山井大介投手降板させ、9回から岩瀬を登板させた件なんですが、私は落合監督の采配に特に問題はなかったと思います。

元中日の矢沢健一氏や楽天の野村監督が落合監督の采配に異論を唱えているそうですが、当時の選手の状況を一番よく知っていたのは落合監督なのだ。

細かい事情も分からないのに外野がとやかく言うことではない。

とにもかくにも中日を53年ぶりに日本一にした監督であるし、なんといっても三冠王を3回もとった名選手である。

野村監督も1965年に三冠王をとっているけど一回だけである。

選手としての能力と監督としてのそれとは確かにちがうのだろうけど、あくまで勝負に徹した落合監督をなんの根拠で責めるのだろうか?


もし山井に続投させてホームランでも打たれたら、矢沢や野村は落合監督を責めたりするんじゃないの?

確かに日本一を決める試合での完全試合なんて聞いたこともないけど、中日としても落合自身としても日本一というのは悲願であったわけじゃない。

特に落合監督は選手としても監督としても日本一に見放されていた。

その落合監督が記録よりも勝利を重んじたとして何の問題があろうか?



そもそも記録なんて、真剣勝負があってこそ価値があるものなのだ。

優先順位でいえば、あくまで「勝負>記録」だろうよ。



個人の記録なんてものが頭に浮かんでいるようじゃ日本一なんてなれないんじゃないのかなあ。

そういう意味では落合監督の判断は十分に納得できるものだ。



イチローも結構、個人の記録にこだわりがあるようだけれど、結局ワールドシリーズ制覇ができていない。

1年目の松坂大輔が優勝して悔しいはずである。

自分自身の記録で満足してしまうようなら、たいした選手じゃないということだ。

イチローが偉大な選手であることは否定しないけど、一度も世界一にならないで選手生命を終えるのなら、所詮そこまでの選手なのだ。


野球はエンターテインメントである前に、
非情な勝負の世界であるはずだ。

ショーはもう飽き飽きなのだ。

亀田とか猪木とか、今思うに実につまらん興業である。

単なるショーなんか誰も望んでいない。

そんなの糞食らえだ。




真剣勝負の中で生まれた記録こそ価値がある。

矢沢健一も野村克也も少々反省してほしい。

落合の足もとにも及ばない成績であることにも思いを馳せてほしいものである。

謙虚さが足りないよ…。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/786-a04c5659