下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣切りに遭った派遣社員に対する自己責任論の劣勢 

youtubeにこんな動画がアップされていました。
        ↓
【派遣切り】湯浅誠が金美齢の自己責任論に大激怒!!

金美齢さんが劣勢なのは見てのとおりですが、私に言わせれば金美齢さんの主張の方がよっぽど正論である。

この番組に限らず、この派遣切りの件について自己責任論を少しでも唱えると、「派遣社員の悲惨さを全く分かってない」とかいう安直な同情論者が、数の力をも無意識に利用して鬼のように責めてくる。その得々たる顔の醜悪さは言葉で表現できないほどである。

「正社員になろうったって、企業はとにかく新卒を採りたがるし、そうでなくても、企業が魅力を感じるような資格は恐ろしく難関で現実味がないし、魅力的なキャリアなんてのも自分にはない。」とかいう言い分は、責任転嫁以外の何者でもない。そういう社会であることは薄々分かっているはずではないか? 

仕方がなく派遣社員に甘んじていると訴える輩は、早々に日本を出ればいいのだ。

日本を出るほどの資力がないという人にはこう言いたい。
「それに足るだけの資力を全力で蓄えようとしたのか?」

どこまでいっても自己責任論は否定できないのだ。
「社会がこんなだから自分は悲惨な目に遭っている」とぬかす輩は、とっとと日本を抜け出せばいいだけの話。自分が理想とする社会が地球上のどこにも見当たらないのであれば、自分で作ればいい。

かなりの極論であることは自覚していますが、あえて極論を呈することで見えてくるものがあると私は思います。他者に責任を問う権利があるのは、自らの極限の努力をもってしても全く手が届かないことを実証した者だけです。

どれだけの人がそのような努力をしたでしょうか?

社会や政治を憂う人たちの中に少なからず見受けられるのは、根拠のない諦めです。
その人にとって可能なありとあらゆる手段を試み終えて、初めてその人は「諦める」権利が生じます。

最大限の努力をしたわけでもない人たちに対して安易に同情の念を持つことは、厳に戒めるべきことなのです。


さて、話を派遣切りに戻しますが、
私のこれまでの主張はかなり残酷です。
その点は認めざるを得ませんが、たとえ残酷であっても、言わざるを得ないと言う心境も理解して欲しいところです。

派遣社員になるにあたって、労働者派遣法について少しも調べようとしなかった輩も大勢いることでしょう。そんな甘いことでは、たとえ派遣社員になっていなかったとしても、魑魅魍魎の跋扈するこの社会の餌食にされてしまうことは必定です。

社会や企業に対して愚痴を言う暇があったら、民法の条文の一つでも覚えるべきではないでしょうか?


うだうだ言ってきましたが、
自己責任論を無思慮に頭から否定する人たちに対して、その恐るべき浅薄さを糾弾したい。

湯浅誠さんの意見にも部分的には同調いたしますが、金美齢さんが言わんとした「自己責任」の重さ深さを全く理解できていない愚かさには辟易せざるを得ません。

半ば宗教的な物言いになってしまうでしょうが、「すべては必然」という観点をもう少し持つべきだと思います。

自らの責任を全くの無に帰すことなど、絶対に無理ですよ。
このことは、極めて言葉には言い表しがたいことです。だからこそ、派遣に関する自己責任論は劣勢に立たされる。

でも、最後にあえて強く言います。
「派遣社員の不利さを理解して契約した以上は、後から文句を言うな」と。

軽薄に契約行為をしてしまった自らの愚鈍さをまずは後悔すべきでしょう。
それをせずに、社会派弁護士等に流されてシュプレヒコールですか?

どんな人でも失敗はするものです。
まずは自らの失敗を認めることです。

派遣切りに遭った人たちを同情視する湯浅氏のような人を、まずは疑ってみましょう。
彼らの表面的な優しさに惑わされてはなりません。

「人のせいにしようとする姿勢は、何も有益なものを産み出さない」ということを分かって欲しい。


もっと言うなら、「他者」に何らかの期待を寄せること自体が罪である。
まずは、己の全てをかけて努力をすべきである。



人は完璧ではあり得ないのだから、誰をも責めることはできない。
ただ自らをのみ、責めるべきである。

派遣切りにあった方たちよ。
淡々と事実を受け入れ、自らの愚かな判断をとことん精査せよ。
それなくして、君らの未来はない。

さて、皆様。
オヤスミナサイ…。

コメント

自己責任論を振りかざす無責任

恵まれている者が弱者叩きをするのが流行っているようで。
しかしまあ、自己責任論を振りかざす者達の幼稚なこと。何とかなりませんかね。
人の痛みの分からない者は幼稚、未熟者です。一端の口を訊いてはいけません。
60、70代にも、幼稚な未熟者が多いようです。派遣切りに遭った人たちへの批判、単に気に入らないという感情のみです。
少しは成長してくれることを望みます。恥を知りなさい。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/988-f2234647

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。