下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック障害をどげんかせんと .. 


パニック障害の症状と思われる不安感や焦燥感が最近きつくなってきた。

高速運転時とかではなくて、
朝起きたて朝御飯を食べてる時とかにいやな感じになる。
困ったものだ。

色んな専門書を読んだり、ネットで情報を収集したりしてみたけど、
根本的な治療法はいまひとつ確立されていないようだ。

原因として考えられるのは、

① ストレスに長期間さらされ続けたこと
② ストレスを溜めやすい性分、考え方、行動パターン
③ 不規則で不健康な生活(運動不足、日に当たらない、カフェイン取り過ぎなど)

といったところだろうか。

こうした状況が続いて徐々にセロトニン神経が弱まっていった結果として、
パニック障害、うつ病、過食症等々の症状が出てくるのであろう。

まずは、生活の中で過度のストレスとなっている部分を減らそうと思う。


とはいっても、過度のストレスとなってる部分ってのは、簡単に取り除けない場合が多いのも事実。

子育て、職場環境、嫁姑関係なんてのは、なかなかどうにもならないから我慢してしまう人が多いと思う。

でも、うつ病が重症化して希死念慮なんか出てくるようになったら洒落になりません。
退職、引越しなども視野に入れて考える必要があります。


で、
ストレスを減らすだけで治るかというと
そうとも言えないようだ。

やはり、一定の観念、思考、イメージに振り回されてしまう心のカラクリをじっくりと見据える姿勢が大事だと思う。

そういう意味では、確認恐怖や加害恐怖などの強迫性障害とパニック障害は似たようなものだ。
どちらも、頭に浮かんでくる思考に振り回されてしまうのだ。

この辺はまた日を改めてじっくり書いてみたいと思う。


さて、出かけねば。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/881-84a9ecbd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。