下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

現役女子東大生のブログが炎上したが… 


ある東大生のブログがクリスマスを直前に控え大炎上してるそうだ。

もうコメントは書き込めないようだが、問題となった記事を読んで見ると、確かにやや酷い。

東京大学経済学部経済学科3年の元ミス東大の女性だそうだが、「こじきのくせに」という発言そのものよりも、ブログ全体から滲み出ている傲慢で差別的な態度が反感を買っている。

22歳ぐらいだから大目に見てやりたい気もするけど、こんなのが官僚になると思うと暗い気持ちにもなってくる。

彼女のブログ『あふじゃで研修中』の問題の部分はこんな感じだ。
                               ↓


☆☆☆

インドの屋台グルメは基本カレー味でまずいので口にしないのですが、きのうカレーじゃないの見つけました

衣なしじゃがいもコロッケ

普通はカレーをつけて食べるからやっぱりカレーやねんけど、塩コショウで食べれば、擬似衣ついてないコロッケ!!
8ルピーだったので食べてみたんやけど、やっぱりしつこいから半分でもういらんと思って、捨てようかどーしようか迷ったけど、やっぱりもったいないからこじきに与えようと思って、こじき探してたら、こうゆう時に限ってこじきに出会わない
いつもはそこらじゅうにいるくせに、今日だけいないの
で ようやく見つけた子供のこじきにコロッケあげるよって言ったら

拒否・・・

いらんって
せっかく恵んでやろうと思ったのに
ってか いつも食べ物くれって言ってくるくせに
こじきのくせに

☆☆☆



これに対するコメントでこのようなものがあった。
              ↓↓

☆☆☆

君の言葉から、こじきを蔑み、同じ人間として認めていない感じが読み取れる。
そんな態度が表れていたから施しを受け取らなかったんじゃないか。

「心が豊か」ということが君は理解できるかい?財産や地位だけが人間の値打ちではないだろう。
君がどんなに美しく財産をたくさん持っているとしても、俺は君に惹かれることは無いだろう。
それほどに君の心は貧しく汚れている。

君はまだ若い、今回の失言を教訓に、しっかり心の修養をして立派な人間になれるよう努力してください。

☆☆☆


概ね同感である。

私は、高校のクラスメイトの3分の1が東大に受かったような異様なクラスの一員だったわけだが、勉強ができるからって人間的に優れているわけでないことは重々承知している。

おそらく東大生本人だってそう思っていると思う。

でも若さ故に勘違いする人もなかには出てくる。

「自分は特別なんだ」とね。


確かに頭の回転は速いだろうし、物事を理解するコツというのもわきまえているのかもしれない。

特別頭がいいということはある程度は認めてもいいと思う。でもそれは人間を評価する数多くの指標のほんの一つでしかないのだ

他人がいかに褒めそやそうとも、舞い上がってはいけない。普通の人がっできないことを成し遂げたという点では自分を誇ってもいいが、人間の評価というのはそんなものでは定まらない。

勉強ができても仕事ができても、それを鼻にかけて他人を蔑むようなら人間としての評価は上中下の中にも至らないだろう。

30年、40年と生きてくれば自然と分かることだが、いかんせん22歳だ。

22歳でこの世の現実の何が分かろうか?



だから、そろそろ勘弁してやってほしい。もう十分でしょう。

2ちゃんねるでもスレが伸びてるようですが、やっかみも多分にあると思う。東大生で財務省内定でってのがね。

これだけ騒ぎになれば、同じ東大生の間でも相当噂されていることでしょう。

針のむしろのような心地でいると想像される。



若さ故に、大目に見てやってほしい。

オレも22歳の時はホントに糞だったからね。


マジで糞だったよ…。



それはさておき、医龍最終回での坂口憲二、かっこよかったねえ。

経済学者ウォルター・バジョットのこの名言が思い出されます。
               ↓


☆☆☆

人生における喜びは、

君にはできないと世間が言うことをやることである。

☆☆☆



おれもそんな人間になってみたいものだ。


かなり頑張らねば…。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/803-c2964fe0