下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

産地偽装が最も悪質! 

また産地偽装のニュース。 

水産卸売り大手の「うおいち」(大阪市)が中国産フグを山口県産などと偽って販売したそうだ。

この産地偽装というやつは一番たちが悪いね。

中国などの外国産を選ぶか国産を選ぶかで頭を悩ませようにも、その前提である産地表示が信用できないんじゃ、話にならないよ。

産地偽装は、ある意味、毒入り餃子より悪質ではないかな?

数々の産地偽装事件の中には詐欺罪が適用されたケースもあるようだけど、全般的に処分が甘いような気がします。

「うおいち」がした産地偽装に対しては、JAS法に基づいて改善指示がなされたそうですが、改善指示とかで済むレベルの行為ではないでしょうに。

ふぅ…。



なんとも情けない気持ちになりますが、

食品に関わる業者の方々にあらためて自覚と責任を感じてもらうべく、

近年の偽装事件をいくつか並べて(晒して)おくとしますか…。



<食品会社・雪印食品> 2001年
北海道産牛肉を熊本産や奈良産と偽装
国産牛肉買取り事業を悪用し、国外産の牛肉を国内産と偽って国内産牛肉のパッケージに詰め込み、農林水産省に買取り費用を不正請求

<食肉卸売会社・フジチク> 2004年
米国産の牛肉を国内産と偽って処分し、国から保管費用や処分費用を不正に受給

<米卸売会社・日本ライス> 2006年
「新潟県産コシヒカリ」と表示した商品に大量の県外産コシヒカリを混入

<肉加工販売会社・ミートホープ> 2007年
豚肉などを混ぜた牛挽肉を 「牛ミンチ」として出荷
輸入鶏肉を国産鶏肉として給食業者などに販売

<琉球ガラス工芸協業組合> 2007年
子会社のベトナム工場で生産したガラス工芸品を、沖縄県で製造した「琉球ガラス」として販売

<鶏卸業者・株式会社比内鶏> 2007年
卵を埋めなくなった鶏(廃鶏)を比内地鶏と偽って販売

<船場吉兆> 2007年
佐賀牛を但馬牛・三田牛として、また、ブロイラーを地鶏として偽装表示
消費期限や賞味期限の表示も偽装

<下関フグ>
愛知県、三重県など全国各地で獲れたフグをわざわざ下関で水揚げして「下関ふぐ」と表示

<讃岐うどん>
香川県の農協が、原料の大半にオーストラリア産小麦を使用しながら、「さぬきの夢2000」という香川県産小麦粉を「100%使用」と不正に表示

<魚沼産コシヒカリ>
魚沼産コシヒカリの全出荷量に対して市場集荷数が余りにも多いことから発覚

<アサリ>
中国や北朝鮮で採取されたアサリを国内産と表示

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/854-b13fc973