下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

海老名で楽しき忘年会。 今日は竜馬の言葉とともに眠ります…。 

今日は知人二人とのミニ忘年会。
神奈川の海老名駅で「はなの舞」「千年の宴」とはしごして、気持ちよく帰ってきた。

知人の一人は自営業。もう一人は請負の家電修理業。
とりあえず不況の波はかぶっていないようだけど、先行き安心という感じでもない。
何かいいビジネスはないかなどという話が自然と出てくる。

景気の悪さを遠雷のように感じながら、日々創意工夫を重ねて前向きに頑張っている姿には頭が下がる思いだった。

それにしても、ついぞ誰も肉を食わなかった。
年をとるとこんなもんかな。
みな30代後半ともなり、若い頃の不摂生のツケが回ってきて、健康管理に気を遣わざるを得ない状況に追い込まれているのだ。

昔のバイト仲間である三人での忘年会。
気心知れた仲間との飲み会はなかなか良いものですね。
ホッとします。



さて、

なんだか今日は、
坂本竜馬のいくつかの名言を思い起こしながら眠りたい。

当ブログの「偉人の名言コレクション」に掲げてある名言ですが、
以下、再掲しますので、彼の言葉をともに味わいましょう。おやすみなさい。



☆☆☆

人間というものはいかなる場合でも、
好きな道、得手の道を捨ててはならんものじゃ。


英雄とは、自分だけの道を歩く奴のことだ。

       
義理などは夢にも思ふことなかれ。
身をしばらるるものなり。


疲れちょると思案がどうしても滅入る。
よう寝足ると猛然と自信がわく。


事は、十中八九まで、自らこれを行い、
残り一二を、他に譲りて功をなさむべし。


世の中の人は何とも云えばいへ。
わがなすことは われのみぞ知る。


世に生を得るは事を成すにあり。


何でも思い切ってやってみることですよ。
どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、
骨となって一生を終えるのだから。


俺は議論はしない、
議論に勝っても、人の生き方は変えられぬ。


男なら、たとえ、溝の中でも前のめりで死ね。


いったん志を抱けば、
この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、
いやしくも弱気を発してはいけない。
たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。


おれは落胆するよりも、
次の策を考えるほうの人間だ。

☆☆☆

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/977-3bc9c26f