下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

強くあれ。 


人はみな無神経だ。

子供ができない人がいる席で、子供が可愛いとのろけたりする。

仕事が上手くいかない人のいる席で、医者の年収はやっぱり多いとか平気で言う。



無論、私も無神経なところはあるけど、

無神経な言葉に人一倍悲しんできた口でもある。

そんなだから、相手の状況をなるべく思いやって言葉を発したいと思うのだ。



自分がしてほしくないことは、他人に対してしなくなるものだ。

これは人間の自然な心理なのだろう。

悲しみの多いほど人に優しくなれるというのは、そのとおりだ。



いじめを受けたことがある人が逆にいじめる立場に移るというのは、

わりとよく聞く話だけれども、

それは、たいしたイジメでなかったからだろう。

凄惨なイジメを受けた経験のある人は、決して他人をいじめたりしない。

何故かというと、いじめられることの辛さをリアルに想像できてしまうからだ。



悲しみの数だけ人は優しくなる。

そして、無神経な言葉や態度を受けた経験は、きっと人生にプラスになる。



だから、周囲の者の無神経で無理解な言動に苦しんでいても、悲観的になることはない。

そのようにされることの辛さを教わっていると思えば、

その周囲の者も観音様のように思えてくるものだ。



どんな人にも仏性があるというのがお釈迦様の教えでありますが、

これほど真意が伝わっていない教えというのも珍しい。

創価学会員に特に言いたいけど、たとえ法主日顕であっても仏性があるのだ。

強盗強姦の上、殺人に至った罪人であっても、なお仏性は存するのである。

「罪を憎んで人を憎まず」ということになりますが、

これは、キリスト教の教えとも一致するものなのです。




どんな罪人でも救われるということが、キリスト教の根本であり。

そしてまた、仏教、特に法華経の精神なのです。

日顕憎しで凝り固まってる学会員には、猛省を促したく思います。




脱線してしまったかな?

言いたいのは、

どんなに冷たく無神経な言葉を浴びせられても、前向きでいろということです。

その辛い経験は大きな財産になるはずです…。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/848-e7d0411e

贈る言葉

職場の後輩が結婚することになりました。 まだまだ若いですが、とても幸せそうで、見ている僕達も笑顔になってしまいます。 とりあえず入籍だけしておいて、結婚式とかはまた後日だそうです。 そういえば、結婚式(披露宴)といえば、何を思い出しますか? オーソドッ...

贈る言葉

職場の後輩が結婚することになりました。 まだまだ若いですが、とても幸せそうで、見ている僕達も笑顔になってしまいます。 とりあえず入籍だけしておいて、結婚式とかはまた後日だそうです。 そういえば、結婚式(披露宴)といえば、何を思い出しますか? オーソドッ...