下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

パニック障害の処方箋を求めて 


心随万境転  …… 心は万境に随って転ず

転処実能幽  …… 転ずる処(ところ)実に能(よ)く幽なり

随流認得性  …… 流れに随って性(しょう)を認得すれば

無喜亦無憂  …… 喜びもなくまた憂いもなし



森田療法の創始者として知られる森田正馬の名言とされることもありますが、それは誤解です。

これは禅宗の第22祖にあたる摩拏羅(まぬら)尊者の言葉であって、森田療法の真髄を表す禅語として森田先生が時々引用したというわけです。

ちなみに達磨大師は第28 祖です。


2行目に「幽なり」とありますが、「幽」の意味は分かりにくいかもしれません。手元の古い漢和辞典で調べると、「幽」には、

①かすか、ほのか、ほんのり、はっきりしない
②奥深い
③奥深くてもの静か
④かくれる、ひそむ
⑤暗い、幽暗
⑥めいど、あの世、死後の世界
⑦陰気な形容
⑧とらえる、つかまえる

といった意味があるようです。何か微妙で奥深いというイメージですね。

よく考えたら「幽霊」という言葉にも使われています。

あとは「幽玄」とか「幽閉」かな。



冒頭の言葉の中では、精緻、微妙、細やか、滑らかといった意味で用いられていると思います。

要するに、「心」というものは、状況や環境の変化に従って精緻巧妙かつ自由闊達にその姿を変えていくということです。

「かくあるべし」という思いにとらわれ過ぎて心の自由な動きを制限することは、不毛な努力であり、ひいては神経症やパニック障害などの病気を発症させることにもなると思う。

高速運転がまだまだ十分にできない、パニック障害患者もどきの私ですが、

先日は、スパイラル的に不安感情が高まりそうになるのを「見つめる」ことによって止めることができました。

症状の本態を逃げずに真正面から見つめることによって、スパイラルが弱まったのです。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」といったところなんでしょうが、まだ正体は見極めてはいません。


でも、パニック障害で苦しむ人にとっては、一筋の光明となる発見だとは思っています。

是非、参考にしていただきたく思います。




なお …

パニック障害とネットのやり過ぎって、少なからず関係があると思う今日この頃です。

直接的な現実感と間接的な現実感がごっちゃになってしまうことが良くないような…。

この辺は、また日を改めて書きたいと思います。


では。

コメント

人生と孤独・・・。

v-4v-2
 はじめまして。

北国にも春が訪れました。

三木 清は、「孤独は山(自然)にはなく、雑踏(都会)の中にある。」と言いましたが、含蓄のあることばですね。山は人を裏切りませんが、友人は簡単に人を裏切ります。裏切られると、悲しくなり孤独感に陥ってしまいます。
「自分は、ひとりぼっちだ!」と思って、「死」を考えたりすることもあります。
人間は、だれでも「孤独だ!寂しい。」と思うときがあるのではないでしょうか。

でも、山本有三の”路傍の石”の中にこんな一節があります。
「たったひとりしかいない自分を、たった一度しかない一生を、本当に生かさなかったら、人間生まれてきたかいがないじゃないか。」

聖書は、その根本的な原因は何かを教えています。
何か、あなたのお役に立てれば感謝です。
http://blog.goo.ne.jp/goo1639/

私のブログの記事から:「孤独」について書いた箇所。
http://blog.goo.ne.jp/goo1639/c/0b95efb0c3699796b0f607dda87c0bba    

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/877-38a180c1