下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤一二三さんが猫に餌やりをした件について。 

元名人の加藤一二三さんが猫に餌やりをした件で提訴されました。猫3匹を飼ってて(2匹は元ノラ)、別の一匹を凍死させた私ですが、この件については口を挟まざるを得ない。(他の件でもあれこれ吼えていますが…。)

まずは時事ドットコムの記事を紹介したい。


☆☆☆

『将棋の加藤元名人、猫餌やりでトラブル=集合住宅、住民が提訴-東京地裁支部』

プロ将棋棋士元名人の加藤一二三さん(68)が自宅のある集合住宅で野良猫に餌を与え続けているのは規約に違反するとして、管理組合や住民から餌やり中止と慰謝料など約640万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁八王子支部に起こされていたことが10日、分かった。

訴状によると、加藤さんは1993年ごろから、東京都三鷹市にある2階建て集合住宅の自宅玄関前や庭で、野良猫に朝晩、餌を与えるようになった。集まる猫が一時的に十数匹に達したこともあり、住民は汚れや異臭、自動車の屋根を傷つけられる被害を受けたとしている。

管理組合側は2002年11月、居住者に迷惑を及ぼす恐れのある動物の飼育禁止を定めた規約に違反するとして、加藤さんにやめるよう求めたという。

加藤さんは1982年から1期、名人位に就いた。

加藤さんの話 庭で子供を産んだばかりの猫を見つけ、餌を与えて以来今日に至った。去勢手術や環境の悪化を防ぐ努力もしたが訴訟になったことは残念。自分の考えは裁判で明らかにしたい。(2008/12/10-22:10)

☆☆☆


この加藤一二三さんの件だったか別の件だったか定かではありませんが、小学生ぐらいの子供が「野良猫に餌やっちゃいけないんだよ!」といった趣旨の言葉を餌やり人に投げかけたのを何かのテレビ報道で見かけました。

どんな苦境にある野良猫であっても絶対に餌をやっちゃいけないなんて発想は、いかにも硬直的ですし、頑迷この上ない。

これは親やマスコミの責任ですね。そういう発言をする子どもよりも、そのように教育し、そのように扇動した親やマスコミが第一義的に悪い。

加藤一二三氏について言えば、去勢手術や里親探しまでいたわけですから、なおさら加藤氏を責める根拠は薄くなる。

大体、猫にどれほどの罪があるというのか?
糞尿を撒き散らしたとか、車に傷が付いたとか、それがどれほどのことよ?
実害なんてたいしたことないはずなのに、提訴までするなんて異常です。

動物愛護云々の議論を持ち出すつもりはないけど、
悪気など毛頭ない猫らをもっと守ってやってもいいんじゃないかな。

ネットで知り合った4人の男が電車内で女性に痴漢行為をしたとか、
そんな卑劣な行為に比べたら、野良猫のやることなんて些細なことである。

加藤氏はクリスチャンで、バチカンから聖シルベストロ騎士勲章を受けたことでも話題になりましたが、キリスト教の精神とかの問題ではない。心がささくれ立ってない普通の人間なら、野良猫の5匹や6匹ぐらい軽く許容できるはずです。


でも、動物とあまり接した経験がない人間だと動物をモノのように考えがちかな。



私は猫はある意味偉いと思ってますよ。

猫は愚痴を言ったり他人(他猫?)の陰口を言わないし、同類を殺すような事も決してしない。
恨んだり妬んだりすることもないし、風評を真実だと思い込んで無実の者を責め立てるようなこともあり得ない。

彼ら彼女らはなんと、崇高な存在だろう。
それに比べて人間はなんと愚かで見苦しいことか。

いじめ心理とかに翻弄されて級友を死に追いやる馬鹿中高生も問題だが、そんな風に育ててしまった馬鹿親達の方がよっぽど問題である。それに加えて、見当外れな権利意識を振りかざして教師達を苦しめるモンペこと、モンスターペアレンツ達の見苦しさは言語道断である。

また、病院をサロン化して国の財政を逼迫させ、また、危険な運転で周囲に迷惑をかけ続け、さらには、元気なくせに疲弊しきったOLやサラリーマンを押しのけて電車で席に座ろうとする醜悪な老人達。

言い出せばきりがないけど、20年以上猫達と暮らしてきた経験上、人間が猫をモノ扱いして利己的な主張に終始するのを黙って見てはいられない。


猫らごときを許容できないで、何を許容できるというのだ?
自分の生活がそんなにまで大事ですか?
車に付いた細かなキズの方が、猫らの命よりもよっぽど大事ですか?

偽善者の戯言のように聞こえるかもしれないけど、犬猫の糞ぐらい軽く流してやってくれよな。
たいしたことじゃないじゃん。
殺されたりすることに比べれば。

猫が人を殺した事件なんて、かつてありましたか?
ないでしょう、一度だって。


猫に立腹するまでに貧しく、狭隘な心にさせたのは誰なんだ。
経済的貧しさであろうか…。

その理由はよく分かりませんが、もっと大らかに対応しましょうよ。
犬や猫に腹を立ててる場合じゃないのは確かです。

もっと極悪でもっと残忍な存在がこの世には存在しています。
そっちには目を向けずに野良猫成敗ですか?


まあ、日頃、牛丼や豚丼に舌鼓を打ってる私ですから、動物を愛せよなんて言う資格はないのかもしれませんが、「野良猫に餌やっちゃいけないんだよ!」とか言って餌をやる大人を得意気に攻撃する子どもが増えていくのは堪らないのですよ。

「人に迷惑がかかるぐらいなら野良犬や野良猫なんて死んじゃえばいい!」なんて考えの子どもが増えていったら、私は怖いですよ…。

猫って結構、繊細なんですよ。
難しい計算とかは無理でしょうけど、感受性の面ではそんなには人間と変わりませんよ。

心情を隠して媚びるような芸当は彼ら彼女らには無理です。
ひたすら素直に喜怒哀楽を表す猫達は、人にとって貴重な存在です。

どうか、あんまり邪険に扱わないでほしい…。


さー、もう寝ます。
3時ですからね。

オヤスミナサイ zzz



コメント

本当に世の中どうなってるんでしょうね。人間の命と猫の命が違うと思っているからこんな事になるんですね。ノラだって好き好んでそういう事態に陥ったのではなく、元を辿れば人間が撒いた種です。そしてこの情のかけらもない判決にもがっかりしました。この問題は、市民同士が話し合っても限界があると思います。見かねて世話をしてる人に責任を押し付けるどころか、行政が動いて解決に当たるべき問題です。また、殺処分される動物がこれほど多い国を先進国
だなんて呼べない。

コメントどうも。

>>ファーラさん
人間だけの地球じゃないってことですよね。勝手に土地を自分のものにしちゃってる人間はなんと身勝手なことか…。

>>やぶさめさん
ホント、もう少し猫らの立場になって考えて欲しいものです。彼ら彼女らにも生活保護を…。

>>0時40分の名無しさん
好き嫌いの差が激しいでしょうから、話し合いはなかなか難しいような気がします。捨て猫の避妊・去勢手術の費用を出してくれる市町村もあるようですが、さすがに餌代くれるところはなさそう。結局、一部の人の温情というか愛情に頼らざるを得ないのが現状ではないでしょうか。

>>23時16分の名無しさん
生きてりゃ糞ぐらいしますよねぇ。
迷惑だって言われても、猫としたら、糞しないわけにいきませんよね。

私も同感いたします。
糞尿とか車のきずとか
さわぐ人はほんとモンスターペアレントと大差ないと思いますよ。大事な車ならシートかけなさいよ。昔は畑に人間の糞尿ばらまいてたんですよ。
猫はねずみをとってくれるんですよー。
こういうちょっとしことが許せない心の狭い人の言うことが正しいことだとまかり通る社会が
いじめの助長、自殺の蔓延につながってると思います。

管理人さんは人間の身勝手さに憤りを感じていらっしゃるようですが、あくまで捨てた本人が悪いのであってそこの地域住民が悪いわけではないかも知れません。万人が猫を好きなわけではありませんし、糞尿による悪臭も堪えがたいものだと思いますよ
野良猫問題は地域全体で考えるべき事柄ではありますが、それなら尚更勝手な行動をせず話し合いを進めて行くべきだと思います

はじめまして

仰るとおりだと思います。
私もこのニュースを見たとき、おかしいと思いました。
産まれてきた猫に罪はありません。

「よくぞ言ってくれました!」という感じです。
それにしても人間は身勝手なものです。

同感です!

全くその通りだと思います。
私も動物は大好きなので…。
(老猫を2匹飼ってます)

猫に限らず、クマやシカ、外来種の生物などなど、人間の勝手で殺されたりしているのも大変疑問です。動物や生物には罪はないのに…。
そもそもクマやシカが増えたのは彼らのせいではなく、もともとは人間が山を日本古来の森(どんぐりなどの食べ物がある)をスギやヒノキなどの植林だらけにして食べ物がなくなったせいなのに、それで食べ物を求めて人里に降りてきたから、もしくは個体数が増えたからとかいう理由で、殺していいのかと。
外来種の生物も、勝手にやってきたわけではなく、人間達に連れてこられたので、そこで生きようと繁殖するのは当たり前。なのに、本来の生態系が乱れるからと殺すのは疑問です。はるか昔から、人間の移動によって植物や動物の生態系が変わっていったことはたくさん例があるのに、今はそれはまずいので駆除するとか、意味がわからないです。

って、つい熱くなってしまいました(~ ~;)

本当に、動物はやさしいです。無意味に殺し合ったりしないですし。人間のほうがなんておろかなことか、と思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/975-19aa9459

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。