下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の名所、相模原市役所前。 


JR相模原駅から車で5分も走らない距離のところに「西門」という交差点がある。

横浜地方法務局の相模原支局に行くため、はるばる横浜の二俣川から車でやってきたのだが、16号線で曲がるところを間違え、たまたま「西門 ⇒ 相模原市役所」のコースを通ることとなった。

相模原市役所近辺といえば桜の名所として有名なのですが、西門商店街の方を見たのは初めてだ。

桜は割りと低い位置でアーチを形作っていて、桜に包まれるような感じです。名所といわれるのも納得ですね。



ところで、走っていると、なにやら手の形をした不気味なオブジェがある。赤いのと青いのとね。

後で調べてみると、これはかの岡本太郎氏の作品らしい。西門商店街のシンボルだそうだ。

桜のピンク色とあまりにもマッチしていないので、少々ギョッとしてしまいます。


相模原市役所前も桜が綺麗です。

時期も良かったのでしょうけど、「もうこれ以上花を付けれない!」と叫んでいるように思えるほどに花を満載した木々が沢山ありました。

瀬谷の海軍道路の桜並木のように高い位置に花が咲いてるよりは、絶対こっちの方が感動します。



神奈川県の桜の名所として有名な三ツ沢公園にも最近行ってきたのですが、これはこれで独特の美しさがあります。普通に枝に咲く花ももちろん綺麗ですが、幹の中ほどから挿し木のように細い枝が伸びて、そこにピンクの花びらが控えめに咲いているのも実に美しい。

自宅の近所にあるきのこ公園の桜が一番だと疑いませんでしたが、この三ツ沢公園の桜を見てからは、少々考えが変わりました。

きのこ公園は、まさに桜のドームとなっていて、見上げると全て桜色といった具合なのですが、三ツ沢公園のような挿し木的な桜の生え方はあまりないのだ。


ああ、誰か教えて欲しい。

「どの方向を見ても桜しか見えない」というような場所を。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/863-ff543640

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。