下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎哲弥氏に一言申し上げる。 

今日のTVタックルでの宮崎哲弥氏の発言はひどかった。
税金を再配分することは政策ではないと主張した大竹まことさんを執拗に攻撃したあげく、「この野郎!」と激怒。なんとも見苦しかったです。

大の大人が公共の場で「この野郎!」はないでしょ。
テレビ慣れしすぎたというのもあるでしょうが、全国ネットのテレビ放送で特定の個人をあそこまで攻撃するなんて、これはもう傲慢と非難されても仕方ありません。

アラブのことわざにこんなのがありますので、少しは参考にして欲しいところです。

             ↓

☆☆☆

 真理の矢を投げるのなら、その先端を蜜にひたせ。

☆☆☆


これは、「真実だからといってあまりにストレートに表現すると相手を必要以上に傷付けることになりがちだから、優しい表現でくるんで真実を述べるべきだ」という意味のことわざです。

その点、ビートたけしさんは、安心して見ていられます。
暴言を吐くことはあっても、あくまで冷静に相手の気持ちを考えて喋ってますからね。
激昂して相手をこき下ろすなんて状況はちょっと想像できない感じだ。

まあ、ああいう番組だから、ついカッとなってってこともあるんでしょうが、けんか腰の言い方はなるべく控えていただきたいものです。


では、もう寝ます…。

コメント

そのとおり

あれはどう考えても大竹が悪いでしょう
無知なのはしょうがないにしても、宮崎が言ってもないのに「立派な政策って言ったじゃないか」っていちゃもんつけるんですから。
相手の発言を捻じ曲げてまともに議論できないなら、討論番組に出るべきではないですね>大竹

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/949-78493215

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。