下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

ガソリン税の暫定税率は廃止でよいでしょ。 


国会がすったもんだやってますね。

自民党は「年度内に一定の結論を得る」との議長あっせんを楯に取って民主党を攻め立てているわけですが、個人的には民主党に粘ってもらいたい。

ガソリン税(揮発油税)の暫定税率維持を除けば、民主党も租税特別措置法の改正に別に異論はないわけだから、自民党はさっさと法案を分割して、一致している部分を成立させるべきでしょう。

租税特別措置法と聞いて、私が真っ先に思い浮かべるのはやはり登録免許税です。

租税特別措置法第72条第1項に次のように規定されています。


(土地の売買による所有権の移転登記等の税率の軽減)
第七十二条  個人又は法人が、平成十八年四月一日から平成二十年三月三十一日までの間に、土地に関する登記で次の各号に掲げるものを受ける場合には、当該各号に掲げる登記に係る登録免許税の税率は、登録免許税法第九条 の規定にかかわらず、当該各号に掲げる登記の区分に応じ、当該各号に定める割合とする。

一  売買による所有権の移転の登記 千分の十
二  所有権の信託の登記 千分の二



本来、不動産については、「相続又は法人の合併」や「共有物の分割」による場合以外の所有権移転登記について、不動産の価格の「千分の二十」の登録免許税を課していたわけで、

これを半分にする特別措置がなされていたというわけです。


いったんこの特別措置が終了としても、いずれ復活する公算が強いわけですから、

駆け込み的に登記手続をする必要はないと思われますが、こういったことに気付かないまま高い登録免許税を支払わされる人もいるんだろうなと思うと、気持ちは重くなります。

土地や建物を売買しようとしてる人は、国会の状況をしっかりと注視する必要がありますね。

新聞記事では、こんな↓感じで報道されています。



☆☆☆


2008年3月25日(火)22:10 読売新聞

 ガソリンの暫定税率などを維持する租税特別措置法改正案を含む税制関連法案が、3月末までの成立が難しい情勢となり、ガソリン以外の分野にも影響が広がりそうだ。

 国内の金融機関が海外から資金を調達し、海外で運用する「東京オフショア市場」では、租税特別措置で、海外投資家が得る利子を非課税にしている。3月末の期限を延長しないと、15%の源泉所得税が課され、「東京市場から非課税のシンガポールや香港などに海外投資家が流出する恐れがある」(大和総研の吉井一洋・制度調査部長)との指摘がある。

 また、プラスチックや合成繊維など石油化学製品の原料であるナフサも、3月末で石油石炭税の免税措置が切れる。本来の税率である1キロ・リットルあたり2040円が課されると、「業界全体で年間1100億円のコスト増」(石油化学工業協会)となる。

 ナフサについては、25日の衆院本会議で関税関連法案が可決され、年度内成立のめどが立った。関税を課さない暫定措置が延長されることで、関税部分については負担が増える事態は避けられる。

 しかし、石油石炭税の負担増が小売価格に転嫁されれば、生活関連品の値上げにつながり、消費者にツケが回る可能性もある。

 海外で買った紙たばこやウイスキー、ブランデーなどの酒にかかる税は、4月以降、今よりも負担が重くなるケースが増えそうだ。

 こうした事態は、ガソリン税を巡る与野党対立の影響がより深刻化していることが要因だ。民主党はすでに、道路特定財源以外の租税特別措置については延長する法案を参院に提出しているが、与野党対立をめぐる国会戦術で、こうした法案もガソリンの暫定税率などの道路関連と同様に今月末までに参院で採決しない姿勢を強めている。


☆☆☆



さて、ガソリンが安くなったらどうしましょう?

とりあえず満タンにしますよねぇ…。

ドライブ旅行なんかも前倒しでやる人が増えるかも。



旅行者が増えれば、地方に落とされるお金も増えますわな。

運輸関係の企業もニコニコ顔だ。



そもそも、ガソリン暫定税率がなくなることで誰が困るんだ?

道路族議員や一部の腐れ官僚、そして利権にぶら下がる土建企業が大半なんではないのかな?


道路特定財源の無駄遣いが毎日のように報道されていますが、こんな状況ならいったん暫定税率を廃止してもいいと思います。

いったん元に戻せばいい。


諸外国と比べて必ずしも高くないといわれるガソリン税ですが、消費税とガソリン税の二重課税の問題は放置されたままである。

こんな怪しげな税金は、廃止していいでしょう。

景気も良くなるだろうしね。



この件に関しては、東国原知事に賛同できませんね。

税率維持に躍起になっていますが、結局宮崎県のことしか考えていない。

それじゃ、票目当てに地元への利権誘導にあくせくしてる一部の背徳国会議員と何にも変わりませんよ。


国民の血税を使いたいというのであれば、その国民の目線に立って物事を考えるべきです。




でも、応援してますよ。 東さん。

橋下知事も応援してますが、東国原知事も応援してます。


両名ともまだまだ試行錯誤でしょうけど、頑張ってもらいたいところです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/857-870756aa