下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

鉄腕・稲尾和久氏の死因って… 

急逝された稲尾和久さん、おれと同じ症状だ。

医者から頚椎の5番と6番のあたりに問題がありそうだと言われた点も同じ。しびれの原因が結局ハッキリしていなかったことも同じ。

となると私も悪性腫瘍の可能性があるのかもしれない。でも、腕のしびれが起こることのある肺尖部胸壁浸潤癌(パンコースト腫瘍)の可能性は先日の胸部CTスキャンで消えているのだ。胸郭出口症候群ではないとも言われたし。腕のしびれの原因は今もってよく分からない。


稲尾さんの死因にどうしても関心が向いてしまうんだけど、はて腫瘍の部位どこだったんだろう?

ちなみに報道はこんな感じです↓

「10月、パ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージで解説を務めた後、首から肩にかけてしびれを感じたため、福岡市内の病院で検査を受けた。第2ステージ終了後に再度、検査入院した際に内臓も検査してもらったところ、腫瘍が発見された。放射線治療を試みたが、そのかいもなく、短い生涯を閉じた。」

一応内臓と書いてあるから脳腫瘍ではないんだろうけど、内臓の腫瘍で腕に痺れがくるといったら、パンコースト腫瘍以外には乳がんぐらいしか思いつかない。腋窩リンパ節や食道にできたがんでも腕にしびれってくるのかな…?

パンコースト腫瘍というのは、整形外科医が生涯で数回しかお目にかからないような珍しい病気だから、とりあえずは考えないでいいのかもしれない。

しょうがないから整形外科の先生に紹介状書いてもらって、近くのがんセンターに行ってくるかな…。

はあ…。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/792-74c03d68